ドラマ「ダウントン・アビー」のような恋がしたい! けど… それって叶う? 叶わない? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. ドラマ「ダウントン・アビー」のような恋がしたい! けど… それって叶う? 叶わない?

LOVE

2021.01.06

ドラマ「ダウントン・アビー」のような恋がしたい! けど… それって叶う? 叶わない?

ドラマは恋愛や仕事など、人間関係を学ぶことができます。海外ドラマでは、日本人にはない感覚や発想があると思いました。今回は英国ドラマからタケ子が学んだことについて紹介します。〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

理想の結婚をしたいのなら、まずは自分がレベルアップ

こんにちは! シンレデラストーリーを夢見るOLライタータケ子です。私が最近一番ハマった海外ドラマは、huluなど配信チャンネルで公開されている、イギリスドラマの「ダウントン・アビー」。映画にもなったほどの作品よ。

舞台は約100年前のイギリスで、大豪邸に住む貴族の伯爵一家をはじめ、そこで働く使用人たちの人間ドラマ。身分階級が違うもの同士の恋愛ストーリーに胸がキュンキュンするほど魅力的。

このドラマをみて、私は私自身の婚活を見直す教訓を得ました。今回は私がドラマから学んだことについて紹介します。

シンデレラストーリーは存在しない?

(c)Shutterstock.com

ドラマでは貴族の三女と運転手が恋におち、さまざまな困難を乗り越え結婚したというシンデレラストーリーも。一般的には考えにくい組合せですかね。身分が違うため周りから結婚に猛反発され、2人が駆け落ちする展開が印象的。

日本のドラマでも、シンデレラガールやシンデレラボーイをあつかった話はよくありますが、あなたの周りにはいらっしゃいますか? 財閥の御曹司に嫁いだ、名家と呼ばれる家に嫁いだなど… 私の周りでは正直見かけません。

今の時代駆け落ちは現実的に考えづらいし、シンデレラストーリーはフィクションだけの話と思っていた方が良いのかも。

なぜなら多く人は「同じような人間と結婚する」のだから。

自分と同じような人と結婚をする理由

(c)Shutterstock.com

みなさんは、一瞬でも周りにいないような男性に憧れたりしたことないですか? 高身長高学歴高収入のイケメン、性格も申し分なくおまけに実家は大金持ちな人! もしくはそこまでイケメンじゃなくても大企業勤務で将来安泰! とか… 私のもそんな男性ばかり求めて合コンに参加するときもあるわ。

先日合コンで出会ったハイスペ男子が教えてくれました。彼らのようなハイスペ男性が結婚する相手は、同じ会社に勤める女性だったり、合コンで知り合ったCAやモデル級美女が多いそう。。。

同じ会社で働く女性、容姿が整った女性、当たり前だけど男性にも求める条件があるってことみたいね。いくら的を絞っても、相手が求める条件をクリアしないと結婚どころか、恋愛も難しいのかも。

実際に結婚相談所で働く友人いわく、結婚の出会いは男女ともに会社の人が一番多いのだとか。

結論、シンデレラストーリーを期待するのはやめた方が良さそう。

でも自分らしくシンデレラストーリーに近づくための方法は… 考えてみましょ。

理想の相手になる努力をすることはできる

(c)Shutterstock.com

理想の結婚相手と出会うために、例えば家事を極めてみるのは、どうかしら。料理が美味しくて、いつも部屋が綺麗な女性は、男性からすると結婚後の生活が安心できるので魅力的に映るはず。

ほかにも、趣味に力を入れてみるとか。私の友達でランニングが趣味の子は、土日に皇居周りを走るらしいんだけど、そこで同じ趣味の男性と出会って結婚したの。今では夫婦2人で一緒に走っているそう。同じ趣味を共有できる相手なんて素敵!

なんの努力もせず成長しなければ、理想の相手どころか、恋愛も難しい。

だからまずは、家事や趣味など、身近なことからコツコツ頑張ってみる。日々努力や成長を重ねている女性には、1年後3年後、現在出会う男性とは違う素敵な男性と出会えると信じて。もちろん私も含めての話!

一緒に頑張りましょ! 私は今日からランニングをします♡

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.18

編集部のおすすめ Recommended

Feature