Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 【ロハコ】ただの水? いいえ、持ってると必ず「それどこの?」と聞かれます♡

LIFESTYLE

2020.06.17

【ロハコ】ただの水? いいえ、持ってると必ず「それどこの?」と聞かれます♡

2019年度グッドデザイン賞受賞! 「LOHACO Water 410ml」についてご紹介。

【ロハコ】水を買うならこれに決まり!

水分を持ち歩くことが増えるこれからの時期。いままで水やミネラルウォーターなんてどれも大差ないだろうと思っていました。

そんなか、最近、日用品を買う際によく利用しているロハコにて、「LOHACO Water 410ml」なる商品を発見。口コミを見る限り、そのデザイン性や使い勝手の良さを称賛する声がずらり。

さらになんと2019年度グッドデザイン賞受賞とのこと。水でグッドデザイン賞……!? それは気にならずにはいられない! ということで、さっそく入手してみることに。

いざ商品が届き段ボールを開けると、採水地そばの四阿山をモチーフにしたという素敵なケースがお目見え♡

▲アスクル LOHACO Water 410ml 1箱(20本入)/¥1,370(税込み)

ふた部分にはミシン目で取っ手が付いているから、取り出す際もスムーズ! さらにコンパクトだからケースごと保管しやすいうえ、ボトルは一本ずつ取り出せる構造になっています。

▲先に開封してしまったため、画像はロハコのサイトから。

そして肝心の水がこちら。

これは……。さすがグッドデザイン賞を受賞しただけのもの。市販の水の概念を覆すようなパッケージ。

まず、ラベルレスなところ。通常、市販のペットボトルって商品名などが記載されたラベルが貼ってありますが、ラベルがないので、捨てるときにはがす手間が省けます。またその分、プラスチックごみの削減にも。

そしてキャップのブラックが際立つほどの無彩色な色使い。余計な色は一切使わず、凹凸によって表現されたモチーフがアクセントに。

モチーフは、滝・雫・霧・雪の4種類8柄のデザイン。採水地の自然豊かな嬬恋村をイメージしたそう!

写真だとこの美しさが伝わりづらいのが残念。でもそれくらいさりげないところもポイントなのです♡ 八角形のすっきりしたフォルムも素敵!

容量は、410mlとちょうどいい飲み切りサイズ。携帯してもかさばらないから、ジムや散歩などに行くときにも便利!

たかが水、されど水。エコバッグに入れて持ち歩くだけで、気分が上がります♡

……と、どこをとっても、非の打ち所がないデザイン性。

調べてみると、スウェーデンのデザイナー集団「ストックホルム・デザイン・ラボ」とのコラボによって生まれた商品なのだそう。どことなく北欧っぽい印象を受けるのも納得です!

味は、飲んでみると、口当たりがまろやかで飲みやすい! 硬度19mg/Lの軟水で、安全性にもこだわっているそう。飲用はもちろん、料理に使っても良さそうです。

ちなみに口コミを調べた際、「持っていると、『それどこの水?』と聞かれることが多い」という口コミがちらほら。私も試しに家族の視界に入るように置いておいたところ、「これ水? おしゃれ! どうしたの?」と聞かれました(笑)。

ロハコ

文/川原莉奈


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.23

編集部のおすすめ Recommended

Feature