Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 付き合ってもうまくいかない男女間でかわされる“ビミョーなテンポ”のLINE3

LOVE

2020.09.22

付き合ってもうまくいかない男女間でかわされる“ビミョーなテンポ”のLINE3

異性とのLINEでのコミュニケーションでは、テンポも大事。やりとりをしているときにテンポに違和感を覚えたなら、相性が悪い可能性も…!? 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、「この男子とは相性が悪そう」と感じた、ビミョーなテンポのLINEをお届けします。

並木まき

1:返信のテンポに波がある

「LINEしてて、いきなり返信が途絶えたり、逆に一方的にガンガン送ってきたりと波がある男子とは、やりとりしていて疲れちゃう。仕事中とか事情があるときにはわかるんだけど、相手も家にいるのがわかっていて、まったりしている時間帯のLINEで、そんな感じだと萎えますね〜。

これまでの彼氏を思い返してみると、LINEのテンポが合わなくなると別れが近かったです。こっちが返事をする前に、勝手に話を進める男とかね(笑)。だから私は、付き合う前の段階でテンポについて『なんか疲れる』って思ったら、なるべく付き合わないようにしています」(33歳女性/美容関係)

LINEをしているときに、返信や会話を投げるテンポが自分と違うと感じたら、一緒にいてもそのうちに居心地が悪くなってくる可能性が大。LINEを終えて疲れを感じるようであれば、急いで距離を縮めずに様子見が正解です。

2:返信しないと勝手に状況を分析し始める

「自分が送ったLINEへの私からの返信が遅いと『俺のこと怒ってるよね?』とか『あっ、忙しいんだね』とかって、勝手にこっちの状況を分析して自己完結する男性は疲れる! 既読にはできても、すぐには返信ができないときだってあるじゃないですか?

それなのに、自分は時間があるからって、既読スルーの理由を決めつけるようなメッセージが届くとゲンナリします。丸1日とか長時間放置したならともかく、ほんの30分とかでこれをされると、時間の感覚が違いすぎる! って思っちゃう」(31歳女性/専門職)

既読になっているのに返事が届かないと、苛立ちをぶつける男性もいますよね。返事がこない理由を一方的に決めつけ、さらにそれをわざわざLINEで伝えてくるタイプの男性は、オラオラ系に多い特徴。付き合ったあとは、いちいち彼女の状況を分析して、口うるさくコメントしてくるモラ系に変わるリスクも…。

3:都合が悪い話は勝手にスルー

「ちょっといいなと思っていた男子と、少し前まで頻繁にLINEしていたのですが、その人はこっちが送った話題に対して、自分にとって都合が悪い話は勝手にスルーして、自分が言いたいことだけを選んでLINEを返してくるタイプでした。

私からすると普通の話題だと思うんだけど、例えば『飲み会だった』って言う相手に『今日はどこで飲んでたの〜?』って質問すると、それには答えないで別の話を送ってくるみたいな感じ。

そんなのが何度もあって、会話が噛み合わないし、自分のことはあまり明かしたくないのかな? と思ったら、急にこっちの気持ちが冷めちゃって。そのうちにLINEしなくなりましたね」(32歳女性/サービス)

プライバシーに立ち入りすぎているなど答えにくい質問がくれば、あえてそこには触れないLINEも「アリ」ではあるけれど、一般的な会話のレベルなのに、自分に都合の悪い話はスルーしまくるとなれば、ちょっと問題。秘密主義な男性にありがちで、二股をかけようとしているなど、なんらかの隠し事があるケースも多いです。気をつけて損はなし!

* * *

交際前のLINEは、相手との相性を図るツールにも活用できますよね。やりとりをしていて「なんか違う」と思う要素があれば、急いで関係を進めずに、じっくり相性を見極めたほうが安全です♡

並木まき

並木まき

ライター・時短美容家。シドニー育ちの東京都出身。28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。数多くの人生相談に携わった経験や20代から見てきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を活かし、Webメディアなどに執筆。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature