ジューサーの"搾りカス"… 料理に活用できるって知らなかった! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. ジューサーの“搾りカス”… 料理に活用できるって知らなかった!

LIFESTYLE

2021.01.05

ジューサーの“搾りカス”… 料理に活用できるって知らなかった!

Toffyから発売中の「Toffy ミニスロージューサー」をご紹介!

コンパクトサイズ♡ 果物も野菜も「Toffy ミニスロージューサー」が便利!

朝に飲みたい、野菜や果物の「フレッシュジュース」! 気分がスッキリして良いですよね。

でも、部屋が狭いと置き場所が……

そんな悩みを抱えている人におすすめなのが「Toffy ミニスロージューサー」。

これは、縦36cm×横12.4cmコンパクトサイズ。小型で軽く、出し入れしやすくなっています。

そして、石臼式の低速スクリューで野菜や果物をゆっくり圧搾するため、熱の発生量が少なく、栄養素が壊れにくいのが特長。また、稼動時に食材が空気に触れにくく酸化が抑えられ鮮度が保たれるため、新鮮なフレッシュジュースを作ることができます。

パーツを細かく分解でき、本体部分以外は丸洗いが可能なため、お手入れがなのも魅力のひとつ。

さらに、「ジュース注ぎ口」と共に「搾りカス排出口」があります。搾りカスは、料理お菓子作りに活躍。フレッシュジュースと搾りカスを使った料理のレシピが付いているため、初心者でも安心。

今回は、搾りかすも利用できるレシピの一部をご紹介!

◆オレンジとグレープフルーツのジュース

【材料(1〜2人分)】
オレンジ:1個
グレープフルーツ(ルビー):1.5個
レモン:お好み
ミント:少々
はちみつ:適量

【作り方】
1. オレンジとグレープフルーツ、レモンは外皮をむき、2〜3cm角に切る。

2. [1]とミントを少しずつ交互に投入口に入れて搾る。

3. 絞ったジュースにはちみつを加えて混ぜ合わせ、グラスに注ぐ。

◆ブロッコリースープ

【材料(2人分)】
ブロッコリー:200g
ブロックベーコン:50g
マッシュルーム:50g
オリーブオイル:大さじ1
白ワイン:大さじ1
牛乳:200ml
塩:少々
黒こしょう:少々
バター(有塩):適量

【作り方】
1. ブロッコリーは小房に分けて柔らかく茹でる。少しずつ投入口に入れて搾る。

2. ベーコンは1cm角、マッシュルームは4等分に切る。

3. フライパンにオリーブオイルを入れて加熱し、[2]を加えて焼く。焼き色がついたら、白ワインを加えてアルコールをとばす。

4. 牛乳、[1]の搾りカスと搾り汁を加えて沸騰させる。火を止めて塩、黒こしょう、バターを加えて混ぜ合わせ、器に盛る。

◆れんこんのシャキもちつくね

【材料(2人分)】
れんこん:150g
青じそ:6枚
サラダ油:小さじ2
酒:大さじ1

<A>
鶏ひき肉(もも):200g
長ねぎ:30g
切干大根(乾燥):10g
塩こうじ:大さじ1
しょうゆ:小さじ1

<B>
しょうゆ:大さじ1
みりん:大さじ2
砂糖:小さじ2

【作り方】
1. れんこんは皮付きのまま2cm角に切る。少しずつ投入口に入れて搾る。

2. 長ねぎはみじん切りにする。切干大根は水で戻し、絞ってみじん切りにする。

3. ボウルに[A]、[1]の搾りカスと搾り汁(約50ml、残りは[5]でたれに使用する)を入れて混ぜ合わせる。6等分にし、青じそではさむ。

4. フライパンにサラダ油を入れて加熱し、[3]を入れて中火で両面に焼き色がつくまで焼く。酒を加えて蓋をして弱火で3分程度焼き、取り出す。

5. [4]のフライパンにB、搾り汁(約15ml)を入れてとろみがつくまで加熱する。

6. [4]と[5]を絡ませて器に盛る。

フレッシュジュースの搾りカスが料理に使えるなんてスゴイ♡ 色々なフレッシュジュースや料理を楽しめそう。

しかも、「Toffy ミニスロージューサー」がコンパクトなところも嬉しい。置き場所に困らず、使うことができますね♪

Toffy ミニスロージューサー
価格:8,800円(税抜)
販売場所:ZOZOTOWN「Toffyマルシェ」/TOFFYSHOP ONLINE/その他全国の家電量販店・雑貨店など


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.27

編集部のおすすめ Recommended

Feature