Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 先輩インタビュー
  4. 日本とドイツを行き来して活躍中! MANABICA代表【池原真佐子さん】から学ぶしなやかな生き方

WORK

2020.05.09

日本とドイツを行き来して活躍中! MANABICA代表【池原真佐子さん】から学ぶしなやかな生き方

「素敵」と感じる女性たちは、仕事だけでなく、おしゃれや生き方にもぶれない物差しを持っています。今回は「MANABICA」代表・池原真佐子さんから、しなやかに生きるヒントを学びます!

日本とドイツを行き来して自分らしく働く【池原真佐子さん】

「多様な時代だからこそ、洋服選びも人生も信念をもっていたい」

「MANABICIA」代表 池原真佐子さん
1981年生まれ。NGOなどでのインターンを経て、PR会社、NPO、コンサルティング会社で勤務。並行してINSEADにてコーチング・組織心理学の修士取得。2014年にコーチングを柱とする「MANABICIA(マナビシア)」を設立。2018年には女性に特化した社外メンター育成・マッチングの新規事業を立ち上げた。

女性が働きやすい環境でファッションも楽しめる時代に

「33歳で起業して、その辺りから洋服選びも今までと変わりました。好きな服であることに加えて、自分のビジネスの思想を表現できるものを選ぶようになって。素敵だなと思う服の中でも、より自分の意志が伝わるような、相手の印象に残るコーディネートを意識しています」

社外メンターを通じて、女性が働きやすい社会になったらいいという思いで2年前に新規事業を始めた。そんな池原さんは、パートナーの海外赴任に伴い、育児をしながら、日本とドイツを行き来する生活を送っている。

「ドイツで働く女性って、あまりヒールを履いていないんです。ビシッとスーツで決めても、足元はスニーカーだだったり。それでもきちんと感があって、おしゃれです。女性の働き方や生き方にもリンクしていて合理的だと思いますし、女性が自由でラクに働けるファッションを楽しみたいですね」

Oggi編集部は見た♡ 池原さんのココがかっこいい!

1|意志のある洋服選びをしている

「私の憧れの女性で、ブランドプロデューサーの柴田陽子さんが手がけるファッションブランド〝BORDERS AT BALCONY〟を愛用中。メイン画像のジャンプスーツも上の写真も同じブランドです」

2|変化や失敗をプラスに切り替えられる

「安心感を与えられる人って、きちんと失敗を積み重ねている人です。全力でやるから失敗もあるので、その経験は貴重。チャンスが来たら迷わず乗れるように準備をしていたいですね」

3|ひとりの時間を大切にしている

「基本、ひとりが好きな人が好きだし、自分もひとりでいることが好き。喫茶店でひとり読書する時間は至福のとき。人って〝陰〟と〝陽〟があると思うので、その〝陰〟を整える感じ。ひとり焼肉も好きです(笑)」

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。
●この特集で使用した私物は、現在お取り扱いがない場合もございますのでご了承ください。

2020年Oggi5月号「こんなふうに今っぽく、かっこよく生きたい!」より
撮影/福本和洋(TAKMI) ヘア&メイク/工藤由佳(Un ami) 構成/宮田典子(HATSU)
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.08.14

編集部のおすすめ Recommended

Feature