脱毛に料理に貯金… 独身のうちにやっておくべきこと5♡〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 脱毛に料理に貯金… 独身のうちにやっておくべきこと5♡〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

LOVE

2021.05.08

脱毛に料理に貯金… 独身のうちにやっておくべきこと5♡〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

結婚したら出来なくなることってありそうですよね。では、独身のうちにやっておくべきことって何なのでしょうか? 今回私と一緒に考えていきましょう。〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

今しかない!? 独身のうちにやっておきたいこと

みなさんこんにちは! アラサーOLライターのタケ子です♪ 絶賛婚活中の私ですが、大切な独身時代、結婚してからはできないようなことにチャレンジするのも人生楽しむ上で大切だと思ってます。

そんな独身だからこそできることって何なのでしょうか? 私と一緒に考えていきましょ!

恋愛を楽しむ!

(c)Shutterstock.com

独身最大のお楽しみといえば『恋愛』でしょうか。独身時代「あの時告白しておけばよかった」「あっちの人と交際していたら…」なんて後悔を私はしたくないなって思います。

アラサーになると将来のパートナーという考えが強まり、恋愛に躊躇する人もいるかもしれません。けれど独身だからこそ、できものでもありますよね。今だと、マッチングアプリをやってみる、友達から男性を紹介された積極的に会ってみるなど、気軽に楽しむのも案外悪くないなと思います。もちろん新型コロナのこともあるから、感染対策は第一に考えた上でね。

美を極める?

(c)Shutterstock.com

結婚生活が始まると、エステや脱毛、歯列矯正などお金や時間のかかる美容は遠のいていくと聞きます。実際私の結婚した女友達は、お金は生活費や養育費に回しているから、エステには全く行かなくなったと言っていました。

ヘアメイクやファッションなら結婚後も大いに楽しめると見積もっても、脱毛や歯科矯正のようなお金のかかる長期的な美容は、独身時代に終えておいたほうがよさそうです。

習い事で趣味を増やす♪

(c)Shutterstock.com

無趣味より趣味がある女性を魅力に感じる男性もいるようで、今無趣味という女性は新たな習い事などにチャレンジするのもありかも。

中でも根強い人気の「お料理教室」なんてどうかしら。私の同僚には、独身のうちに家庭料理をマスターしようと、平日のランチタイムでレッスンを受ける人もいるんですよ。隙間時間にできるって効率的で良いですよね♪

インドアからアウトドアのものまで多くのレッスンがある今、独身時代にしかトライできないことを発見できるかも! そういった場所で出会いなんかあったら最高♡

貯金ともうひとつ…

(c)Shutterstock.com

結婚した女友達いわく、結婚してからは自分で稼いだお金を自由に使えない場合がほとんどなんだとか。当たり前ですが、結婚式から出産、育児や住宅購入に、万一の備えなど、お金は必要ですよね。欲しいものを自分のふところ具合で購入できていた独身時代と大きく違ってくるから貯金は大事。

そう考えると、結婚してから貯金ではなく、独身時代からの蓄えは男女とも必須なのかもしれません。もうひとつ、ローン(たとえば奨学金など)のような個人的なお金の管理もしっかりしておきたいわね。

私みたいに結婚願望がある人は、先々のことを考えて、コツコツ貯金借金を避けることも検討していくべきかも!

やっぱり欲しいモノは買っちゃおう!?

(c)Shutterstock.com

備えあれば憂いなし、貯金が大切なことはみんな周知の事実。けれどやっぱり、素敵なバッグや旬なコート、一生モノのアクセサリーなど、自分が好きなものは欲しくなりますよね。

結婚後の多くの男性はお小遣い制になり、その分自分も切り詰めようと頑張ることが多い模様。そうなると自由に使えた独身時代に買っておけばよかった〜という後悔はさまざまな場面で出てくるでしょう。

我慢してストレスになるのはもったいない! なんだかんだ言っても、やっぱり欲しいモノは独身時代に買っておくべきかもしれないと私は思ったわ。でも、お金の使いすぎには注意ね!

* * *

結婚は最終ゴールじゃないけれど、結婚を考えている人は、今の自分を充実させつつ、将来のために投資する。そんなことが必要かなと思います。

私たちアラサー世代は仕事も忙しく、このコロナ禍で満足とはいえないプライベートを過ごしている人もいます。そう考えると、独身だからというよりは、自分の人生だから! という気持ちで、なんでもチャレンジすることが良いのかもしれません。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.20

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature