上司のサンドバッグになってない?【怒られやすい人の特徴】とは | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 上司のサンドバッグになってない?【怒られやすい人の特徴】とは

WORK

2017.06.27

上司のサンドバッグになってない?【怒られやすい人の特徴】とは

同じことをしているのに、職場で怒られる人って決まって同じ人だったり…なんてことありませんか? それには、ちょっとした理由あるのかも!? 今、SNS上で絶大な支持を得ている、恋愛アドバイザー DJあおいさんにお話を伺います。

コミュニケーションとは、お互いの引き出し合い

「学校においても、会社においても、怒られやすい人っているんですよね。私が働いていたころもこの類の人、いっぱいいました。次の項目にたくさん当てはまっちゃう人は、もしかしたらあなたこそが怒られやすい人かもしれませんよ」(DJあおいさん)

【怒られやすい人の特徴】

■褒めているけど褒め方がやや上から目線
■散々誰かの悪口を言っていたのに「悪い人じゃないんだけどね」といい子ぶる
■「どうでもいいんだけど」と言いながらいつもどうでもよくなさそう
■1センテンスごとにいちいち「え?」と聞き返す
■「今日体調がよくないんだ…」といらない情報をくれる
■TPOに合わせない根拠のないポジティブ思考を押し付けてくる
■知らない人の名前を会話に平気で放り込んでくる
■そのまま終わればいいのに最後に余計な一言を付け足す
■他人が言っていることを途中でかっさらっていくコメント泥棒
■自分のことを面白いと思っているのが透けて見える
■雑談だと饒舌なくせに真面目な話になると無口になる
■「わたしって◯◯だからさ〜」といらない自己アピールをちょいちょい入れてくる
■相談の中にさりげなく自慢や惚気話を忍ばせてくる
■何を言っても「違うんだよ」と否定から入ってくる
■言いたいだけ言って聞く耳のないアウトプット専用マシーン
■会話のレスポンスに謎の沈黙を一瞬入れてくる
■自分の言いたいことを簡潔にまとめられないので無駄に話が長い
■終わりが見えないエンドレスな漂流コミュニケーション
■人をいじるくせに自分がいじられるとキレる
■「あの人があなたのことをこんな風に言っていたけど、私はあなたの味方よ!」と外部からの悪口を仕入れて味方ヅラする
■「でも私は」「だって私は」「どうせ私は」と全て自分の話にすり替える

「以上、怒られやすい人の特徴でした。もしあなたが10個以上当てはまっちゃたなら、上司や先輩に今まで怒られてきたことを思い出してみてください」(DJあおいさん)

どれくらい当てはまりましたか? もし当てはまったとしてもそれは、本当に悪いことをして怒られていたのではなく、ただ単純に「怒られやすい人」だけだった可能性も。

「問題は怒られやすいのに怒られるとダメージをくらってしまう傷だらけガール」とDJあおいさん。もし怒られたくないのなら、自分の行動を自覚し、自分を変えることに努めてみることも大切ですね。

現在好評発売中のDJあおいさんの著書『キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それはいいのだ!』には、この世で一番難しい「普通の幸せを手に入れる方法」がぎゅっとつまっています。ぜひ、こちらもチェックしてみてくださいね。

ph:(c)Shutterstock.com

初出:しごとなでしこ

教えてくれたのは…DJあおいさん

恋愛アドバイザー。ツイッターで独自の恋愛感を綴り、一般人としては異例のフォロワー約35万人(2アカウント合計)。ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」は月間600万PVを誇る。著名人のファンも多く、幅広い層から支持を得ている。待望の仕事術本となる『キャリアなどに興味はない。それなりに稼げて、ストレスフリーなら、それがいいのだ!』(ワニブックス)が好評発売中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.27

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature