Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 高校時代は「陰と陽」の関係だった!? 高杉真宙×横浜流星の仲良し対談

LIFESTYLE

2018.07.08

高校時代は「陰と陽」の関係だった!? 高杉真宙×横浜流星の仲良し対談

〝たった一度だけ〟の青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の【友情】と【恋】がギュッとつまった青春ストーリー『虹色デイズ』が、2018年7月6日(金)より全国公開! 本作に出演する高杉真宙さんと横浜流星さんにお話をうかがいます。

実は高校の同級生! 高杉真宙×横浜流星の仲良し対談

ちょっとおバカで愛すべき男子高校生4人の“青春”を描いた映画『虹色デイズ』。

今作では、佐野玲於さん、中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さんがみずみずしく、ときにキュンキュンさせる男子高校生を演じています。劇中でオタクでマイペースな秀才の“つよぽん”を演じた高杉真宙さんと、モテ系ドS男子の“恵ちゃん”を演じた横浜流星さんに撮影裏話をうかがいます。

高杉真宙 横浜流星

――おふたりの役どころを教えてください。

高杉:僕が演じた“つよぽん”は、マンガやアニメが好きな男の子。同じ趣味の彼女がいて、ほかの3人よりも少し大人なんです。

横浜:僕が演じた“恵ちゃん”は、とても明るくて活発な男の子なんです。僕はみんなの恋を見守る立場だったので、ちょっと寂しかったですね。

高杉真宙 横浜流星

高杉:たしかに、現場で「俺だけ一人だよ…」ってよく言ってたもんね(笑)。

横浜:そうそう(笑)。でも、“つよぽん”は優しいから、彼女を待たせて、“恵ちゃん”を誘ってくれたりするんですよ。優しい友達がいて“恵ちゃん”は嬉しかったよ(笑)。

高杉:“恵ちゃん”はモテるのにね。

横浜:そうなんだよね。恋愛に対して、本気の恋を探している“恵ちゃん”は、みんなとはまた違うスタンスで恋愛に対して悩んでいるんです。でも、基本はすごく明るくて、ノリも軽いので、高校時代の自分と重なる部分があったんです。

高杉真宙 横浜流星

――実際に高杉さんと横浜さんは、同じ高校の同級生だったんですよね?

横浜:そうなんです。それに、大志は女性ファッション誌のメンズモデルで一緒でしたし、玲於くんは初対面だったんですが、すごく親しみやすくて、一気に仲良くなれたんです。本当に青春を疑似体験しているような感じでしたね。

高杉真宙 横浜流星

――高校時代のお二人はどんな関係だったんですか?

高杉:陰と陽!

横浜:そうだったね(笑)。

高杉:僕が陰で、流星が陽だったんです。流星はみんなの中心にいて、いつも元気で明るかったんですよ。僕はそれを端っこで見ていたから(笑)。

横浜:あはは。中高生の時は、俺は何も考えてなかったから無敵だと思ってたんだよ。でも、今はいろいろ経験して、あの時はなんてバカだったんだろうって思ってる(笑)。

高杉真宙 横浜流星

高杉:実際にこの映画での関係と似てたよね。だから、映画では“なっちゃん”の存在が性格の違う二人を引き合わせてくれたんだけど、僕たちでいえば“仕事”がつなげてくれたんです。僕たちにとっての“なっちゃん”は“仕事”だったのかもね(笑)。

高杉真宙 横浜流星

――卒業して、数年たって一緒に共演できるのは嬉しいですよね。

高杉:はい。学校で騒いでいるような男の子が、現場に入るとこんなに真面目になるんだって目で見てました(笑)。というのは冗談で、普段からの姿を知っているからこそ、すごく違和感なく演じることができて楽しかったです。

横浜:真宙も、学校ではあまり感情を表に出さないんですけど、仕事に対しての熱量をすごく感じたので、あらためてカッコいいなと思いました。

高杉:それがバレるのは恥ずかしい!

横浜:あはは! そのギャップがいいんだよ(笑)。

高杉真宙 横浜流星

次回は、お二人の好きなタイプなど、恋愛観に迫ります!

取材・文/吉田可奈 撮影/天田陸人

映画「虹色デイズ」2018年7月6日 全国ロードショー

映画「虹色デイズ」

<STORY>
ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川大志)、秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。

おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希(E-girls/Flower)/山田裕貴、滝藤賢一
原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:飯塚健
脚本:根津理香/飯塚健
音楽:海田庄吾
エンディング・テーマ:「ワンダーラスト」降谷建志(ビクターエンタテインメント/MOB SQUAD)
挿入曲:フジファブリック/阿部真央/Leola/SUPER BEAVER
企画・配給:松竹 (C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社
公式HPアドレスhttp://nijiiro-days.jp
公式Twitter@nijiiro_movie

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.03.21

編集部のおすすめ Recommended

Feature