『もろちん!』ってヤバすぎるw 思わず爆笑の誤字・誤変換LINE | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. スマホあれこれ
  4. 『もろちん!』ってヤバすぎるw 思わず爆笑の誤字・誤変換LINE

WORK

2021.03.08

『もろちん!』ってヤバすぎるw 思わず爆笑の誤字・誤変換LINE

在宅勤務が多くなり、メールやLINEのやりとりも増えました。そんな中で起きる誤字・誤変換のメッセージで驚く人も多数。今回は仕事中に起きた誤変換のLINEを3つ紹介します。

1:結婚な内容だね

「上司にクライアントとの商談の内容を簡易的にLINEで報告すると、『結婚な内容だね』とメッセージが届きました。すぐに『結構な内容』だとわかりましたが、結婚な内容ってどんな内容だと心の中でツッコみをしちゃいました」(28歳/商社)

結婚と結構、合ってるのは1文字目だけで意味が全然違いますね。予測変換のタップミスだと思いますが、気をつけたいです。

2:もろちん!

「あるCMの撮影で、先輩に買い出しを頼まれたときのことです。買い出しするものを確かめるために『カフェのシーンにピザは必要ですよね?』と聞くと『もろちん!』と返答が。。女性の先輩だったから、いきなり下ネタが送られてきてびっくり(笑)。先輩も気づいてなかったので、そっと『了解です!』と返し、先輩疲れてるなと思ったので栄養ドリンクも買って帰りました」(31歳/制作会社)

下ネタの誤字は、仕事仲間だったらギリセーフな気がしますが、疲れてるときこそ、内容を確かめたいですね。

3:失恋してました

「いつもお願いしている施工会社に見積もりをお願いしていたのに、しばらく時間がかかって書類が届かないことがありました。催促のLINEをすると『申し訳ございません。失恋しておりました。すぐに作成します』と来て、笑っちゃいました。“失念”の間違いだとわかって、『傷心中だったのですね』と悪ノリで返しておきました(笑)」(30歳/建築)

失恋と失念の間違いは、私も受け取ったことがあります(笑)。そのときは仕事もできなくなるほどの“失恋”だったらしょうがないかと諦めました。冗談が通じる仲だとふざけられますが、大事なクライアントだと間違いを指摘しにくいですね。

* * *

大体の人が使っている、予測変換機能。便利な反面、相手をびっくりする可能性もあるので気をつけたいですね。みなさんは誤字・誤変換のメッセージを受け取ったことがありますか? みなさんの体験談をこっそり教えて欲しいです♡

投稿はこちらのメールアドレスまで。本文に要項を明記し、ご送付ください。お待ちしています!

■ご職業(職種)
■年齢
■エピソード(なるべく詳しく教えてください)


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature