【Tシャツコーデ34選】春らしくブラッシュアップ! 定番服にTシャツを重ねて大人の上品カジュアルに | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. トップス(Tシャツ・カットソーetc)
  4. Tシャツコーデ
  5. 【Tシャツコーデ34選】春らしくブラッシュアップ! 定番服にTシャツを重ねて大人の上品カジュアルに

FASHION

2021.06.28

【Tシャツコーデ34選】春らしくブラッシュアップ! 定番服にTシャツを重ねて大人の上品カジュアルに

カジュアルから上品コーデまで、これからの季節に活躍するシンプルなTシャツ。今回は春のおしゃれにベーシックなTシャツを効かせた旬の着こなしをご紹介します。アウターと合わせたTシャツコーデや、白Tシャツを効果的に使ったコーデが盛りだくさん。お気に入りのTシャツコーデを見つけてみて。

【目次】
春のTシャツコーデでレイヤードを楽しもう
【Tシャツ+α】気温調整に最適なシンプルコーデ
【白Tシャツ】抜け感のある白できれいめコーデに
最後に

春のTシャツコーデでレイヤードを楽しもう

何枚あっても便利なTシャツ。カジュアルスタイルはもちろん、上品なアウターに合わせて抜け感のある着こなしも楽しめる万能アイテム。だからこそ知りたいのは、カジュアルなTシャツをグッと今っぽい表情に仕上げる着こなし方。押さえておくべきポイントは、この3つ!

・カラーTシャツを軸にしてワントーンライクに
・アウターやトップスの肩がけでのっぺりを防ぐ
・袖などはブラウジングしてこなれ見えアップ

【Tシャツ+α】気温調整に最適なシンプルコーデ

冬から春へ、また春から夏へと、季節の移り変わりに活躍するTシャツコーデ。この時期の着こなしをブラッシュアップするなら、アウターやトップスをはおったり、肩掛けして着くずすのがおすすめ。ここでは、上記のポイントを参考にこなれ感が増した春コーデをご紹介します。

【1】ピンクTシャツ×ピンクスウェット

ピンクTシャツ×ピンクスウェット

着心地のいいTシャツに肩がけスウェット、斜めがけバッグ。ピンクをトーン違いで集めた、シンプルなのに華のあるカジュアルコーデ。抜け感のある白パンツを合わせたワントーンライクな装いがおしゃれ。

今季人気のピンクをトーン違いで重ねれば気分も上がる!

【2】ベージュロゴTシャツ×ピンクベージュのナイロンパーカー

ベージュロゴTシャツ×ピンクベージュのナイロンパーカー

淡いベージュのTシャツとショートパンツは、まろやかなピンクベージュのスポーティアウターを合わせて旬のスタイルに。ベージュカラーでコントラストを効かせれば、躍動的なヘルシーコーデの完成。

泉 里香が着こなす「大人のベージュコーデ」普遍的な色をモダンなアイテムで…

【3】ブラウンTシャツ×黒ニット

ブラウンTシャツ×黒ニット

すっきり見えるブルーデニムを軸に、ブラウンTシャツと黒ニットを肩がけしたリラクシーな装い。シンプルなのにどこか上品さが漂うから、ネックレスと靴のバングルで少量の光を足した引き算コーデに。

今こそ注目ブランドで、きれいめ派もデニムをアップデート!

【4】グレーロゴTシャツ×グレージャケット

グレーロゴTシャツ×グレージャケット

ロゴT×デニムのカジュアルコーデに、テーラードジャケット。見慣れた組み合わせもワントーンなら今っぽい表情に。波長を合わせたライトグレーが、ヴィンテージ調のロゴTとも好相性。

ワントーンコーデでぐっとお洒落に! こなれ感抜群のデニムコーデ6選

【5】くすみブルーのロゴTシャツ×ネイビーニット

くすみブルーのロゴTシャツ×ネイビーニット

クールな雰囲気で着られるモノクロのリーフ柄スカートは、ロゴTを合わせてカジュアルダウン。ざっくりニットでIラインをつくって、立体感のある着こなしに。

悪目立ちせず、おしゃれ見えする柄スカートの選び方

【6】白Tシャツ×白カーディガン

白Tシャツ×白カーディガン

バサッとはおれるカーディガン×細身パンツの着こなしに、ツヤ感のあるTシャツをインして今どきの雰囲気に。エレガントなベージュコーデを白スニーカーでしゃきっと締めて。

おすすめハイテクスニーカー&コーデ|細身パンツにハイテクスニーカーを合わせて今どきバランス♡

【7】白Tシャツ×ベージュのスウェードジャケット

パッと目を引くイエロースカートにベージュジャケットでやわらかさをプラスした、なごやか配色コーデ。クリアな白Tシャツで抜け感をプラスするのが、こなれ感のカギに。

仕事帰りに予定のある日はカラースカートで華やぐ【乃木坂46 新内眞衣の1ヶ月コーデ】

【8】ロゴTシャツ×ネイビートレンチコート

ロゴTシャツ×ネイビートレンチコート

細かいひだが入った繊細なプリーツに、ドットを配した透け感のあるスカート。そんな女子の憧れを詰め込んだようなスカートは、白Tシャツとネイビーのトレンチコートで爽やかに着こなして。

この春、プリーツ愛が止まらない!|おすすめコーデ6選 feat.矢野未希子

【9】白Tシャツ×ファー付きダウンジャケット

シンプルなTシャツは、タイトスカートや赤小物で女っぽさを出して、ダウンを都会的に。ボリュームのあるコートだからこそ、春は背抜きでラフに着るのが鉄則。

トレンド【コート】コーディネート21選|きれい色・チェック・Yライン・Aライン

【10】ロゴTシャツ×ウールのグレンチェックジャケット

Tシャツにさらりとはおってサマになるカジュアル派の味方こそジャケット! 着こなしやすさと洗練度を求めるなら千鳥格子のジャケットがおすすめ。肌なじみのよいウール素材なら、肌寒い日にも大活躍。

カジュアル派の味方こそジャケット! Tシャツにさらりとはおって

【11】ロゴTシャツ×グレンチェックコート

カジュアルなロゴTを、グレンチェックで大人っぽく。ブラウンのまろやかさとウエストマークでつくるメリハリシルエットで、女っぽさを加味して。

【発見! 4万円以下コート】グレンチェックコートの実力

【12】プリントTシャツ×ムートンコート

インパクトのあるプリントTシャツにもこもムートンコートを合わせて、休日のほっこりデートスタイルが完成。イエローのバッグがアクセント。

【おでかけコート】チェック柄、Pコート、ダッフル、ムートン…こだわり名品6着

【13】白Tシャツ×エコファーコート

ロックなダーク配色のエコファーコートにクリーンな抜けをつくるキーアイテムは、コットンTとクロスボディバッグ。抜けのいい白をチョイス!

贅沢ボリュームファーコートで気取らないご近所デートへ

【14】白Tシャツ×ノーカラーボアコート

エクリュのボアに裏地がピンクスウェード調のノーカラーコート。白Tシャツにデニムと合わせれば、カジュアルながらもフォトジェニックな装いに。

【ZARA】主役級コートは今年が買いです|小林文の賢いプチプラ買い

【15】グレーTシャツ×ボタンシャツ×ロングカーディガン

グレーTシャツ×ボタンシャツ×ロングカーディガン

カーキシャツのボタンをはずして、Tシャツをちらりと見せて、よりカジュアルに。さらにロングカーディガン×ワイドパンツでリラックススタイル。

車好きな彼につきあって鎌倉方面へ美味しいピザを食べに。雨の日のドライブって悪くない♪

【16】グレーTシャツ×ベージュジャケット×ネイビーワイドパンツ

Tシャツ×ワイドパンツのリラックススタイルをベースに、プレゼンや、会社の訪問時にさっとジャケットをはおってフォーマルにシフト。

午後は外回り。暑い日はTシャツ×ワイドパンツのリラックススタイルが基本

【17】ピンクボートネックTシャツ×グレージャケット

やわらかなコットンで、洗濯すればするほど肌馴染みがよくなるボートネックTシャツ。デニムにジャケットと合わせればキチンと感も演出。

【GAP】年中使えるボートネックT|小林文の賢いプチプラ買い

【白Tシャツ】抜け感のある白できれいめコーデに

春のシンプルスタイルに上品さを足してくれる白Tシャツ。ここでは、まっさらな無地のTシャツ、ロゴT、旬のフォトTに、ジャケットやカーディガンを重ねた着こなしを集めました。白がきれいめコーデに効果的なのはよく知られているけれど、実際どんな風に合わせているのかチェックしてみましょう。

【1】白Tシャツ×ブルーショートパンツ×白デニムジャケット

白Tシャツ×ブルーショートパンツ×白デニムジャケット

シンプルなロゴTシャツに丈が長めのブルーショートパンツは、デニムジャケットを肩がけして、こなれ感アップを。カジュアルスタイルには、大人っぽくアクセントになるバッグでクールに。

【乃木坂46新内眞衣】小物を効かせて夏を満喫! TOMORROWLAND(トゥモローランド)の大人カジュアル

【2】ノースリーブ白Tシャツ×ピンクジャケット

ノースリーブ白Tシャツ×ピンクジャケット

カジュアルなジャケット、パンツ、ヘアバンドなど、ボーイッシュなのにフェミニンなピンクコーデ。ノースリーブのロゴTと合わせたヘルシーな肌見せが新鮮。

滝沢カレンがドラマティックに纏う、軽やかなピンクの世界

【3】フォトTシャツ×赤カーディガン×黒デニム

フォトTシャツ×赤カーディガン×黒デニム

鮮やかなブラッドオレンジカーデが映える黒デニムコーデは、白Tを効果的に使ってきれいめに。カーデの色とリンクしたフォトTシャツで、ハンサムなカラーバランスに仕上げて。

着回しも! 着映えも! 30代女子ならスミ黒デニムで決まり♡

【4】白Tシャツ×黒フレアスカート×白トレンチコート

白Tシャツ×黒フレアスカート×白トレンチコート

シンプルな白Tシャツと黒フレアスカート、それらをつなぐ白トレンチで構成したモノトーンコーデ。ストイックな白黒のコントラストに、グリーンのトングサンダルがさりげなく映えてコーデ全体のバランスをアップ。

抜け感のある足元で、涼感漂うモノトーンコーデ

【5】白Tシャツ×黒スカート×黒カーディガン

白Tシャツ×黒スカート×黒カーディガン

VネックのカーディガンをロゴTシャツの上にはおった、ボーイッシュコーデ。スカートや小物も、引き締め効果の高いモノトーンでまとめてモダンなカジュアルに。

4つの黒アンサンブルニットで着回しコーデ【プロが指南】最愛ニットはシリーズ買い♡

【6】白Tシャツ×ベージュシャツワンピース×白パンツ

ホワイト~ベージュの色合わせでつくる、こなれ感とクリーンな印象を両立させた着こなし。ベージュシャツワンピースのインは白Tシャツ×白パンツで大人の上品さを漂わせて。

ホワイト×ベージュコーデでこなれ感を演出して

【7】白Tシャツ×ピンクジャケット×ネイビーパンツ

ロゴTでカジュアルに仕上げたジャケットスタイルに、正統派のシンプル・リッチ小物を合わせるのも意外性の効いたおしゃれなワザ。ミニマルで洗練された大人のセットに。

リネン混ノーカラー×洒落リッチ小物|ジャケパンと小物でこなれ感を

【8】白Tシャツ×グレンチェックジャケット×白デニム

にぎやかな配色のグレンチェック柄には、あえてTシャツ×デニムのシンプルホワイトコーデを。春に活躍するチェックジャケットで、爽やかさが宿るすっきりとした着こなしに。

チェックジャケットを白デニムでキレよく仕上げる

【9】白Tシャツ×黒ジャケット×黒細身パンツ

ロゴTシャツ×細身パンツのモノトーンコーデは、黒ジャケットで合わせてセットアップ風に! インナーとボトムスをコンパクトにまとめれば、ロングジャケットもすっきり軽快に決まる。

Theoryの細身パンツを黒ジャケットで合わせてセットアップ風に!

【10】白Tシャツ×ネイビージャケット×ピンコッタスカート

色と素材に遊びのあるスカートを紺ジャケットに合わせれば、肩の力が抜けた大人のお仕事スタイルが即、完成。白Tシャツが映えるコーディネート。

オフィスで浮かずに華やか! 人気カラー「ピンコッタ」通勤コーディネート5

【11】白クルーネックTシャツ×テーラードジャケット

ジャケット+Tシャツの時は、1枚でも頼りなく感じない、存在感のある厚手リブTであることが大事。ジャケットを脱いでもサマになる一着。

取引先との親睦会♪ エイトンのクルーネックTシャツはやっぱり万能!

【12】白Tシャツ×トレンチコート×ワイドパンツ

コートそのものの佇まいに正統派な趣がある〝グレンフェル〟は、きちんと感がかもし出せる逸品に白Tシャツとワイドパンツをチョイスしてカジュアルダウン。

名品トレンチコート【GRENFELLグレンフェル】の魅力、徹底解剖!

【13】白Tシャツ×ネイビージャケット×チェックパンツ

レザーバッグや白Tでカジュアルな抜けをつくり、ネイビージャケット×チェックパンツをまじめすぎない印象にまとめてくれる!

連休明けアフター7、ジムに行くのでジャケットもカジュアルダウン

【14】白Tシャツ×赤カーディガン×チノパンツ

白Tシャツ×赤カーディガン×チノパンツ

赤カーディガンの下に白Tシャツ、さらにベージュのチノパンを合わせることで、きれいな色の好配色コーディネートの完成。

明日からも予定ギッシリ! 日曜の夜につくりおきをしておけば予期せぬ残業も怖くない

【15】白リブTシャツ×ネイビースーツ

ネイビースーツの合わせを白リブTシャツ&フラット靴に替えて「しゃっきりきれいめ」と「楽ちん」をなんなく両立。Tシャツはリブがあることでカジュアルすぎずいい存在感に。

外回りの日はスーツをちょっと着崩して、きれいと楽を両立!

【16】白Tシャツ×グレージャケット×黒パンツ

白・黒・グレーのモノトーンライクな着こなしで、TシャツだけれどオフィスにもOKなきれいめスタイルの完成。できる女っぷりコーデに。

新規クライアントとの打ち合わせ。コーデもパリッと仕事モード全開で

【17】白Tシャツ×ネイビージャケット×ボーダーニット

白×ネイビーの落ち着いた配色でオフィスにもOKなきれいめスタイル。ボーダーニットを腰に巻けば、こじゃれた雰囲気に変身。

連続会議の金曜日、信頼ジャケットで乗り切る!

最後に

今回は春の着こなしに活躍するTシャツコーデをご紹介しました。旬のカラーTシャツを軸に大胆に色を重ねたり、白Tシャツを合わせて抜けよく着たり、シンプルだけど今すぐに試せる着こなしが満載。シーンを選ばずに活躍するアイテムなので、いくつか新調するなら思い切っていい生地を選ぶのがおすすめ。地厚で体のラインを拾いすぎないTシャツは、きちんと見えもさらにアップしますよ。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature