Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 女性が女性アイドルを追っかけると、健康になる!?|【沼にはまるOLたち】女子アイドル編

LIFESTYLE

2018.08.17

女性が女性アイドルを追っかけると、健康になる!?|【沼にはまるOLたち】女子アイドル編

日本の経済を動かしまくっている“オタク”。もはや“オタク”は誉め言葉になっていますが、まだまだその実態は謎が多いもの。この連載では、しごとなでしこ世代の美しいOLたちがハマるものを紹介します! 驚くべきその生活と、オタクのすばらしさが詰まった、新たな扉、開けてみませんか?

OL・P子。“48グループ”を好きになって、生活はどう変化した!?

前回は「AKB48のメンバーそれぞれが持つ“ドラマ”に心を奪われた!」と語っていた、キレイ系OLのP子さん。教育関係の事務職をしながらAKB48をはじめとする“48グループ”を中心に応援している彼女がオタクになってからどのように生活が変化したのか、教えていただきました。

48グループオタク

■アイドルに会うためにダイエットしています

「CDを買った分だけ写メや握手ができるんです。握手会に行くからには、その日に合わせてダイエットをしたり、新しい洋服を買ったり。自分もアイドルと一緒に写真に写ることができるので、できるだけかわいくしていきます。写真は残りますからね(笑)。

単独コンサートも頻繁にあるわけではないので、地下アイドルなどに比べたら、お金は全然かからないと思いますが、SKE48も応援しているので、遠征費はそこそこかかります(笑)。オタクになってから交通費に一番お金を使っているかもしれません」

アイドルグッズ

■会社にはオタクを申告済。有給申請の時も「ライブに行きます」

「遠征のために有給を使うことも。上司には“AKB48のコンサートに行きます”と伝えています。総選挙のときは解説を求められたりして上司とのコミュニケーションの一部になったりもしているんです。『この子はなんで順位がいいの?』という質問は進んで彼女たちが持つ物語とともに説明していきます」

■思い出は劣化しない。だから、握手会にお金を払いたい

「48グループにハマってからは、どんな値段も握手会の回数に換算して考えてしまうようになりました。CD10枚は安く感じるのに、7000円の洋服は高く感じてしまうそれなら、握手会にお金を出そうって思います。応援するアイドルと握手して、話す瞬間は、私にとっては宝物。だって、おしゃれのために買った“物”(例えば洋服とか)は劣化するけど、思い出は劣化しないじゃないですか。

おまけに女性アイドルは、早ければ3年くらいで卒業しちゃうんです。中には、一般人に戻ることを選んでしまう子もいるんです。今会いに行かなかったら、来月にはもう会えないかもしれない。その刹那性が、私を握手会へ向かわせるんです」

■握手会に行くと幸せを感じる

「どうしてもお金が出ていくので、女子アイドルを追いかけることを控えようと思ったことも。特に、自分が応援していた“推し”が卒業したタイミングはそう思いました。でも、握手会に行くと、楽しくて直接メンバーと話すことに幸せを感じるんですよ。好きだという気持ちを純粋に伝えられる握手会は、本当に素晴らしい場所だと思います」

■“SNS”と“SHOWROOM”を常にチェック

「情報収集はSNSや、毎日誰かが何かしら配信する“SHOWROOM”。特に“SHOWROOM”は課金すればするほど、アイドルに名前を呼んでもらえたりするから、欲望がお金になって見えます(笑)。私は現場派なので、そこにお金をかけるなら現場で握手したいなぁって思っています」

■オタクになって、いろんなスキルが上がった

「48グループは300人くらいアイドルがいるので、人の顔と名前を覚える特技が身につきました。仕事で知り合う人たちも、必ずメンバーと同じ苗字の人たちがいるので、『あの子と同じ名前だ』って覚えるとスムーズに頭に入ります(笑)。あとは、SKE48の応援のために名古屋に日帰りで遠征をすることも多いので、フットワークも軽くなりました。

特殊スキルとしては、ステージに一気に多くの人数が上がるので、推しメンだけ透視できる技もできるようになったこと(笑)。この技術は一体なんなんでしょうね(笑)。そんな推しメンが、地上波などの音楽番組でカメラに抜かれたときに、“見つかった!”って思うことも。一般の人の目に入るのはとても嬉しいこと。その時に最高にかわいい顔をしている推しメンに対して、テレビの前で『優勝!』と叫んでいます」

■アイドルから学んだことは、長所に目を向けるということ

「48グループは、人数が多いからこそ多様性が大事にされているんです。歌やダンスが上手でなくてもMCがうまかったり、握手会の対応がよかったりすることで人気が出ることも。人間って、人と比べて落ち込むことってたくさんありますよね。そういうときに48グループの子たちを見ていると、自分の短所に目を向けるのではなく、長所を向けようと思うようになるんです」

■イベントがある日のスケジュールは、アイドルと同じくらい過酷です(笑)

「48グループを好きになってから、女子アイドルを全般的にみるようになりました。イベントが集中する週末は、アイドルくらい過酷なスケジュールで動いていることも。

例えば、朝から握手会のある幕張メッセまで行き、その日近くのイオンモール幕張でやっている地下アイドルの無銭フェス(無料アイドルイベント)に向かい、豊洲ららぽーとでの別のアイドルのリリースイベントもチェックしたり。そうしているうちに1日は終わってしまう。

仕事がある日は、通勤時と昼休みにSNSでアイドル情報をチェックしながらSHOWROOMもチェックしています。帰宅後は家事をしながら撮りためた48グループ関連のテレビ番組をチェック。

夜はジムに行き、SHOROOMを見ながら運動しています。オタクって体が資本ですから、体力作りは基本! 特に女性アイドルは握手会で何時間も待機することがあるので、体力作りは絶対に欠かせません。48グループにハマるまでは、運動もあまりしなかったので、逆に健康的になりました


アイドルの輝かしい姿はもちろん、裏の姿を見て応援したくなるというP子さん。お金は無くなっても、健康と日々の幸せ、そしてアイドルとの瞬間の思い出を手に入れたP子さんは、さらに輝いて見えました。

もしかしたら…「女性が女性アイドルを追っかけると、健康になる!」のかも!?

取材・文/吉田可奈

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature