Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 帰省土産【グマイナー】の焼き菓子を♡ センスがいいと褒められまくり!<手土産姉ちゃん>

LIFESTYLE

2019.12.26

帰省土産【グマイナー】の焼き菓子を♡ センスがいいと褒められまくり!<手土産姉ちゃん>

可愛いパッケージを開けると可愛いお菓子たち… 手土産に喜ばれる「グマイナー」の焼き菓子を紹介します! 20年来、週3回以上はデパ地下に通い続けるマニア・手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子さんによるおすすめ手土産ブログ。

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

可愛い美味しいが止まらない!「グマイナー」の焼き菓子

こんにちは、手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子です。早速、年末年始の帰省土産でおすすめしたいのが、グマイナーの焼き菓子です! 渋谷スクランブルスクエアで買えちゃうんです。パステルカラーのパッケージが可愛い♡ 見た目だけでなく味も本当に美味!

グマイナーはドイツの老舗菓子店なのですが、今までも日本各地の有名デパートに出店していたのですが、渋谷のスクランブルスクエアの出店に合わせて定番の“バウムクーヘン” と“テーゲベック”(ドイツ風ビスケットの詰め合わせ)をリニューアルしてバージョンアップしたそう。

そんな気合が入ったお菓子ならぜひ、きっかけになった渋谷スクランブルスクエアで買わねば! と思い行ってきました。

今回はリニューアルした“バウムクーヘン”“テーゲベック”の他に渋谷スクランブルスクエア限定で販売している甘くないクッキー“Plätzchen(プレッツヒェン)”の3種類をご紹介しちゃいます!

◆バウムヴェレ

▲5個入り ¥1,080(税込)

まず最初はバウムヴェレ(バウムクーヘン)。私は今回カットされていて個包装になっているものを購入。円柱状の大きいサイズもあるので用途に合わせて選んでくださいね!

パッケージはこんな感じ。包装紙は清潔感のある白でパステルピンクの紙袋とリボンもかわいい♡

包装紙を開けるとピンクと白のストライプの箱が!

中身はこんな感じ。フリル状にかわいくカットされています。大きさは小ぶりで食べやすい♪

生クリームが生地に入っていてきめ細かくしっとりしており優しい口当たり。口の中にはバターとバニラの香りが広がり、味はどちらかと言うと少し甘めです。しっとり系のバウムクーヘンがお好きな方にはオススメです!

◆テーゲベック

▲9種類13個入り ¥1,080(税込)

そして次は、可愛らしい見た目でどれを食べようか悩んでしまうドイツの伝統的なビスケットの詰め合わせのテーゲベック。

箱もピンクと白のストライプでかわいい♡

私のお気に入りは上段・左のバニラ入りのビスケットにベリーのジャムがサンドしてある「ヒルダブレートレ」、下段・右のバニラの香りがたまらない三日月形のビスケット「ヴァニレキプフェル」です! どれも柔らかく優しい口当たりで紅茶に合います。

◆プレッツヒェン

▲8個入り ¥1,080(税込)

そして最後は、渋谷スクランブルスクエア限定発売のパルメザンチーズとバターをたっぷり使用した甘くないクッキー、Plätzchen(プレッツヒェン)です。2020年3月31日(火)までの期間限定商品なので一層特別感もありますよ!

丸いパッケージはスクランブル交差点をモチーフにしたそう。個包装になっているのも嬉しい♪

サクっと軽やかな食感のクッキーは、チーズのコクとオニオンのうま味が凝縮されていて、所々で感じる岩塩の塩っ気と食感がたまりません。ビールやワインのおつまみにも良さそうだし、甘いものが苦手な方へのお土産にも喜んでもらえそう。

本格的なドイツ菓子で意外ともらう機会も少ないのでいつもと少し違ったものを探している方にはオススメです! プチギフトサイズから沢山入っているものまで色々あるので用途に合わせて選んでみてくださいね♪

【詳細】
・バウムヴェレ:5個入り ¥1,080(税込)、10個入り ¥2,160(税込)、15個入り ¥3,240(税込)

・テーゲベック:9種13個 ¥1,080(税込)、10種25個 ¥1,944(税込)、10種32個 ¥2,592(税込)、10種56個 ¥3,888(税込) ※缶入り

・Plätzchen(プレッツヒェン) チーズ&オニオン:8個入り ¥1,080(税込)

渋谷スクランブルスクエアの他、札幌三越、東武百貨店船橋店、日本橋高島屋 S.C.、新宿高島屋、玉川高島屋、大丸梅田店、福岡三越でも購入可能です。

グマイナー

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature