Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 知る人ぞ知る【コメダ珈琲】昼コメランチ♡ パンがフワフワの秘密は…

LIFESTYLE

2020.09.22

知る人ぞ知る【コメダ珈琲】昼コメランチ♡ パンがフワフワの秘密は…

コメダ珈琲のお得にランチが楽しめる「昼コメプレート」について、ショコラコーディネーター®の市川歩美さんがレポートします。

市川歩美

コメダ珈琲の「昼コメランチ」って知ってる?

こんにちは。ショコラコーディネーターの市川歩美です。

今日はチョコの話ではないんですが、私がここのところ気に入っている、知るひとぞ知る、コメダのランチをレポートします(ちなみに私は名古屋の放送局出身なので、名古屋カルチャーを熟知しています!)。

「コメダ」ときいて、知らないひとは、おそらく名古屋にいないと言ってもいいでしょう。コメダは、名古屋のソウルコーヒーです(私もそうでした!)。

名古屋時代は、コメダをよく利用したものです。朝は、職場近くのコメダでモーニング、取材途中にコメダでコーヒー、友だちとシロノワール…(懐かしい)。

最近は、名古屋になかなか帰れないため、ひそかに時々、都内のコメダを訪れていました。

ということで、武蔵小山店に行ってきました。

コメダ珈琲に平日の11時半から2時までの間に行くと、ランチセットがあるのをご存知ですか?

◆コメダ珈琲|昼コメプレート

昼コメプレート」といって、お好きなドリンクを注文すると、お得なプライスで、サンドイッチのプレートをオーダーできる、というもの。

トータル、1,000円ちょっとでランチができて、名古屋のソウルコーヒーがいただけてうれしいです。

まずコーヒーが登場。

このデザインのカップを見ただけで名古屋気分。そしてひと口で、私の心は名古屋へひとっとび。コメダ珈琲のよさは、どの店へいっても同じ、この味でほっとできることです。

▲「たまとまレタスサンド コメチキ2個つき」ドリンク代+580円(税込) ※単品だと780円なので、セットにすると200円お得

私はコーヒーを選んだので、お支払いは、トータル、1,070円(税込)でした。

内容をご紹介していきますね。

うれしいのが、どーんと存在感のあるこのサンドイッチ。ふわふわです。たっぷりの卵がずっしり。具がパン以上の幅をきかせてサンドされててびっくり。

サンドイッチを持つと、重みでたわむほど。

やわらかなパンはコメダの自家製です。自社工場で厳選した小麦粉が使われ、パンは工場でなく店舗でカットするからこそのしっとりふわふわ感なんですって。まるでパンの耳がなくみえるくらい、耳がうすいです。

「からしマヨネーズ」を塗ってよいかどうかスタッフの方にきかれたら、これはお好みで。

そしてオーソドックスなサラダもついてきます! 2種類のドレッシングがボトルごと運ばれてくるので、好きな分量をかけられるのがグッド。

テイクアウトでも人気の「コメチキン」はふたつ。プラス70円で2つのチキンがつくならお得なので、迷わずチキン付きを選びましょ♪

「昼コメランチ」は、2016年5月に初登場、取り扱いのないお店もあるそうですが、とても人気が高いそうです。こういうふんわりタイプのサンドイッチを、手頃なプライスでゆっくりいただけるところって、なかなかないかも。平日のランチにぜひどうぞ。

コメダ珈琲

*価格は店舗によって異なります。今回は東京「武蔵小山店」を紹介しましたが、お店ごとに確認してくださいね。

ショコラコーディネーター® 市川歩美

チョコレートのジャーナリストとして最新のチョコレート情報に精通。

おすすめ・注目のチョコレートの紹介ほか、関連情報を雑誌、テレビ、ラジオ、Webなどのメディアに提供しながら、メディア・チョコレートブランド・消費者をつなぐ、日本唯一のショコラコーディネーター®として活動。

チョコレート愛好家歴は、5才頃から。本格的なチョコレート愛好家歴約30年。フランスの上質なショコラに1990年代前半に出会って以来、「ショコラのある生活」を豊かにするべく、チョコレート関連イベント、トークショーへの出演、テレビ番組、記事の監修、商品企画なども行う。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature