絶対に外さない! 年齢性別問わず喜ばれる“王道の手土産”3選〈焼き菓子編〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 絶対に外さない! 年齢性別問わず喜ばれる“王道の手土産”3選〈焼き菓子編〉

LIFESTYLE

2021.03.18

絶対に外さない! 年齢性別問わず喜ばれる“王道の手土産”3選〈焼き菓子編〉

働く環境が変わることが多く手土産を選ぶことの多い3月。そこで今回は絶対に失敗しない愛され手土産を紹介します。20年来、週3回以上はデパ地下に通い続けるマニア・手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子さんによるおすすめ手土産ブログ。

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

誰にあげても喜ばれる! 王道手土産3 〜焼き菓子編〜

こんにちは、手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子です。

3月は退職、転職、異動など環境が変わることが多くご挨拶に手土産を持参なんてことも多いのではないでしょうか?

そんな時に、おすすめしたいのがこの3つ!

・ヨックモックのシガール
・銀座ウエストのリーフパイとクッキー
・ベルンのミルフィユ

◆この3つの共通点は…

・美味しい(万人受けする、苦手な人が少ない)
・有名(信頼は大事)
・個包装されている
・日持ちする
・値段が良心的
・手に入りやすい!(有名デパートの地下やターミナル駅の構内などで買える)

と手土産に必須の条件が揃っているんです。

では、ひとつずつ詳しく説明していきますね!

ヨックモック|シガール

まずひとつめは、男性ファンも多いヨックモックのシガール。

きっと多くの人が見たことがある、薄いバター生地が2〜3重に巻かれた葉巻のような細長いラングドシャクッキーです。バターの香りとサクっとした優しい口当たりがたまりません!

一気に3本くらい食べられるくらいの軽さも嬉しい♡ 少し変化をつけるなら、中にミルクチョコレートが入ったシガール オゥ ショコラもチョコレートが美味しいのでおすすめです。

【詳細】
シガール
10本入り:702円(税込)
14本入り:972円(税込)
20本入り:1,458円(税込)
20本入り:1,458円(税込)
30本入り:2,160円(税込)
48本入り:3,240円(税込)

ヨックモック

銀座ウエスト|リーフパイ、クッキー

ふたつめは、銀座ウエストのリーフパイとクッキー。

フレッシュバタ-など、厳選された材料を使用して丁寧に作られたリーフパイとクッキー。職人さんによって練られたパイ生地は256層! サクサクの歯ごたえです。

上にかかったザラメのジャリっとした食感と甘さのバランスも絶妙。クッキーはどれも甘さ控えめなのと、香りが豊かでバター好きにはたまらない美味しさ♡

シンプルかつ上品で洗練された味は、キチンとした印象を演出したい先輩世代の多い場所に持っていくのにはピッタリです。

【詳細】
リーフパイ
5枚入り袋:702円(税込)
ドライケーキ詰め合わせ
11袋入り:2,268円(税込)
15袋入り:3,240円(税込)
22袋入り:4,320円(税込)
28袋入り:5,400円(税込)
48袋入り:7,020円(税込)など

※ひとつからも購入可能

銀座ウエスト

ベルン|ミルフィユ

そして3つ目は、ベルンのミルフィユ。

1965年に日本で初めてチョコレートでコーティングされたミルフィユを販売した老舗。

3種類の味はどれも親しみやすい味。スイートチョコはピンク、ヘーゼルナッツは黄色、ミルクチョコレートはオレンジと味ごとに包装紙の色が分かれています。

スイートチョコレートは、甘さ控えめのビターチョコレートで大人の味。ヘーゼルナッツはナッツの香ばしい香りと味がして、優しい味。ミルクチョコレートはミルキーで少し甘め。それぞれのチョコでコーティングされた中は… 香ばしく焼かれたサクサクのパイ生地と上品な味のクリームが層になっていて美しい美味しい!

3個入りで324円(税込)のセットから販売されているのでプチギフトにも♡

以上の3つは、急いでいて手土産を買う時間がない! お相手の好みや人数が分からなくて何を持って行けば良いのか? 悩んだ時に手土産リストに入れておくと便利なのでぜひ!

【詳細】
ミルフィユ
3個入り:324円(税込)
7個入り:702円(税込)
10個入り:1,080円(税込)
15個入り:1,520円(税込)
20個入り:2,160円(税込)
30個入り:3,240円(税込)

Berne(ベルン)は、三越伊勢丹、小田急、髙島屋などのオンラインショップのほか、首都圏デパートの地下やターミナル駅構内などでも購入出来ます。

参考にしてみてくださいね!

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature