Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 【赤裸々】夏のワンナイトを経験したアラサー女子たちの秘密のLINE

LOVE

2019.08.04

【赤裸々】夏のワンナイトを経験したアラサー女子たちの秘密のLINE

夏がはじまって間もないこの時期に、やらかしてしまったアラサー女子たちのLINEを公開。フットワークが軽すぎるあまり…。

1:先週の花火大会で… 思わずラブホへ

「先週、都内の花火大会で知り合った男性ワンナイトしました。その日は、女友達2人で花火観賞へ。花火が始まる3時間前から友達と会場近くで飲んでたら「飲みましょう」と、隣席の男性たちから声をかけられたんです。明らかにナンパとわかりましたが、なんでも奢ってくれるということで、その後、花火も一緒にみることに。

花火が始まる20分前、トイレへ行こうと席を立ちました。混んでいたのでトイレ待ちをしていたところ、一緒に飲んでいた男性グループの1人がきて、『花火のあと、2人で会えない?』と。。。予定もなかったので、OKをしてLINEを交換。

花火も終わり、彼と待ち合わせして、居酒屋を探したのですが、どこも満席。すると、彼は「ホテルで飲もう!」と提案してきました。まあHするだろうなと思っていましたが、ついていきました。部屋に入るなり、キスをされて、結局Hをしてしまい、朝を迎えました。

翌日は仕事だったので、すぐに帰宅しましたが、『また会えるかな』と連絡が。。無視していたのですが、ネチネチとしつこくLINEがきたんです。冷静に思い返してみて、相手の人は自分のタイプでもないし、セックスもそれほどだったので昨日ブロックしました」(保険会社勤務/31歳)

LINEトーク

お酒と花火で気分が高揚しちゃったんですね。一夜限りと、こっちが割り切っていても、相手がそうでなかったら、面倒なことになってしまうことも。後悔しちゃう原因を自分でつくらないようにしないと、ですね。

2:海で出会ったイケメンと♡ 女友達の反応は…

ナンパされたイケメンとHしてしまいました。去年も行った海の海開に女友達を誘いました。私の友達は、可愛くて、声をかけられまくるほどのモテ女。その日もオラオラのイケメンたちがナンパしてきました。

断る理由もなかったので一緒にビーチで遊び、気づけば夕方。喉が乾いて、ジャンケンで負けた人が、飲み物を買ってこようとなり、私とイケメンAが負けて、ふたりで買いに行くことに。

近くのコンビニまで歩いていると、彼から『抜け出さない?』と言ってきて。私もノリよく、首を縦に振り、近くのラブホテルに行きました。心配した友達が鬼のようにLINE連打してきても無視をして、ことを続けてしまい、終わったころには解散してその子は電車に乗って帰るね!(怒) とメッセージが。

以来、その子がよそよそしいのですが、あの日イケメンとHできたからよし! と、私は開き直っています(笑)」(アパレル販売員/28歳)

LINEトーク

男子は好きでない限り、1度Hしてしまうと一気に興味がなくなります。彼女のように期待しすぎず、過ぎたことに固執しないことも、ときには必要かもしれませんね。

3:初めての浮気。その相手はかつてのクラスメイト

「私には、付き合って5年の彼氏がいます。半同棲のような感じで、結婚も視野に入れ、相手の親にも会ったことがある仲。ですが、今年の梅雨、初めて浮気をしてしまいました。発端は、大学時代の旧友に会ったこと。会社の帰り道にばったり出会って、LINE交換。帰宅して、彼氏にも会ったことを報告しました。

その日から旧友と連絡をとっているうちに、近くに住んでいることが判明! 仕事帰りに食事に行くことに。最近の話や、懐かしい大学の話まで盛り上がり、『あのとき、好きだったんだよね』と告白も!?

実は学生時代、わたしもいいなと思ってたので告白は嬉しかったけれど、今は彼氏もいるし、『ありがとう』とだけ伝えました。それでもその男性は、引き下がらず、『今夜どう?』的なニュアンスを出してきて、断れずHをしてしまったんです。

終わったあと、すぐに彼氏の顔を思い出してしまって、どうしよう… と気分もダダ下がり。即タクシーに乗って帰宅しました。彼氏にも旧友と会うと伝えていたので、怪しまれないか不安な思いでいると、その旧友から『気持ちよかったよ。また!』というメッセージが。

字面で見る『気持ちよかったよ』が気持ち悪すぎて… もう二度と浮気はしないと決めました。彼氏にも言えない秘密です」(メーカー勤務/29歳)

LINEトーク

大学時代の旧友に会って、そのままワンナイト。エディターKも経験があります。盛り上がりますよね。ですが、彼女は「結婚」を視野に入れている身。状況が悪すぎました。結婚してないから、という理由で近づいてくる男子もいることを忘れずに。

ビアガーデンや海などに外に出かけることも多くなる夏。素敵な思い出ばかりになるといいですね!


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.15

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature