Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. スマホあれこれ
  4. 【LINE 名前変更】珍事件連発! 相手の名前変更で起きた本当にあったハナシ6

WORK

2018.09.04

【LINE 名前変更】珍事件連発! 相手の名前変更で起きた本当にあったハナシ6

LINEは、名前スタンプを作ったり登録している名前を変更して個性をアピールできるのも醍醐味。最近では、名前をローマ字や空白、絵文字を入れて工夫する人も。そんなLINEの名前変更にまつわる珍事件にを集めてみました!

【目次】

【LINE 名前変更】浮気を疑った事例3/相手の名前からバレるんです 
【LINE 名前変更】女友達に唖然とした事例3/相手の名前に悪口が!

【LINE 名前変更】浮気を疑った事例3/相手の名前からバレるんです

いけないとは思いつつ、彼のスマホ画面を見てしまい「えっ!? もしや浮気!?」とドキッとしてしまうこともありますよね。中でも、LINEの名前の変更によって浮気を疑った女子の告白をご紹介します。

【事例1】ハートマーク付きの女の子ってなに?

LINE 名前

「彼氏のスマホ画面にポップアップで出ていた女の子の名前に、ハートの絵文字が付いててドキッとしました。彼に聞いたら『本人がそうやって登録してるんだよ』って冷静に教えてくれて、ほっ」(34歳/保険)

【事例2】まさか、私の元カレとつながってる?

LINE 名前

「私、以前に結婚まで考えていたカレがいて、その元カレの登録名に“ウェディングベル”のマークを付けていたんです。

そしたらこの前、彼氏が同じようにウェディングベルマークが付いた名称の人とやり取りしているLINE画面が見えて、思わず『え!? 私の元カレと連絡してる!?』って一瞬、ドキリとしました(苦笑)

彼に聞いたら、会社関係の人にはベルのマークを足して、間違えないようにしてるんですって。ホッとしました」(31歳/教員)

【事例3】やたら親しげな登録名

LINE 名前

「彼が頻繁にやり取りしている女子がいて、その子が”下の名前”だけで登録しているから、深い仲なんじゃないかって喧嘩になったことがあります。

妻とか彼女とかの立場になると、こういうのって、どきっと、いやイラッとするから、できればフルネーム登録してほしいなぁ」(29歳/専門職)

彼氏もしや浮気してる…!? LINEにチラ見えしたドキッとする「登録名」

【LINE 名前変更】女友達に唖然とした事例3/相手の名前に悪口が!

仲良しの女友達がLINEの名前を変更していたことを目撃し、心がザワついた女子のLINEにまつわるエピソード。

【事例1】グルチャLINEのキャプチャをよく見たら…

LINEトーク

「女友達からあるグループの集まりに誘われ、詳細を共有してくれるためにスクショが送られてきたんですが…。なにげなくそのキャプチャを見ていたら、なんと“消音”設定がされていて『そういう感じの子なんだ!?』って思ったら、微妙な気持ちになっちゃいました…」(30歳/エステティシャン)

【事例2】友達が見せてくれた人の“登録名”に唖然…

LINEトーク

「共通の女友達がモテるって話の絡みだったんですが、そのモテる女友達とのやりとりを見せてくれたときに、その子の彼情報をカッコ書きで付記しているのも見えちゃったんです…。しかもそれが、悪口っぽい書き方で!

その子のダークな一面を知っちゃって、ショックでした。それ以来、私はなんて書かれているんだろう…と気になっています」(29歳/ライター)

【事例3】明らかに自分だけが美人見えのカバー写真を…

LINE 名前

最近仲良くなった女友達が、LINEのカバー写真を変えたようだったのでなにげなく見ていたところ「これって明らかに、自分だけがかわいい写りの写真を選んだよね?」と思い、心がザワザワしたという女子。(33歳/会社員)

ハゲチビ彼氏有ってひどくない? LINE画面のせいで「女友達のダークな一面」を知っちゃった女子の激白3


自分がいつも呼んでいるあだ名で登録したり、親しみを込めたりする目的でLINEの相手の名前を変更することはありますよね。でも、ときにはその名前の変更によって、周囲がドキッとすることも。これには気をつけたいものです!

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature