かつて不倫沼にハマりそうになった既婚者カズキからの連絡…【30代OLのリアル婚活#140】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 婚活物語
  4. かつて不倫沼にハマりそうになった既婚者カズキからの連絡…【30代OLのリアル婚活#140】

LOVE

2021.03.05

かつて不倫沼にハマりそうになった既婚者カズキからの連絡…【30代OLのリアル婚活#140】

サイテーな男との“真夏の夜の悪夢”を経験し、婚活は一時休戦。私は銀座の歌舞伎座にいた…。OLつかさのリアル婚活ブログ140回。波乱万丈な東京男との日々をせきららにお届け。

アラサーOL【婚活のリアル#140】「鷺娘」とわたし

こんにちは、アラサー受付嬢つかさです♪ 上京して今年で6年目。これまで出会った男性を振り返りながら、婚活のあれこれをお届けしているこのブログ。この前は、「真夏の夜の悪夢 〜その4〜 完」をお届けしました。まだ読んでない方はこちらからどうぞ♡

>>【婚活上京物語】これまでの記事

恵比寿のサイテー男との“真夏の夜の悪夢”から少し時間が経ったけど、仕事中もこのことは誰にも話せなかった。

あのあと冬眠するかのようにベッドから出られず、そのおかげか一時的に失っていた声も出るように…。

2020年9月。私は夜の銀座、「歌舞伎座」にいた。

ソーシャルディスタンスで客席を間引きし、興行を再開した歌舞伎を見にきていた。たった1人で。

9月のある日。私は以前から見たかった人間国宝である坂東玉三郎さんの「鷺娘」のチケットを購入していた。夜の回だ。

その日は仕事が終わった後、丸の内から日比谷まで歩き、時間があったのでお気に入りの「椿屋珈琲店」で夕食をとった。

食事をすませ、その足で歌舞伎座へと向かう。歩ける距離ながら、仕事終わりにヒールでの移動は少し疲れた。

いよいよ歌舞伎座に入ると、心なしか背筋が伸びる。

2階席、最前列に座った私。口上を述べる坂東玉三郎さんの表情がよく見てとれる。

玉三郎さんが得意とされるこの「鷺娘」。

鷺の精が人間の女性に姿を変え、恋をし、思い悩み最後は絶命する悲しくも美しい演目。

衣装が次々に変わる華やかな舞は歌舞伎通ではない私でも楽しむことができました。

楽しむ…。いや、正直自分と重ねてしまい苦しかった

鷺娘のように悩み苦しむ私の恋はこの先も叶わない物なのかも。

この演目のように恋する喜びの先には悲しい結果が待っているの?

残暑厳しい9月初旬の夜。

夜風もまた湿気で苦しく、銀座の夜も華やぎを忘れたように静かな時間が流れているように感じる。

駅まで歩いて帰っていると意外な人物から連絡が入った。かつて不倫の恋が始まりそうと悩んだ既婚者男のカズキからだった。

>>次の話

<<前の話

>>【婚活上京物語】これまでの記事

TOP画像/(c)Shutterstock.com

つかさ

昭和最後の生まれで、現在32歳。東京・丸の内にある会社にて受付勤務。素敵なお嫁さんになるべく、2015年関西から上京し、絶賛婚活中でございます♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.08.04

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.30・31に掲載しているアイテムのクレジットに誤りがありました。正しくは、P.30/イヤーカフ(上)¥22,000・リング¥19,800、P.31左上/タンザナイト→IOL・ピアス¥24,200、P.31右上/ピアス¥30,800・ネックレス¥35,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature