【食べても罪悪感が少ない夜食】2位「お茶漬け」では1位は?<男女3827人調査> | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 【食べても罪悪感が少ない夜食】2位「お茶漬け」では1位は?<男女3827人調査>

LIFESTYLE

2019.01.16

【食べても罪悪感が少ない夜食】2位「お茶漬け」では1位は?<男女3827人調査>

ポッカサッポロフード&ビバレッジが“夜食を食べる”20〜59歳の男女800人に「夜食の喫食状況」について実態調査を実施。どのくらいの人が夜食を食べているのでしょうか?

最も夜食を食べる季節は「冬」! 何を食べたくなる?

◆半数以上が「夜食」を食べている

まず、20~59歳の男女3827人に「自宅で夜食を食べる頻度」を聞いてみると、「ほぼ毎日」(15.8%)が最も多い回答に。頻度の回答を合計すると、56.6%が夜食を食べていることになります。

自宅で食べる頻度 結果グラフ

以下、3827名の中から1ヶ月に1回程度以上自宅で夜食を食べると回答した800名に対し実施した調査結果を紹介します。

◆夜食を食べたくなるのは「夕飯が少なかった・夕飯を食べなかった」とき

夜食として食べるものでは、「お菓子」(51.1%)、「麺類」(34.4%)、「スープ類」(31.4%)という順に挙がりました。年代で比較すると、20代と40代は第2位に「スープ類」がランクイン。

自宅でよく食べる夜食 結果グラフ

また、夜食を食べたくなるシーン・タイミングは「夕飯が少なかった・夕飯を食べなかったとき」(42.8%)が最も多く、「夜遅く帰ってきたとき(飲み会・残業以外)」(27.6%)、「趣味や娯楽で遅くなったとき」(21.4%)、「残業から帰ってきたとき」(19.0%)が続きました。

◆1年で最も夜食を食べる季節は「冬」

1年で最も夜食を食べる季節を質問したところ、46.9%が「冬」と回答。約半数が冬に夜食を食べたくなるそうです。

最も夜食を食べる季節 結果グラフ

冬に食べたくなる夜食では、「スープ類」(62.1%)、「麺類」(39.4%)、「中華まん」(27.3%)が挙がりました。

◆食べても罪悪感が少ない夜食といえば?

罪悪感が少ないと感じる夜食 結果グラフ

調査結果では、第1位「スープ類」(52.1%)、第2位「お茶漬け」(14.5%)、第3位「麺類」(14.4%)。「スープ類」は、「お茶漬け」と37.6%の差をつける結果となりました。

夜食メニューに悩んだときは「スープ類」を選ぶといいのかもしれませんね。

調査/ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.26

編集部のおすすめ Recommended

Feature