Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マネー
  4. 手取り約55万・仮想通貨で400万利益! 新しいもの即実践で1000万貯金を目指して

WORK

2020.01.15

手取り約55万・仮想通貨で400万利益! 新しいもの即実践で1000万貯金を目指して

読者のリアル通帳を見ながら、コラムニスト兼ファイナンシャルプランナーの西山美紀さんがマネーセンスの磨きかたを指南するOggi本誌の人気連載。今回は、ネット広告会社勤務U子さん(28歳)の通帳をご紹介。

ネット広告会社勤務U子さん(28歳)の場合

(c)Shutterstock.com

U子さんDATA

職歴:ネット広告の会社に就職。2社目となる現在の会社は2月に転職したばかり。職種は営業。
手取り給与:52~57万円(副業は別)
住まい:都内でひとり暮らし

預金総額
普通預金:約46万円
積立定期:約240万円
株式投資:約380万円
TOTAL:約666万円

U子さんの通帳は、こんな感じ!

1|副業収入
晴れた日の空き時間にはUberEatsの配達員をする(報酬は週単位)。この週は少なめだが、平均して月約2万円の収入になる。自転車で配達する時間が、「ジム代わり」で「いいお小遣い」。

2|クレジットカード支払い
エポスカードは、家賃(20万円)や携帯代・光熱費・生命保険などの固定費と洋服代に。三井住友カードはヨガ・ネイル・脱毛・歯列矯正などのセルフメンテナンス代に。この月は支払いが重なり、多かった。

3|積立口座へ
給料アップした社会人2年目から、月10万円を積み立て。投資や旅行で引き出したので現在は約240万円だが、今後は結婚資金として使わず貯めていく。目標は「30歳までに1000万円」。

(c)Shutterstock.com

節税も投資も副業も、新しいものを即実践!

「入社2年目で給料が飛躍したのはうれしかったけど、引かれる税金の多さにギョッとして、節税と投資を考え始めました。翌年からは株式投資を始め、ふるさと納税や医療費控除は最大限活用してます。仮想通貨で400万円利益を出したこともあったけど、半分は税金で引かれ、残りは年末年始のハワイ旅行(80万円)と歯列矯正(20万円)に使いました」

その原動力は「新しいもの・欲しいものはガマンしたくない!」自分のアンテナに引っかかるものを次々実践し、楽しいことを増やしていくのみ。最近はクレジットカードをANAマイル連携に変更し、友人とフードワゴンの経営計画を立てた。「とんとん拍子に話が進み、来月には第1号店を始められるかも! 会社は好きだけど、そこで偉くなるより、こっちのほうが私には向いてるみたいです(笑)」

西山美紀さんが指南! マネーセンスを磨くアドバイス

(c)Shutterstock.com

貯蓄とチャレンジの積み重ねで更なる飛躍を

高収入だと生活費が膨らんで貯蓄ができない人も多いですが、配達員で運動と副収入を兼ね、月10万円の積み立てや株式、節税などのメリハリが素晴しい!

積み立てを続けつつ、月1万円程で世界株に投資するような「つみたてNISA」を始めても。相場の上がり下がりがあるので、10年以上の長い目で継続を。

住居費は、手取り月収の3割未満が目安。固定費なので、あまりに多いと自由に使えるお金や貯蓄が減るからです。U子さんは家賃20万円で手取りの4割近く。ただ、貯蓄ができているし、東京は家賃が高く、女性はセキュリティも重視したいので、今すぐ抑えなくてOK。次回引っ越しの際に意識してみてください。

先に貯め、好きなものにお金をしっかり使う点も秀逸。その好循環がお店を出すチャレンジへと繫るのですね!

Oggi2019年9月号「お金に困らない女になる!」より
文/南 ゆかり、西山美紀 デザイン/マミアナグラフィックス 構成/宮田典子(HATSU)
再構成/Oggi.jp編集部

TOP画像/(c)Shutterstock.com

西山美紀(にしやま・みき)

コラムニスト・ファイナンシャルプランナ Profileー。All About貯蓄ガイド担当。著書に『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎リンケージ)。「日々を楽しみ、無理なくお金も幸せも貯まるコツをお伝えします」

南 ゆかり(みなみ・ゆかり)

フリーエディター・ライター。このコーナー連載15年目(!)にして、お金指南が加わり大幅パワーアップ! 自分の通帳を公開したいという方は、こちらのメールアドレスへご応募ください。年齢・お仕事・お金のこだわりと悩みも書いてくださいね。oggi@shogakukan.co.jp


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.02.27

編集部のおすすめ Recommended

Feature