いつから始めるのがベスト?「衣替え」の適切な時期や守りたいコツ、春夏秋冬ごとの収納方法についてご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. いつから始めるのがベスト?「衣替え」の適切な時期や守りたいコツ、春夏秋冬ごとの収納方法についてご紹介

LIFESTYLE

2021.03.15

いつから始めるのがベスト?「衣替え」の適切な時期や守りたいコツ、春夏秋冬ごとの収納方法についてご紹介

日に日に気温が暖かくなると、いつ衣替えをしようかと考えてしまいますよね。「衣替えの時期」は、その年の気候や住んでいる地域によっても異なります。本記事では、衣替えの適切な時期やそのコツ、季節ごとの収納方法について解説していきます。

【目次】
「衣替えの時期」と春夏秋冬で異なるアイテムの洗い方
「衣替えの時期」にしたい収納方法とコツ
「衣替えの時期」に守りたいコツとは?
最後に

「衣替えの時期」と春夏秋冬で異なるアイテムの洗い方

(c)Shutterstock.com

「衣替えの時期」は、その年の気候や住んでいる地域によっても異なります。ですので、最高気温を目安にすると最適な時期が分かりますよ! 春夏秋冬の4回、最高気温を目安に衣替えする時期を解説していきます。

春服への「衣替えの時期」と洗い方

最高気温が15~20℃くらいになったら、春服への衣替えをスタートしましょう! 冬物のウールコートやダウンコートだと昼間は暑く感じるかもしれません。長袖のカットソーとライトアウターの服装がおすすめです。だんだんと気温が上がり、最高気温が平均して20℃近くになってくるとアウターもいらなくなりそうですね。長袖カットソー1枚で快適に過ごせるようになるでしょう。

夏服への「衣替えの時期」と洗い方

最高気温が22℃を超えはじめたら、夏服への衣替え時期です。この時期は、日差しが強くなってきますので、半袖カットソーとカーディガンの服装がおすすめ! 最高気温が25℃以上になってくると、いよいよ夏の到来です。半袖カットソーで過ごしましょう。

秋服への「衣替えの時期」と洗い方

秋服への衣替えは、最高気温15〜20℃が目安になります。最高気温が20℃以下の日が増えてきたら、秋の衣替えを始めましょう! カットソーだと寒さを感じることもあるかもしれません。セーターを何枚か準備しておくと安心ですね。最高気温が20~15℃の間は、長袖カットソー+ジャケットの服装がおすすめです。お天気が良ければ、セーター1枚でも快適に過ごせるでしょう。

冬服への「衣替えの時期」と洗い方

最高気温が15℃を下回ると、アウターが必須になりますね。冬服への衣替えの始めどきです。この時期は、セーター+ウールコートの服装がおすすめ! また、最高気温が平均して10℃以下になってくると、日中でも寒さを感じるようになります。ダウンコートや厚手のロングコートなど、防寒効果の高い服を準備しましょう。

スーツの「衣替えの時期」は?

スーツは春夏用と秋冬用に分かれているため、4~9月の春夏、10~3月の秋冬で、年2回衣替えをするのがおすすめです。

4~5月頃、最高気温が25℃くらいまでは春のスーツが活躍します。春用のスーツによく使われる素材は、ウールやコットンです。ウール素材のスーツは、生地や糸の織り方は冬寄り。ただ、ジャケットの裏地を肩部分以外取り除いた「背抜き」にすることで、オールシーズン着用しやすくなっています。また、コットン素材は吸水性に優れ、汗をかきやすくなる春にぴったりです。

6~9月頃、いよいよ暑くなってきたら夏のスーツの出番ですね! 夏用のスーツは背抜きがメインです。よく使われる素材は、通気性に優れたポリエステルやリネン。ほかにも、縞模様が特徴的なシアサッカー素材や、吸水性が高いジャージー素材も夏のスーツによく使われています。

10~11月頃、最高気温が25℃を下回る日が増えたら秋のスーツへ! 秋用のスーツは、春と同じく背抜きのウールスーツです。ただし、気温が低くなってくると、背抜きのジャケットが肌寒く感じることもあるでしょう。冬が近づいてきたら、ジャケットの前身頃から後身頃にかけて裏地がついた「総裏」のスーツを準備するとよいですね。

最高気温が15℃を下回るようになったら冬のスーツが必要です。冬のスーツはウールのほか、保温性に優れたフランネルやツイード素材のスーツがおすすめ! ほかにも、カシミヤやメルトン、サキソニーといった起毛感のある素材も冬のスーツによく使われていますよ。

「衣替えの時期」にしたい収納方法とコツ

(c)Shutterstock.com

1:不要な服を処分しましょう

衣替えは、服を整理するのに良いタイミングといえます。衣替えの手間を減らすために、不要な服は事前に処分しておきましょう。不要な服の見極めポイントは3つ! サイズが合わない服、汗ジミやシミが目立つ服、毛玉やほつれがある服です。

この3つに当てはまる服は、処分を検討してみると良いでしょう。ただ、処分するのではなく、リサイクルや寄付する等の方法も検討しても良いかもしれません。また、綺麗だけど何年も着ていない服なども、思い切って手放してみては?

2:クローゼットを掃除する

カビや害虫が発生する原因として、収納場所の汚れが挙げられます。洋服を傷ませないためにも、衣替えの前にクローゼットを掃除しておきましょう。クローゼットは、掃除機をかけ、雑巾で乾拭きします。掃除が終わったら、防虫剤や除湿剤をクローゼットに入れてくと湿気を防げますよ!

3:収納のコツ

カットソーは、服の中心にシワが付かないようにたたむことがポイント。あとで見分けがつきやすくなりますので、衣装ケースの中に立てて収納するのがおすすめ!

セーターは厚手のものを下に、薄手のものを上にして収納するのがコツです! 数が多いときは、圧縮袋を活用したり、ロール状にコンパクトに巻いて収納しても良いでしょう。

コートをかけて収納しない場合は、二つ折りまたは三つ折りにたたんでから衣装ケースに収納します。このとき、ほかの衣類を上に重ねないように気をつけましょう。専用の収納ケースを用意するか、引き出しの一番上に置くのがベターです。

スーツは、不織布をかけてからクローゼットの中で保管します。ウール素材のスーツは虫食いの被害を受けやすいため、必ずカバーをかけましょう! また、パンツスーツの裾がクローゼットの床につくと、生地が傷んだり汚れたりしますので、注意しましょう。

「衣替えの時期」に守りたいコツとは?

(c)Shutterstock.com

1:衣替えする服は「しまい洗い」をしましょう

しまい洗いとは、衣替えで洋服をしまう前にもう一度洗濯すること。一見きれいに見える洋服でも、目に見えない皮脂汚れが残っていることがあります。しまい洗いをせずにそのまま洋服をしまうと汚れが酸化し、日数が経つと黄ばんでしまうことがあるんです! また、汚れが残っていると虫食いの被害を受けやすくなりますので、忘れずにしまい洗いをしておきましょう。

洗濯槽をきれいにしてから、洗濯機で洗うのもポイント! 雑菌臭がある場合は、酸素系漂白剤につけ置きしたり、ガンコな汚れは食器用洗剤を水で薄めて手洗いするのも良いでしょう。

また、しまい洗いをしたときの洗剤や漂白剤が洋服に残っていると、せっかく洗いなおしても黄ばみができてしまうかもしれません。洗剤の溶け残りには気を付けてくださいね。

2:衣替えは「晴れた日」にしましょう!

衣替えをするなら、晴れた日がおすすめです。雨の日に衣替えをすると、湿気をクローゼットの中に閉じ込めてしまい、洋服にカビやにおいが発生することがあります。保管した服が着られなくなることを避けるためにも、衣替えは晴れた日にするのがおすすめです。夏は梅雨入り前、冬は秋雨の時期を避けて衣替えをするのが良いでしょう。

また、衣替えは午前中から始めるのがよいでしょう。それぞれの季節の服を入れ替えるとなると、案外時間がかかるものです。夕方から始めるとその日に終わらず、次の日は仕事があるのに… と焦ってしまうこともあるでしょう。晴れた日の午前中が衣替えのベストタイミングですよ!

3:移行期間は、2週間程度

洋服を一気に入れ替えると、急に気温が上がったり下がったりしたときに困ってしまいますよね。衣替えをするときは2~3週間程度の移行期間を設け、前シーズンの洋服を何枚か残しておくのがおすすめですよ! たとえば、春から夏の衣替えなら、長袖Tシャツや薄手のアウターをある程度残しておきましょう。2~3週間程度経ち、気温が安定してきたら移行期間を終了して、残しておいた衣類もしまいましょう。

最後に

(c)Shutterstock.com

衣替えの基本的な手順は、不要な服の処分、移行期間に残す服を選ぶ、クローゼットの掃除、しまい洗い、収納です。しまい洗いで洗濯機を回している間にクローゼットの掃除をすると、衣替えにかかる時間を短縮できますね。

また、洋服を収納するときは、あらかじめアイテムごとの収納場所を決めたり、一旦すべての洋服を部屋に広げてから収納していくと、スムーズに進められますよ! 意外と大変な衣替えですが、大切なお洋服を来年も着るためにきちんと行いましょう。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature