がんばっても無意味!? 彼氏と「居心地が悪くなって別れたくなる」決定的なサイン3 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. がんばっても無意味!? 彼氏と「居心地が悪くなって別れたくなる」決定的なサイン3

LOVE

2018.04.08

がんばっても無意味!? 彼氏と「居心地が悪くなって別れたくなる」決定的なサイン3

「好き」って思ってお付き合いを始めても、一緒に居る時間が増えるにつれ、“居心地の悪さ”を感じてしまうことも。そのまま付き合っていても、彼に対し「やっぱ違う」「無理だ」ってなりやすい“決定的なサイン”を3つご紹介します。

■1:食事をしていても楽しくない

食事デート
(c)Shutterstock.com

食べるペースが違いすぎたり、オーダーする量が合わなかったり、好きな料理が違いすぎたり…。

なんらかの原因によって「一緒に食事をしても、楽しくないな」って思う日があるなら、あとあとになって致命的な違いになる可能性も高いです。

食は、生活の基本。ですので、食事の時間が楽しくないとなれば、一緒に暮らすのがむずかしいのは当然ながら、ラブラブ期をすぎた頃のデートでも「なんか違う」「会ってもつまらない」を感じやすくなるのは、言わずもがな。

彼が会計ばかり気にして、食べたいものを食べさせてくれないケースや、お互いが飲みたい酒量に歴然とした差があるなども、これに当たります。

■2:お金を使いたいところが違う

買い物デート
(c)Shutterstock.com

収入に関係なく、“お金をかけたいところ”には、個人差があるもの。

よく「結婚するなら、年収1,000万円以上の高収入男子希望!」と、“収入”ばかりを婚活の条件にもしがちだけれど、居心地に直結するのは、お金の価値観のほう。

極端な話、彼女は毎日の食費にお金をかけたいのに、彼は日々の食事は質素を望むようなタイプだと、一緒にいるだけで居心地の悪い相手に。

彼のことが好きだと、こういう“違い”を受け入れてしまう女子が少なくないけれど、最終的に「価値観が違う」で別れるカップルには、こういう些細な違いが最初から見え隠れしている傾向もあります。

■3:連絡をとるペースで無理をしている

彼氏へ連絡
(c)Shutterstock.com

ラブラブ絶頂の交際初期には、朝から晩まで連絡を取り合うカップルも少なくないけれど、そのときに少しでも“無理をしている自分”がいるなら、居心地が悪い相手と付き合っているサインかも。

今は、仕事中でもLINEで連絡がとれてしまうくらい便利な時代だけれど、だからこそ、相手から来た連絡に対し「早く返信しなくちゃ!」なプレッシャーも多々。

彼がいつも繋がっていたがるタイプだと、彼女は無理をしてでも合わせてしまいがちですが、あとあとになって「重い!」「ウザい…」を招きやすい兆候です。


せっかくのご縁あって交際が始まった相手とは、できるだけいい関係を築いていきたい!

だからこそ、ちょっとした違いには、目を瞑ってがんばってしまう女子も多いです。

しかしこんなサインがあるならば、がんばっても結局、致命的な違いに発展してジ・エンドを迎えやすいのも確か。

彼氏 ウザい
(c)Shutterstock.com

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.17

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature