Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 無印良品
  5. まさかの¥1,000以下!?【無印良品】透明感の出るブルー下地…くすみ女子は今すぐ買いに走って!【Oggi美容エディター発】

LIFESTYLE

2020.07.18

まさかの¥1,000以下!?【無印良品】透明感の出るブルー下地…くすみ女子は今すぐ買いに走って!【Oggi美容エディター発】

マスク生活のせいか、目元のクマや肌のくすみが気になる…。透明感を出すコスメが欲しい。それなら【無印良品】UVベースコントロールカラーがおすすめ。美容エディターとOggi副編集長がお届けするコラム〈美容エディター発・天才“プチプラコスメ”vol.1〉。

色ムラカバーも紫外線カットも、メイクのもちまで高めちゃう!
一石三鳥の下地はマスク時代の救世主

コロナ禍でコスメのテスターが試せない今、新しいコスメ選びに迷っている人も多いのでは? そこで日頃から「本当にいいコスメとは、コスパの高さにあり」と豪語する美容エディターE&Oggi副編集長Sが、手に取りやすくて本当に使える“プチプラコスメ”を厳選してご紹介。値段がかわいいだけではなく、働く女性が格段にキレイになれるアイテムについて語ります!

第一回はこちらのアイテム!

◆無印良品|UVベースコントロールカラーブルー SPF50+・PA+++

▲無印良品|UVベースコントロールカラーブルー SPF50+・PA+++ 30ml ¥864(問・無印良品銀座/03-3538-1311)

美容エディターE(以下、E):マスク顔がデフォルトになってきているけれど、マスクをしていると目元のクマや肌のくすみが気にならない?

Oggi副編集長S(以下、S):わかる! マスクの白さと肌色のトーンがケンカするよね。かと言って、コンシーラーやファンデーションを重ねてカバーすると、マスクで蒸れてヨレやすくなっちゃうしね。

E:それで最近、透明感を出すコントロールカラーを見直そうとリサーチしてみたの。そうしたら、【無印良品】のUVベースコントロールカラーが大ヒットしているんだって!

S:へぇー。シンプルなパッケージでおしゃれ。

E:ブルー、ピンク、イエロー、パープル、パールの5色あるんだけど、ダントツで人気なのはブルーだそう!

S:ブルー!? 色名を聞いただけだとちょっとびっくりしたけど、キレイなペールブルーだね。

E:このブルーは、特に黄ぐすみや茶グマのカバーに優れたカラーみたい。

S:なるほど…。今まで、下地といえばピンクで血色を出すのが鉄板、と思い込んでいたけれど、ブルーにトライしてみるのもいいかも。この値段なら、さくっと試せるよね。

E:見てみて、この左右差! 何も塗っていない右手は黄みが目立つけれど、この下地を塗った左手は透明感がすごい!

S:本当だ! まったく白浮きしていないところもすばらしい。

E:パール粒くらいの大きさしか塗ってないのに片手が全部カバーできるほど伸びもいいし。薄づきでここまで透明感が高いのはうれしいね。2番目に人気のカラーの2倍以上売れているんだって。

S:ダントツ人気なのも納得の透明感だね。ここまできちんとカバーしてくれるならファンデーションも軽く済ませられて、厚塗りによるヨレも防げそう。あと、伸ばし終わると肌の表面がサラッとするから、メイクのもちも良さそう!

E:しかもね、夏に頼もしいSPF50+・PA+++なの。

S:数値の高い日焼け止め特有のきしみ感はまったくないのに!

E:カミツレ花エキスやシア脂といった植物性のうるおい成分が入っているからね。しかも、無香料無鉱物油パラベンフリーアルコールフリー紫外線吸収剤フリー

S:これで税込でも¥1,000でお釣りが来るなんて、優秀すぎる!

E:そう。まさに今、マスク顔でくすみやメイク崩れが気になるなら、買わない手はないかと!

構成/越後有希子 撮影協力/篠崎舞、佐藤恵理

美容エディターE

コスメの中味とコスパのバランスに厳しくも愛あるジャッジはピカイチ。ナチュラルコスメやオーガニックコスメにも詳しい。

Oggi副編集長S

美容担当の編集者として約10年の経験から、プチプラコスメから百貨店ブランドまで、あらゆるコスメをお試し。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「スーツが得意なブランドのジャケットがすごい!」P160に掲載のジャケットのブランド表記に誤りがありました。正しくは、左のジャケットが「ホワイト ザ・スーツカンパニー」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature