Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. ドSな彼氏… 調教じみたオラオラLINEに悶える、OLたち<社内恋愛&社内不倫のリアル>

LOVE

2019.07.28

ドSな彼氏… 調教じみたオラオラLINEに悶える、OLたち<社内恋愛&社内不倫のリアル>

ドS男子にハマるOLたちが、今回特別にLINEを見せてくれました。通知が来るたびにときめいている、女子たちのリアルをお見せします。

1:黙ってついてくればいいんだよ

「ワンフロア上のイケメン社員がとにかくドS。LINEを交換し始めてから、毎回冷たい態度の内容が届きます。付き合ってないけれど、彼のことが気になりすぎて、一度勇気を出して、ご飯に誘ってみました。すると、『別に行ってもいいよ』と、どっちつかずの返信。

ご飯当日になって、食事をしていると、何かと優しい。。え、LINEの内容と全然違うんだけど! モヤモヤして頭が回らなくなって、気づいたらお酒も結構飲んでいました。結局泥酔してしまい、結局彼とワンナイト

翌朝、急に恥ずかしくなって、私どうしたらいいかな? とLINEすると、『黙ってついてくればいいんだよ』と一言。彼の強気なひと言に即答で「はい!」と返信しました。付き合ってるのか、付き合っていないのかわからないけれど、私は彼に夢中です」(商社/28歳)

LINEトーク

まさにギャップ萌え。字面の冷たい感じとプライベートで見せる優しさ。イケメンだと尚更ハマってしまうかもしれませんね。彼女にはどうかお付き合いまで発展させて欲しいですね。

2:部屋に来い

職場の男性社員と不倫中です。この関係になったのは、あるプロジェクトで一緒になって、徹夜作業が続いて、私が体調を壊したときからでした。自宅で寝込んでいると『無理させてたな、ごめんな』とLINEが届いて、『私こそ申し訳ありません。お詫びさせてください』と返信。すると『じゃあ今から家行くわ』と強引なメッセージが来て。

彼は結婚しているし、これは絶対によくないと思いながらも、あまりに強引だったもので住所を教えてしまい、ひと晩看病されることになりました。食事も作ってくれたし、本当に助かったんだけど、問題はそれから。彼の布団を用意しようとベットから起き上がると、いきなりキスをされました。最後までは至らなかったんだけど、その後も定期的に会って行くうちに、不倫関係に。

Mっ気体質の私が、オラオラな彼の性格に引き込まれ、今では『〇〇ホテル、202号。部屋に来い』と冷たくされても、行っちゃうようになりました。彼の魅力にどんどんハマっていく自分が怖いです。」(建設会社/30歳)

LINEトーク

同じプロジェクトで一緒になって、付き合うor不倫関係に。よく聞きますよね。秘密の関係だけれど、同僚や誰かに相談すると、不倫関係は終われるかもしれませんね。

3:俺のことだけ見てろよ

「品行方正で、誰にでも優しく、みんなから慕われているイケメン後輩くん(既婚)。ある日、会社の飲み会で、終電がなくなり、帰る方面も一緒ということで、相乗りしました。酔っていたので車内で寝ていると、気づいたらラブホテル前

そこから記憶が曖昧なのですが、Hをしてしまったよう。あんなに礼儀正しい子が、なんで!? と思って、問い詰めると、『本当は好きだったんです』と。いやいや、結婚してるよね、とダメじゃん。イケメンだけど…そういうところはだらしないんだな、と冷めて即帰宅

それから何度も連絡が来て、無視していたんですが、なんだかその日は、仕事でミスも続いていたので、お酒を飲みたかったしついて行きました。ひたすら前回のことを謝られ、仕方なしに許したんです。お酒も進んで、私の仕事の悩みを聞いてもらってるうちに、今度はだんだん、私がその気分になって来ちゃって。。

ダメだと思いつつ、結局またHをしてしまい、今に至るまで続いています。あっちの思うつぼですよね。この関係もだんだん立場も逆転していって、『いつか離婚するから、俺のことだけ見てろよ』とLINEが。手のひらで転がされてるとわかっていながら、社内での立場と個人の立場のギャップにいつもドキドキしています。」(IT関係/32歳)

LINEトーク

結婚しているイケメン後輩くん、魅力的なワードです。立場が逆転しているとなると、仕事にも影響が出そう…。深い関係になる前に、早めに関係を絶った方が良さそうです。

結婚しているからといって、油断は禁物! 女性のスキをいつでも狙っていると思って、接すると良いのかも…。みなさん、気をつけてー!


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature