三軒茶屋でプチ旅行! 山形県河北町アンテナショップ「かほくらし」がいい感じ♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 三軒茶屋でプチ旅行! 山形県河北町アンテナショップ「かほくらし」がいい感じ♡

LIFESTYLE

2021.05.12

三軒茶屋でプチ旅行! 山形県河北町アンテナショップ「かほくらし」がいい感じ♡

全面リニューアルオープンした山形県河北町アンテナショップ「かほくらし」を紹介! 20年来、週3回以上はデパ地下に通い続けるマニア・手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子さんによるおすすめ手土産ブログ。

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

山形県河北町アンテナショップ「かほくらし」がリニューアルオープン

東京・三軒茶屋にある、山形県河北町のアンテナショップ「かほくらし」が、2021年4月29日(木)に、全面リニューアルオープンしたので伺ってきました!

2019年に山形県河北町の河北町商工会が中心となってオープンし、都会の中でも河北町の雰囲気や魅力を感じられるお店として人気を集めていましたが、昨今のStay Homeやマイクロツーリズムなどの新たなニーズに対応すべく「かほくを旅する」をコンセプトに今回全面リニューアルを行いました。

町単独のアンテナショップというのは全国的にもすごく珍しいそう。

◆1階:河北町の食材やお惣菜などを販売

1階には河北町のお酒や食材、調味料、野菜果物、雑貨など200品以上! が揃っています。

奥には都内にはなかなかお目にかかることの出来ない、創業200年を超える河北町自慢の2つの酒蔵の貴重な日本酒が飲める立ち飲みスペースも!

東京では珍しい商品も多くどれも魅力的でついつい買い過ぎちゃいます♡

◆2階:河北町の食材や伝統を生かした自然派料理のレストラン

2階のレストランでは、河北町の豊かな自然の中で生産された食材と伝統を生かした自然派料理が楽しめます。

日本一の生産量を誇る新鮮なイタリア野菜や、千日をかけて丁寧に育てられる幻の牛肉「千日和牛」、秘伝豆と呼ばれる地元特産の味わい深い豆、300年の歴史を誇る麹製品、うま味成分がつまった冷めても美味しいお米「つや姫」など、地元の特産品を活かした和洋の枠組みにとらわれない料理が楽しめます。

ディナーコース「KAHOKU-RASHI ~かほくのくらしに出会うおもてなし~」

今回いただいたのは、ディナーコースの「KAHOKU-RASHI ~かほくのくらしに出会うおもてなし~」3,880円(税込/前菜、メイン、デザートなどの5皿)

前菜は伝統野菜の秘伝豆(枝豆)と千日和牛のミンチを使って作られたコロッケと、豆乳で出来たリコッタチーズに山形名物のだし。

コロッケはナイフでカットすると豆の香りがふわ〜と! お肉もジューシーで甘みがあって、いくつでも食べられそう♡ だしは、和と洋がミックスされて新鮮な味です!

続いて棒鱈と里芋を使ったお料理。棒鱈の甘じょぱさと里芋の相性が抜群! 横に添えられたポロネギソースをつけると味の変化が楽しめます。

次は、河北町名物の「冷たい肉そば」をイメージしイタリア風にアレンジしたもの。ラビオリの生地にはそば粉を使用しており和風イタリアンといった感じ。親どりのコリコリとした食感も◎

そして揚げしゅうまいのようなこちらは、濃厚なもみじ卵を千日和牛のミンチで包み春巻きの皮で揚げたもの。三吉麹屋さんのこうじみそを使ったふきのとう味噌をつけて。

卵の黄身の赤さと弾力にビックリです!

山形名物の芋煮。こちらの芋煮は柏崎シェフが子どもの頃からご実家で食べられていた芋煮を元にアレンジしたもので、千日和牛、ネギ、きのこ、ごぼう、里芋など具沢山! 食べている私たちも何だかほっこりと優しい気持ちになる懐かしい味です。

デザートはモチモチの生地が特徴のどら焼き。ずんだ、粒あん、イチゴの甘さとフルーティーさのバランスも絶妙です!

三軒茶屋に居ながらにして河北町の雰囲気を感じられるし、プチ旅行気分でご飯もお買い物も楽しめちゃうのでオススメです♪

店舗詳細

山形県河北町アンテナショップ かほくらし

住所:〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-12-10
TEL:かほくを旅するお店/立ち飲み 03-5779-4045
かほくを旅するレストラン 03-5779-4055
定休日:月曜日
営業時間:1階 かほくを旅するお店/セレクトショップ 10:00~19:00
立ち飲み 平日17:00~22:00、土日10:00~22:00
レストランは現在予約制なので、公式HPなどでご確認を!

※ 時短営業に関しては、都の指示に従います。

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.18

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature