Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 美肌
  5. シミに効果大!?【朝のレモンウォーター】は、魔法のお水だった♡

BEAUTY

2019.11.10

シミに効果大!?【朝のレモンウォーター】は、魔法のお水だった♡

今回ピックアップするのは、レモンウォーターについて。書籍『モデルがみんな知りたがる 美しくなる食べ方の全知識101』(宝島社・著/Atsushi)より、美しくなる食べ方についてご紹介!

美しい人は「食事」を一番おろそかにしない

仕事に趣味に女子会にデートに……。働く女性の毎日は慌ただしく過ぎていくもの。でも忙しさにかまけて食事をおそろかにしていませんか。

ファッションや美容、食について豊富な知識を持ち、野菜ソムリエでもあるAtsushiさんも、暴飲暴食を繰り替えしていた20代後半は、顔は常にむくんでパンパン。吹き出物も絶えずできて、頻繁に体調を崩していたのだとか。

それが食の知識を増やしていくにつれ、「食事こそが美容の要」だと痛感。栄養価のバランスを考えた食事を心がけることで、驚くほど健康になり、見た目もどんどん若々しくなっていったそう。

そこで今回は、Atsushiさんの新著『モデルがみんな知りたがる 美しくなる食べ方の全知識101』より、美しくなる食べ方についてご紹介します!

朝の「レモンウォーター」は美をつくる魔法の飲み物!

Atsushiさんが長年日課にしていること、それは、目が覚めたらまず大きめのグラスで1杯のレモンウォーターを飲むこと。寝ている間に汗をかいた体にうるおいを与え、胃腸を目覚めさせます。

(c)Shutterstock.com

レモンのビタミンCはコラーゲンの生成をサポートするため美肌効果が期待でき、また免疫力もアップするため風邪予防にも。さらにクエン酸には疲労回復効果、ペクチンには、便秘改善効果、カリウムには利尿効果があり、むくみがスッキリ!

そんないいことづくめのレモンウォーターは、まさに美をつくる〝魔法の水〟。実際にAtsushiさんも毎朝レモンウォーターを飲んでいるからか、海やプールに頻繁に行ってもシミが全然できなくなり、素肌に自信がついたのだとか。

でも、「忙しい朝にレモンウォーターをつくっている時間がない」という方もいるのでは。そんな方にオススメなのが、Atsushiさんが実際に取り入れている方法。

(c)Shutterstock.com

前の晩にレモン1個を皮ごとスライス、ギュッと絞りながら1Lの瓶に入れて、ミネラルウォーターを加えて冷蔵庫へ。翌朝は冷蔵庫から瓶を取り出しグラスに注ぐだけなので、楽チン♪

レモンは日本産無農薬のものを皮ごと使うのがオススメ。果肉よりも皮のほうがビタミンCの含有量が高く、ビタミンCは水溶性で水に溶けやすいので皮のビタミンCも水に溶け出します。

書籍『モデルがみんな知りたがる 美しくなる食べ方の全知識101』は、このほかにもAtsushiさんが自ら学んだ知識を実践し、経験し、効果を感じた101の美しくなる食べ方について紹介されています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

トップ画像/(c)Shutterstock.com

教えてくださったのは… Atsushiさん

「Fashion & LifeStyle producer」、「野菜ソムリエプロ」、「漢方養生指導士初級」

ディーゼル、D&G、ヴェルサーチのPRを経て、フリーランスとして独立。オーストラリアで習得した堪能な英語力、豊かな海外経験を活かし、ファッション業界の第一線で活躍。ファッションの歴史やトレンド、美容、食についても豊富な知識を持つ。

現在はファッション&ライフスタイルプロデューサーとして、ナチュラルスキンケアブランド「abotanical」を立ち上げ、TV、雑誌、イベント、ラジオなどで幅広く活躍中。2016年、漢方養生指導士初級取得、野菜ソムリエ中級の試験に合格し、野菜ソムリエのプロに。

Instagram @atsushi_416

『モデルがみんな知りたがる 美しくなる食べ方の全知識101』(宝島社・著/Atsushi)

「食事」を変えるだけ、誰でも美人に生まれ変われる。

この本を読むだけで、きっと今日からあなたの食べ方、食べ物の選び方が変わる。みちがえるように健康でキレイになれる。
「何を食べるか、何を食べないか。女性は正しい食べ方の知識を増やすだけで、誰でも健康で美しい体になれます」
累計9万部を突破した「3日で2kgやせる魔法のスープ」シリーズで人気のAtsushiが提案する彼が実際にモデルに教えている、女性が知っておきたい美人を作るための「賢い食べ方」が一冊に。


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.02.08

編集部のおすすめ Recommended

Oggi3月号で商品の価格に間違いがありました。99ページ、107ページに掲載の“シシ”のスニーカーの価格は、正しくは¥20,500になります。お詫びして訂正いたします。

Oggiの名前を騙ったECサイトにご注意ください!
Oggiの表紙や掲載写真・文言などを使い、商品を極端に安価に販売している日本語の海外通販サイトの存在を確認しています。小学館やOggiとは一切関係ございませんので、十分にご注意ください。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。