トイレットペーパーは無香料一択! その理由とは… 岡山の銘酒を造る女性の秘密 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 映画・テレビ
  5. トイレットペーパーは無香料一択! その理由とは… 岡山の銘酒を造る女性の秘密

LIFESTYLE

2021.03.14

トイレットペーパーは無香料一択! その理由とは… 岡山の銘酒を造る女性の秘密

今回ご紹介するのは、「御前酒」杜氏・辻󠄀 麻衣子さん。人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけます。

辻󠄀 麻衣子さんってどんな人?

岡山県真庭市の勝山で、200年以上の歴史を持つ老舗酒蔵「辻󠄀本店」。ここで造られる「御前酒」は、全国新酒鑑評会で金賞を獲得した、岡山県が誇る銘酒として知られる。

この酒蔵で「御前酒」を含む、酒造りの全責任を担う杜氏が、今回ご紹介する辻󠄀麻衣子さん

ーー「御前酒」杜氏になった理由とは…?

「辻󠄀本店」を経営する一族の長女として生まれた彼女。跡継ぎは弟に決まっていたが、子どもの頃から「御前酒のまいちゃん」と町の人に呼ばれ、歴史ある家業に息苦しさを感じていたという。

元来、経営者一族は酒造りには関わらないのが習わしだったが、20歳になってお酒を飲み始めたのが転機となり、「杜氏や蔵人の生き生きと働く姿を見て、酒造りを一生の仕事にしたい」と思うようになった。

当時、酒蔵は女人禁制とされていたが、先代の杜氏から届いた「なんでも教えてやるから帰って来ればいい」という手紙が、酒造りへの道を開いてくれたという。

辻󠄀麻衣子さんの「7つのルール」

さて、そんな彼女が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」とは…?

■1. 家選びは酒蔵から3分圏内

酒造りに欠かせない酵母や麹菌は生き物だから、思い通りにならないことも日常茶飯事。そのため、すぐに様子を見に行けるように酒蔵の近くに住む。

■2. 毎年必ず田植えと稲刈りに行く

毎年必ず田植えと稲刈りに行くという彼女。変わらぬ味を届けるため、米の出来によって仕込みの配合を調整しているそう。

■3. トイレットペーパーは無香料

トイレットペーパーなどの日用品も、香りがするものは避けることを徹底。麹の発酵状態の異常に瞬時に気づけるようにするため。

■4. 上手くいかなときは貯水タンクの上にのぼる

うまくいかないときは、貯水タンクの上にのぼるのが定番。従業員やお酒のことを考え、「もう一度頑張ろう」と奮起するそう。

■5. 仕込み期間が終わった次の日は納豆

彼女の一番の好物は納豆だが、納豆菌は麹菌に影響を及ぼすため、酒を仕込む半年間は触れることすら許されない。そのため、仕込み期間が終わったら真っ先に納豆を買いに行く。

■6. ノートにまとめて「見える化」

杜氏になって14年、いまでも学ぶ姿勢を忘れない彼女。学んだことはすべてノートに書き残して見える化するのがルール。

■7. 酒蔵で働くハードルを下げる

女人禁制が根強い酒蔵を若くして継いだ彼女。酒蔵で働くハードルを下げるため、女性でも酒造りしやすい環境をつくっていきたいという。

* * *

次回の「7ルール」の放送は、3月16日(火)よる11時00分~。コロナ禍の昨年11月、台湾の国民食・ルーローハンの専門店「帆帆魯肉飯(ファンファン・ルーローハン)」を東京・三軒茶屋に開店した唐澤千帆さんをご紹介。

逆境が続くなか、試行錯誤を繰り返し店に立ち続ける彼女を駆り立てる思い、そして7つのルールとは…?

Oggi.jpでは、番組を振り返りながら仕事をする女性たちへのヒントを見つけていきます! ぜひチェックしてみてくださいね♡

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出すドキュメントバラエティ。スタジオでは、YOUさん、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんに加え、「クリープハイプ」の尾崎世界観さん、元欅坂46の長濱ねるさんの5人が縦横無尽な人生観トークを繰り広げます!
【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】
オフィシャルWeb
Twitter
Instagram


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.15

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature