「下のアレが父と同じ…」「裸族だった」「恋愛ソング野郎」… 別れの理由16選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 「下のアレが父と同じ…」「裸族だった」「恋愛ソング野郎」… 別れの理由16選

LOVE

2020.10.18

「下のアレが父と同じ…」「裸族だった」「恋愛ソング野郎」… 別れの理由16選

カップルの別れた理由には、浮気や性格の不一致、金銭感覚のズレなどさまざまにありますが、今回はちょっと変わった別れ方をしたアラサーたちのエピソードを紹介します。

え、それで? ちょっと変わった理由で別れたカップルたち

この人とずっと一緒にいたいと思える人でも、“あること”で急に嫌いになってしまった、という経験ありますか? 今回は、そんな理由で? と思えるようなことで別れたカップルたちのエピソードを聞いてきました。

(c)Shutterstock.com

「当時つき合ってた彼氏はイケメンだったのに、走り方がダサくて別れちゃいました。勝手に彼に期待していた私が悪いのですが。。」(30歳/女性/PR会社)

「彼が自分の職場に来て帰りを待っていたことがありました。一緒に帰りたかったようですが、高校生じゃないんだからと呆れちゃいました」(29歳/女性/広告代理店)

「当時つき合ってた彼が完璧主義すぎる人で一緒にいて疲れちゃいました。料理も上手で、家事全般を卒なくこなすし、とても魅力的だったのですが、私がいてもいなくても変わらないって気づいたんですよね」(27歳/女性/歯科医)

「いつもメガネが汚いのが許せなくて別れました。何度か拭いてほしいと頼んだのに改善しなかったので」(32歳/女性/飲料メーカー)

「彼氏が裸族だった。彼の家に初めて行ったとき、玄関で脱ぎ始めてびっくりしました」(29歳/女性/IT)

「つき合うまでわからなかったのですが、彼がポエマーだったのです。毎日のように送ってくるポエムにどう返していいかわからず、別れちゃいました」(30歳/女性/イベント業)

(c)Shutterstock.com

「彼女が占いで彼氏と別れた方がいいと言われたらしく、翌日に別れてくれと言われました。半年くらいつき合っていたのに、初見の占い師を信じるんだ、と呆れました」(29歳/男性/ライター)

彼氏のアレが大き過ぎて別れを切り出しちゃいました。2、3回頑張ってみたけれど、耐えられなかった」(31歳/女性/金融)

「つき合った彼氏が隙さえあれば、ホラー映画ばかりを見るホラーオタクでした。最初は新鮮でしたが、ついていけなくなっちゃって別れました」(28歳/女性/販売)

「2人でゲームすることはいいんだけど、ゲームでマウント取ってくるのは違いますよね! 何かにつけて、お前はゲーム下手だからなーと言われるんです。ゲームが上手いからって調子にのんなよ! とキレて別れちゃいました(笑)」(31歳/女性/食品メーカー)

「彼女がドアの閉め方・開け方が雑過ぎてお別れしました。ちょっとしたことなんですが、許せなかった」(33歳/男性/IT)

(c)Shutterstock.com

彼と私のお父さんと名前が同じだった。つき合ったら気にしないだろうなって思っていたのですが、ベッドインしたときに、ふと親のチラついちゃって、好きだったけど別れました」(30歳/女性/保険会社)

海外旅行にカップ麺やインスタントの味噌汁とか持ってきてて、価値観が違うと思って別れちゃいました。1週間くらい我慢して欲しかった」(30歳/女性/広告代理店)

「つき合ってた彼氏がラブソングばかり歌うし、ドライブ中もバラード曲で引いちゃいました。選曲のクセがすごい! とツッコミを入れたくなるほど、彼の頭の中は恋愛ソングでいっぱいだったのです…」(31歳/女性/IT)

「デートの待ち合わせをしていると、いきなり坊主にしてきて…。髪のセットが面倒になっていきなりバリカンで剃ったのだそう。なんだか恐怖を感じちゃって別れました」(29歳/女性/美容メーカー)

「一緒に寝てると、いびきと寝言がとんでもなくて、眠れなくなっちゃったんです。将来ベッドは一緒がよかったので、思い切って別れちゃいました」(31歳/男性/保険)

* * *

人によっては「それくらいいいじゃん」と思えることが、許せなかったり、ドン引きしてしまったり。許容範囲が違うから、おつき合いするって難しいですね。。パートナーのここが許せなくて別れてしまったこと、みなさんはありますか?

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature