Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 彼氏
  4. 愛され上手な男性はやらないこと。彼女の手料理に拍子抜けなリアクション3

LOVE & WEDDING

2018.06.12

愛され上手な男性はやらないこと。彼女の手料理に拍子抜けなリアクション3

彼氏に手料理を振る舞うときは、まだ交際を始めてから日が浅いタイミングであるほど、ドキドキもひとしお…♡ そんな女子の期待(?)を裏切るかのように、拍子抜けのリアクションをしてきた彼も!

■1:「フォーを作ったら、スープをまるっと残されてしまい…」(28歳女性/PR)

フォー

A美「この前、彼氏にフォー(ベトナムの麺料理)を作ったんですけど…フォーの麺はできあいのものだったけど、スープにこだわろうと思ったんです。ちょっといい鶏肉を買ってきて、コトコト煮込みながら“旨味”が出るように調味料でマメに味を整えて…って、がんばりました。

ところが、いざ彼が遊びに来てランチにフォーを出したら、麺だけ食べてスープがほぼ残っていたんです!」

編集部「あー。彼的には麺類は麺だけ食べて、スープを残すのが習慣だったとかですかね?」

A美「そうなんです(泣)。『ごちそうさま』って言われたんで器を見たら、刻んだパクチーが浮かんだスープがまるっと残っていて、悲しくなりました(笑)」

■2:「ネギだくさんにしたのに、全部残ってました」(34歳女性/経理)

冷や奴
(c)Shutterstock.com

E沙「彼が風邪気味だったときにウチに泊まったんですけど、風邪を吹き飛ばしてもらおうと思って、ネギをたっぷり入れた“冷や奴”を出したんです。

なのに私の想いは、見事に打ち砕かれました(笑)」

編集部「ん? どうしたんですか?」

E沙「なんと彼、お豆腐の上に乗っていたネギだけを、全部よけて食べていたんです!

なんでも、ネギが苦手だとかで…。

その日、風邪気味の彼のためにわざわざネギを買いに行っただけに、地味にショックでした…!」

編集部「“良かれ”と思っても、嫌いだったら無理強いはできないですものね! 怒るほどの出来事でもないけれど、確かにこれは彼女としては、少しガックリしちゃうかもですね(笑)」

■3:「せっかく圧力鍋で作ったのに…!」(29歳女性/販売)

イワシの生姜煮
(c)Shutterstock.com

K恵「普段外食ばかりの彼を思って、骨ごと食べられるお料理を作ろうと、圧力鍋を買ったんです。

で、イワシの生姜煮にして、カルシウムを摂ってもらおうと思ったんですけど…」

編集部「ん? 何かあったんですか?」

K恵「なんと彼は、イワシの骨が舌に残るのが嫌だとかで、ホロホロに柔らかくなった骨を、わざわざ全部取って食べていたんです(笑)。

『骨ごと食べられるよ』って言ったんですけど、ちょっとでも舌に骨の感覚があると嫌なんですって。

圧力鍋の出費が結構痛かったんで、早まったと思いました(泣)」

編集部「うわー。それなりの出費を伴うだけに、彼に悪気はないとはいえ、ガックリきちゃうエピソードですね!」


大好きな彼を想って腕によりをかけたのに、想定外なリアクションが返ってくると、ちょっとガックリしちゃうのも女心♡

みなさんにも、こんな経験がありますか?

愛情こめてつくってもガッカリな反応なら次回からは手抜き上等!
(c)Shutterstock.com

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.24

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature