Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 「花ひらくパフェ」と異名をもつ、美しく美味しすぎるぶどうのパフェ

LIFESTYLE

2019.09.24

「花ひらくパフェ」と異名をもつ、美しく美味しすぎるぶどうのパフェ

凝りすぎてて恐ろしい? ショコラコーディネーター®の市川歩美さんがおすすめする、パスカル・ル・ガック東京の秋限定ぶどうパフェを紹介します。

ショコラコーディネーター® 市川歩美

ヴィジュアルと味のレベルが振り切ってる! パスカル・ル・ガックのぶどうパフェ♡

こんにちは。ショコラコーディネーターの市川歩美です。

美しいわ、凝ってて美味しいわ、もはや恐ろしい? パフェがあるんです。溜池山王駅徒歩1分、赤坂駅徒歩5分、あのパスカル・ル・ガックに。10月5日までしかないメニューです。早速、紹介します。

いきなりですが、みなさんは、パフェを食べて、トランス状態になったことはありますか?… ないですよね普通。

でも私は、先日このパフェに向き合い、あまりのことに「な、なにこれ??」とつぶやき、ぶどうワールドの迷宮に入り込んでいってしまいました。場所は、今や、チョコレートが大人気の名店「パスカル・ル・ガック東京」です。

パスカル・ル・ガック東京

このお店では、「花ひらくパフェ」と異名をとる、美しさと美味しさが両立するパフェが大人気。既にチョコファン、パフェファンの間で大きな話題ですが、今回の、問題のパフェはこちら。

パフェ フルーリー レザン

▲パフェ フルーリー レザン 3,000円(税別)※ドリンク付、10月5日までの限定メニュー

季節限定のぶどうパフェです。

今のうちにいっておきますが、この内容でドリンク付3,000円は安すぎです。わかる方にはわかりそうですが、2倍以上のプライスでも余裕でありかも。素材選びと、凝り方が尋常じゃないんです。

◆旬のぶどうがどっさり!

旬の国産ぶどう

▲旬の国産ぶどうがこんなに!

丁寧に下ごしらえをしたぶどうたちがずらり。全11種類が、すべてひとつのグラスに入っているんです。すごい!

全11種類がすべてひとつのグラスに入っている

▲ブドウがジュエリーみたいー(泣)

クリーム

▲お花の真ん中のクリームもすごくおいしい

花びらは、ピスタチオ風味のホワイトチョコレートでできています。宝石箱のようにきれいで、見とれてなかなか食べられないのが悩み。。

パフェ フルーリー レザン

▲花びらをくずして、中に入れたとしてもいつもきれい

<パフェ詳細はこちらを参照してください>

パフェ フルーリー レザン説明

魔法のような調和かも。

例えば、ぶどうにピーナッツ? と思うかもしれませんが、ピタリとマッチします。千葉県産ピーナッツの香り高いアイスやキャラメリゼがぶどうや小さなチーズケーキと混ざるとまた美味しい!

オーブンで6時間焼いて作ったという「自家製のレーズン」もグラスの中を探してみて。美味しくてちょっと膝を叩いちゃう感じです。

ぶどう

▲ふつう、こんなに一度に食べられない・・・

山梨県の生産者を訪ね、最も美味しいものを選んでグラスの中に。食感と風味の違いをよーく噛みしめて、味わってくださいね。

パフェを日本で作るシェフの眞砂さんによると、加工されたものをあわせると、グラスの中に15〜16種類のブドウが入っているそう。さらに全パーツに細かい手間がかかっていて、びっくり。書ききれません! ぶどうとチョコへの情熱と時間がはんぱないです。

パフェ フルーリー レザン

▲しあわせっ

美味しいものへの情熱をコワイくらい感じるぶどうのパフェ。

10月5日までの限定なので急いでくださいね。ぶどうは時期ごとに最もおいしいものが選ばれるので、行くたびに、品種も数も変わります。何度いってもしあわせになれそう。

<注意>
・日曜日は定休日ですから、日曜はうっかり行かないで!
・10月6日からしばらく(来年4月ごろまで)パフェがメニューからなくなるので、パスカル・ル・ガックのパフェを味わっておきたいあなたはぜひ最終日までに。

パスカル・ル・ガック 東京

ショコラコーディネーター® 市川歩美

チョコレートのジャーナリストとして最新のチョコレート情報に精通。

おすすめ・注目のチョコレートの紹介ほか、関連情報を雑誌、テレビ、ラジオ、Webなどのメディアに提供しながら、メディア・チョコレートブランド・消費者をつなぐ、日本唯一のショコラコーディネーター®として活動。

チョコレート愛好家歴は、5才頃から。本格的なチョコレート愛好家歴約30年。フランスの上質なショコラに1990年代前半に出会って以来、「ショコラのある生活」を豊かにするべく、チョコレート関連イベント、トークショーへの出演、テレビ番組、記事の監修、商品企画なども行う。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.19

編集部のおすすめ Recommended

Feature