Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 「責任を免れる」を正しく読める? “まぬがれる”は間違い?

WORK

2019.12.13

「責任を免れる」を正しく読める? “まぬがれる”は間違い?

小学館の国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識を自己点検! 「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるステキな女性を目指しましょう♡ 今回ピックするのは、「責任を免れる」の読み方について。

「責任を免れる」を正しく読める?

同期からLINEで「Rさんは、上司のくせに責任を免れようとばかりするの!」と怒りのLINEが届きました。

さて、この“責任を免れる”を、正しく読むことはできますか。

【問題】
「責任を免れる」あなたは、どちらで読みますか?

1. まぬかれる

2. まぬがれる

正解は?

責任を免れる
(c)Shutterstock.com
はてな
(c)Shutterstock.com

どちらで読んでも正解!

スマホやパソコンでは「まぬかれる」「まぬがれる」のいずれでも「免れる」の変換候補が出ます。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では63%が「まぬがれる」を選択していました(2019年12月5日現在)。

まぬが・れる【免れる】
《「まぬかれる」とも》身に受けては好ましくないことから逃れる。また、避けてそれにかかわらない。
※    ※
「逃げる」「避ける」と似ていますが、「あるきっかけによって、かかわらずにすむ」というニュアンスを含むことの多い言葉です。
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ことばの総泉挙/デジタル大辞泉


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.01.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号 P.103に掲載のスニーカーのブランド名に誤りがありました。正しくは「SUPERGA」です。お詫びして訂正いたします。

Feature