【大人は知っておきたい】体の正しい洗い方とは|そのポイントや、おすすめのボディウォッシュを紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ボディケア
  4. 【大人は知っておきたい】体の正しい洗い方とは|そのポイントや、おすすめのボディウォッシュを紹介

BEAUTY

2021.08.17

【大人は知っておきたい】体の正しい洗い方とは|そのポイントや、おすすめのボディウォッシュを紹介

体は清潔に保っておきたいものです。毎日洗う体ですが、その洗い方は正しいですか? 大人の女性だからこそ知りたい、正しい体の洗い方のコツや、ボディウォッシュ選びのポイント、おすすめのアイテムを紹介します。

【目次】
はじめに
30歳からの… 体の正しい洗い方
ボディウォッシュ選びのPOINT
ゴシゴシ洗いすぎて、必要以上に潤いを奪うのはNG
【もっと知りたい方向け】正しい髪・顔の洗い方とは?
最後に

はじめに

どんなケアも、まずは体を清潔に保つことからスタートです! あなたの髪・顔・体、きちんと洗えていますか? 「与える」ケアばかりにこだわって、「洗う」ことがおろそかになっていませんか? 実は、肌をまっさらにして、次に使うアイテムの受け入れ状態を良くする「洗う」お手入れこそが、さらなるキレイの鍵! 髪・顔・体の洗い方を、一度見直してみませんか?

02

30歳からの… 体の正しい洗い方

03

皮脂腺が活発に働く、デコルテと背中はしっかりめに洗うことが大切です。デコルテと背中は、顔と同じくらい皮脂腺が活発に働く部位。顔と同じ気持ちでお手入れをしましょう。

基本的には泡で手洗い。週1~2回はボディウォッシュをしっかり泡立てたうえで、ボディタオルを使ってください。垢が気になる人は、状態に応じてタオル使用の回数を調整して。

心臓に向かって下から上に洗うことで血行アップ! 腕や脚は、先端から心臓に向かってマッサージするように洗うことで、血流やリンパの流れを促し、むくみや疲れを和らげる効果も! また、バスタブのふちに足をかけてストレッチしながら洗うなど、“ながら美容”を意識すると、時短でキレイが叶います。

足指の間は手指を入れ、足指をグッと開きながら洗いましょう。オフィスの冷房などで血行が滞りがちな足先をケアしながら、パンプス&ストッキングで蒸れて繁殖しがちな雑菌も、スッキリとオフすることができます。

ボディウォッシュ選びのPOINT

・泡で出てくるタイプが便利
・保湿成分入りで、潤いを奪いすぎずに洗えるもの

ボディウォッシュ選びのPOINT

2~3はワンプッシュでやわらかな泡が出てくるのがポイントです。“泡で手洗い”に◎。

2. セラミドや天然保湿成分で潤いを守りつつ、不要な皮脂はさっぱりと洗える。
ロート製薬 ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ 450ml

3. 乾燥性敏感肌や肌あれが気になる肌にもやさしい低刺激。
花王 キュレル 潤浸保湿 泡ボディウォッシュ[医薬部外品]480ml

4. ワイルドローズの保湿成分たっぷりで、洗い上がりはしっとりスベスベの柔肌に。
メルヴィータ ネクターデローズ シャワージェル 250ml

ゴシゴシ洗いすぎて、必要以上に潤いを奪うのはNG

「夏は特に、紫外線やエアコンなどで肌だけでなくボディも同じくらい乾燥。さらに汗やベタつきが気になるから、ゴシゴシ洗いすぎて必要以上に潤いを奪ってしまっている人も多くみられます。ボディタオルの摩擦はくすみにつながることもありますし、週1〜2回にとどめるのが無難」と警鐘を鳴らすのは美容家の山本未奈子さん。

「顔と同じくらい皮脂腺が活発に働いているデコルテと背中はしっかりめに、そのほかの部位は、泡をしっかりとたてて手洗いするくらいで十分。ボディソープはやわらかな泡がたつものが前提ですが、肌に浸透するものではないので、さほど神経質にならず、香りや好みで選んで。とはいえ、刺激を受けやすいデリケートゾーンは専用ウォッシュを取り入れるのが賢明です」(山本さん)

06

教えてくれたのは美容家の山本未奈子さん。
さまざまなメディアや講演会などで、正しい美容知識やこだわりのメソッドを伝授。美容家の先駆け的存在で、美容関連著書も多数。

【もっと知りたい方向け】正しい髪・顔の洗い方とは?

体だけでなく、髪や顔の洗い方も一緒にチェックしてみましょう。これから取り上げる洗い方が正しいかどうか考えてみてください!

1. 髪のニオイが気になるから、朝×晩2回髪を洗う
→ ×

頭皮の乾燥の原因の肌と同様、“洗いすぎ”は必要なものまで取り去って頭皮を乾燥させてしまい、トラブルにつながることもあります。ベタつきやニオイが気になるのは、きちんと洗えていないせいかもしれません。髪は1日1回、しっかり正しく洗う習慣をつけましょう。

2. 夏はスッキリ洗いたいから、ボディタオルでゴシゴシ洗う
→ △

ボディタオルの使用は、週1〜2回くらいに抑えるようにしましょう。ボディタオルでゴシゴシ洗うと、必要な皮脂まで落としてしまい、ボディが乾燥しがちに。30歳以上の大人肌は、ただでさえ乾燥しがちなので、ボディタオルの使用は週1〜2回にとどめて。

3. 洗顔料は使わずに、朝は水のみで洗っている
→ △

季節や肌状態によっては、ぬるま湯ですすぐだけでも大丈夫です。寝ている間にも汗をかき、枕やシーツのホコリなどで肌は汚れるので、朝も洗顔料を使って洗うのが基本です。とはいえ、極度の乾燥肌の人や、肌が揺らいでいるときは、刺激にならないようぬるま湯ですすぐだけでもOK。

4. ベタついたりゴワついたりするのが嫌だから、毎日スクラブ洗顔してツルツルに!
→ ×

スクラブは、週1回にとどめてこそ、美肌づくりをサポートできるアイテムです! スクラブ後の肌はツルツルスベスベの手触りになるから、毎日やりたくなりますが、頻繁なスクラブは、肌が本来もつバリア機能を低下させ、ダメージにつながることも。

スクラブは週1を目安に行うようにしましょう! 紫外線ダメージを受けやすくなるので、レジャーに出かける直前はスクラブは避けてください。

あなたの「洗い方」間違ってない?|髪・顔・体 30歳からはじめる「洗い方」

最後に

今回は、改めて髪・顔・体の洗い方を見直してみました。毎日の習慣の積み重ねが、美しさのもとになります。もし間違った洗い方をしていたら、今日からでも改善することが出来るので、早速実践してみてください。

初出:しごとなでしこ

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature