Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. カジュアルコーデ
  5. フェスに着ていきたい服装23選【2020】普段着としてもおしゃれ♡ おすすめの帽子・レギンス・雨の日コーデ

FASHION

2020.06.06

フェスに着ていきたい服装23選【2020】普段着としてもおしゃれ♡ おすすめの帽子・レギンス・雨の日コーデ

今回はレディース向けにフェスにおすすめの服装をご紹介。コロナの影響でフェスの延期や中止が相次いでいるけれど、いつ再開してもいいように、アクティブに過ごせる着こなしを幅広くピックアップ。シーンに合わせた服装を見つけて。

【目次】
一日中歩いても大丈夫! フェスを満喫する服装のポイント
炎天下でのフェスの服装は帽子がマスト
レギンスを使ったフェスの服装で軽やかに
これで快適! 雨フェスに負けない服装
おしゃれも大事♪ 女子っぽいフェスの服装
最後に

一日中歩いても大丈夫! フェスを満喫する服装のポイント

アクティブに過ごしたいフェスの日は、どんな服装が正解? 屋外では暑さによる熱中症や日焼けも心配だし、一日歩き回るから動きやすく疲れない服装にも気をつけたい。そのほか、気をつけるべきポイントをチェックして。

□ 熱中症&日焼け防止には帽子を持っていこう
□ ほどよくフィットするレギンスが今人気
□ 雨の日に備えて薄軽アウターを用意しておくと◎

炎天下でのフェスの服装は帽子がマスト

日差しが強いフェスでは、熱中症予防のためにも帽子はマスト。また、帽子があると髪の毛をひとまとめにすれば涼しげに、ダウンスタイルに帽子を被れば髪の毛がボサボサにならずに、きれいをキープできるのもうれしい。帽子コーデで定番カジュアルをアップデートして。

【1】黒キャップ×グレーロゴTシャツ

すっきりと気持ちのよい天気のフェス日和。太陽の下で映えるピンクパープルのスカートを主役に、ロゴTシャツと黒キャップ、スニーカーでカジュアルに。

天気のいい日はロゴT×スニーカーでアクティブに!

【2】黒キャップ×黒ニット

Tシャツ的ボックスシルエットで体の線を拾いすぎない半そでの黒ニットと合わせてスタイルアップを狙う。パンツはウエストゴムでコンフォータブル&きれいめな細身クロップドをチョイス。

パンツでもスカートでも!【スニーカーを履く日】のコーディネート見本帳5

【3】黒キャップ×ブラウンニット

ロングヘアにキャップをかぶるなら、パーマ風にしっかり巻いた髪をまとめるのがベスト。スポーティになりすぎず女性らしく、なおかつボーイッシュに仕上がる。

簡単におしゃれ見え♪ 色んな種類の帽子の【被り方】×【ヘアスタイル】

【4】ベージュ帽子×グレーTシャツ

パンツは足さばきがよくて、抜け感の出るクロップド丈をチョイス。グレーのTシャツはそで口の生地がしっかりとしており、へたらず美シルエットに。

彼の友達とBBQ! 動きやすいパンツで率先してお手伝い♪

【5】グレーキャップ×黒カットソー

動いてもはだけない・疲れにくい・汚れが目立たない上下黒に帽子のコーデ。アクティブに動き回りたい時はミニマムな洋服で。

ファッションディレクター野尻美穂の【音楽フェス必須アイテム】はコレ!

【6】ネイビーキャップ×黒Tシャツ

ほんの少し透け感のあるラフで上質な黒のTシャツ。シルクのショートパンツやキャップ、ヴィンテージの「VANS」が海で過ごす休日の相棒。少年気分を女っぽい素材感で楽しみたい人に。

定番【黒Tシャツ】はこの夏「ゆるくて優しい」が気分|矢野未希子のシネマティック・シンプル

【7】ベージュキャップ×黒ノースリーブ

ベーシック色×適度な肌見せのシンプルな着こなしに、インパクトのあるバングルでアクセントを。キャッチーな帽子も使って、フェスを満喫して!

スマホひとつで【夏フェス】へGO! 便利でキャッチーなスマホケース&アプリ

【8】ベージュキャップ×黒カットソー

ドレープの効いた黒カットソーに、とろみ素材のセンタープレスパンツの黒コーデを、白のカジュアル小物とネイビーシャツの腰巻きで軽快な印象に。

ストラップバッグをお供に休日ワークアウト♪

【9】カンカン帽子×白Tシャツ

白Tシャツとデニムの超定番カジュアルスタイルに、深めで落ち着いたカラーリングのカンカン帽を合わせれば、ただのカジュアルで終わらせない大人のコーデに格上げ。

金子綾の “It…”|Whim Gazetteで購入したカンカン帽

レギンスを使ったフェスの服装で軽やかに

移動が多いフェスでは、動きやすさとおしゃれが両方叶うレギンスが重宝する。体のラインを拾わないゆるめトップスや、すとんと着られるワンピースと合わせれば、キュッと細い脚を強調できるメリハリコーデでこなれた印象に。

【1】黒ワンピース×グレーレギンス

【1】黒ワンピース×グレーレギンス

すとんと着られるノースリーブの黒ワンピースはレギンス合わせでこなれた着こなしに。裾にスリットが入ったワンピースだから、足さばきもよく、旬のレギンスとのレイヤードとぴったり。

旬の「ワンピ×レギンス」合わせで、こなれた週末アレンジ♡

【2】黒レギンス×グレーカットソー

フェスにもはいていきたい流行のレギンス。大人が満足するしっかりしたつくりがさすが〝Theory〟。ゆるりとしたカットソーを重ねて、パンツのスキニーシルエットを強調して。

この秋大ブレイクのレギンスはTheoryの美脚ライン&サイドジップで

【3】黒レギンス×白Tシャツ

ストレートのレギンスは腰から足首までのIラインをキレイに作ってくれるので、トップスに何を持ってきても、基本キレイな黄金比に。

【モノトーン】を着る。|吉田なぎ沙の海外移住日記

これで快適! 雨フェスに負けない服装

屋外のフェスでは、突然の雨に見舞われることもしばしば…。もともと濡れてもよい服を着ていたとしても、濡れたままでは気持ち悪いし、風邪をひく原因にもなるので、必要最低限の雨対策は必要。軽めのアウターやウォッシャブル系のアウターがあると便利。

【1】白ウォッシャブルレザーブルゾン×黒オールインワン

【1】白ウォッシャブルレザーブルゾン×黒オールインワン

キャミソールタイプのオールインワンは、スポーティな白ブルゾンを合わせたカジュアルコーデ。家庭用洗濯機で洗えるウォッシャブルレザーなので、多少の雨や汚れもを気にせず使える。

おしゃれプロが教える! 雨の日限定のとっておきアイテム4

【2】黒パーカー×チノパン

感度女子にフーディーが復活。大きめサイズを選んで、抜き襟で着るのがキュートに着こなすポイント。ボルドーのタンクやターバンなどの小物で女らしさを効かせて。

【大人のChampion|チャンピオン】ブラックパーカーは大きめのサイズ感が重要

【3】ネイビーウィンドブレーカー×デニムパンツ

普段のサイズ感より少し大きめに作られているウィンドブレーカーは、大きめにゆったり着るのが◎。雨のフェスでもこれ一枚で快適に。

おしゃれで高機能三拍子!【ウィンドブレーカー】のすすめ|吉田なぎ沙の海外移住日記

【4】黒防水コート×グレーパンツ

雨に濡れた体が冷える前にストールをひと巻き。薄い生地だからバッグにもINできるし、巻いたときもサマになる! ぐずついた天気のフェスはハッとするトマトレッドのブラウスが際立たせて。

雨予報の日は撥水加工のアウターで|気温27℃

おしゃれも大事♪ 女子っぽいフェスの服装

デートや友達未満の彼とフェスに行くときは、女子らしさをワンピースやスカートに託して。夏らしくきれい色のスカートや小物、軽やかなシャツワンピースなど、動きやすいけれどおしゃれ見えする服装でまとめるとうまくいきます。

【1】ピンクスカート×白ハイテクスニーカー

【1】ピンクスカート×白ハイテクスニーカー

きれいめスタイルにも映えるエレガントなローズピンクのパネルタイト。ピンクスカートは白ハイテクでクールに振って、こなれたモードカジュアルでフェスへGO!

ローズピンクは小物使いでモードカジュアル方向に

【2】花柄ワンピース×黒ニット×ワイドパンツ

花柄ワンピースをアウターとしては羽織れば、旬アイテムらしく着映え力は抜群。インナーは黒ニットでカラーをリンクさせれば合わせやすい。ボトムスはクロップド丈のワイドパンツで軽快に。

【朝忙しい日の時短コーデ】羽織るだけで即、旬コーデに導いてくれる花柄をチョイス

【3】ベージュシャツワンピース×黒太ベルト

1枚でさまになるシャツワンピースに太ベルトを巻いてスタイルアップを図って。黒小物をちりばめるとコーデが引き締まってきちんと感も出る。

【2泊3日旅コーデ】インスタ映えするシャツワンピ×太ベルトはコレ!

【4】チュニックワンピース×ショートパンツ

チュニックワンピース×ショートパンツ

羽織るだけで着映えする長めのチュニックワンピースは、シンプルなTシャツやサンドカラーがなじみやすいショートパンツのようなシンプルアイテムを合わせるのが◎。チュニックのゆるシルエットでリラックス感のあるコーデに。

Oggi表紙モデル矢野未希子がハワイ出張で着た服を大公開!

【5】タンクワンピース×タンクニット×黒パンツ

ベージュのシルクタンクニットにブラウンのタンクワンピースを重ねて、さらに黒パンツをレイヤードしたカジュアルスタイル。ワンピースの胸元が深めだから、カジュアルすぎずおしゃれ見えが叶う。

サイクリングしながらお出かけ♪ さりげないレイヤードで洗練おしゃれコーデ

【6】黒ニット×カラフルスカート

キャッチーなインパクトスカートに、シンプルな黒ニットと旬の黒キャップを合わせてほんのりモードな印象に。赤のフラットシューズで大人カジュアルに仕上げて。

【PRADA|プラダ】のVネックカーディガンを4パターンで着こなす!|スタイリスト金子綾の着回し実況中継

【7】黒キャップ×グリーンロングスカート

スマートな黒キャップなら、ロングスカートにもパンツにも意外と相性がいい。型くずれしにくいから旅行に持って行くのにも最適♪

休日スタイルにはロングスカート×キャップのカジュアルバランスがちょうどいい♡

最後に

コーデに迷ったときは、シーンや天気の状況に合わせてポイントを絞れば、フェスコーデもこんなにバリエーション豊富。森や海など自然が多い場所のフェスから都市型フェスまで、いろんなタイプのフェスがありますが、ほどよいカジュアル+状況に合わせた小物やアウターできれいめにまとめれば、普段使いにもOKなおしゃれなコーデに◎。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.01

編集部のおすすめ Recommended

Feature