Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 0泊台湾! 日帰り食い倒れvol.2 台北到着まで空腹と戦った早朝出発

LIFESTYLE

2018.05.16

0泊台湾! 日帰り食い倒れvol.2 台北到着まで空腹と戦った早朝出発

スタイリスト高橋裕美が、0泊の台湾食倒れ旅にチャレンジレポート第2回目! まずは日本から台湾への道のりを紹介。両替の仕方、台北の電車、タクシーの乗り方も。多忙女子たちのアジア週末旅ならぬ日帰り台湾旅行の一部始終をお見せします。

0泊! 日帰りで食い倒れる台北弾丸トリップの始まりは早朝集合から

前回お伝えしたとおり、現地滞在約12時間食べ続ける今回のツアー。

オトナ女子4人旅がいよいよはじまりました!
まずは空港チェックイン〜台湾到着までの流れです。

■AM4:30:羽田空港集合→チェックイン

羽田空港集合

出発前に軽く朝食! フライトが4時間近くあるので台湾到着まではお腹がもたないはず…いつも海外出発時は一人前のうどんを食べてるのですが、今回は到着後の食い倒れを想定し、やや控えめにスープだけにしました。

出発までの間、みんなで旅のスケジュールを決めて、行きたい場所(っていうか観光ナシ食べるのみですが…)、食べたいものを相談します。

が、ウチには最強のコーディネーター(本業は美容ライターM氏)がいるので、ほぼ彼女にまかせっきりなんですけどね(笑)。彼女の手にかかれば弾丸ツアーも怖くない! しかし、彼女がいなければ弾丸ツアーは恐怖でしかないです(汗)。頼りになる友達がいるってホントに素晴らしい♡

ということで、M氏のご提案をいただき、あとはその予定についていくだけです!

■AM5:55:羽田空港出発

羽田空港出発

さて、いよいよ出発です!

お腹も満たされ、飛行機の中ではほぼ爆睡なので、シートがやや狭めなLCCでも問題ナシ。マスクをして、爆睡態勢万全で行ってきまーす!

と、台湾まで爆睡のつもりが、2時間くらい経つと突然、腹ペコになり、機内でコーヒーとお菓子を買ってしまいました。

早く着かないかなー、と思いながらガイドブックを借りて予習することに。この弾丸ツアー、じつは3回目になるのですが、いつもエキスパートM氏に頼りっぱなしなので、そろそろ自分で場所も把握しないとね。

■AM8:25:台湾桃園空港到着

台湾桃園空港に着きました! イミグレーションも空いていてスムーズに入国完了。

そこから戦いは始まります。なにせ日帰りなので空港に着いたとたん、カウントダウンが始まってしまうのですからー!

やや早足で両替所へ向かい両替を済ませます。今回は4人×¥10,000を両替して、みんな財布を作りお財布係がそれを管理します。

人数が多い時はお財布係を決めておくと何かとスムーズ!(すべては時間短縮のために)

両替所バス

空港から台北駅まではバスで移動。台湾はタクシー代も安いのでタクシーに乗るときもあります。

台北駅までの料金は135元(大人1人)で、所要時間は1時間くらい。だいたい15~20分間隔で出発しているみたいです。

券売機は100元札とコインしか使えないので、まとめてチケットを購入するときは、券売機近くにカウンターがあるのでそちらで購入するとよいでしょう。

また、バスの券売機近くに両替機があり、そこで1000元(10元×100枚)を両替しておくと、後々なにかと便利です。

両替するときは受取り口のカバーを手で押さえてくださいね! 大量のコインが出てくるので取り出すときにカバーが開かなくなることがあるんです。

両替

こんな感じ! コインが出てくる量のおもしろさにみんなが動画を撮っててウケる!

■AM9:30:高速バスで台北駅へ移動

10分くらい待ってバスが到着。いざ台北駅へ向かいます。バス内は携帯などの充電ができ、Wi-Fiも使えるのがうれしいです。

オトナ女子は遊びに来ていても、ちょっとした時間を無駄にせず、仕事やインスタなど移動時間を有効に使い、それぞれの業務をササッとこなしてしまうんですよー。デキる女は遊びも仕事も無駄がない、ということかな??

■AM10:40:台北駅到着→タクシーで移動

そんなこんなで台北駅に到着。タクシー乗り場がバス停からすぐ近くにあり、空いていたのですぐに乗れました。

タクシー

先ほども言いましたが、台湾はタクシー代も安いので、メンバーが4人だと料金も気にせずタクシー利用できるのがうれしい! あー、お腹がすいた(´Δ`*)

早く着かないかなー。車内では食べ物の話しか出ません。大好きすぎるトウジャンまであと少し!

次回へ続きます。

初出:しごとなでしこ

スタイリスト 高橋裕美

Oggi、Domani、での活動を経て、現在は各女性誌、ゴルフ雑誌、TV、広告で活躍。

大人のカジュアルスタイルが得意で、トレンドをひとさじ加えた、ほんのりスパイシーなコーディネートに定評あり。趣味のゴルフではプレイはもちろん、仲間とドレスコードを決めるなど、ゴルフファッションの楽しみ方も追求。

毎年行くハワイ旅行でハイコスパアイテムを見つけることが得意になり、ハイコスパアイテムの宝庫、しまむらに今回初挑戦。最近ハマっているのは日帰りで行く、弾丸食い倒れツアー。

Instagram:@styyumitakahashi


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.23

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature