Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 先輩インタビュー
  4. ブルーカレント・ジャパン代表取締役社長 本田哲也さん(46歳)の30代は自分の強みを確信した時期

WORK 先輩インタビュー

2017.09.19

ブルーカレント・ジャパン代表取締役社長 本田哲也さん(46歳)の30代は自分の強みを確信した時期

本誌10月号で25人の著名人からメッセージをいただいた「あなたの30代ってどうでしたか?」企画。29歳で世界的なPR会社に異業種から転職し、30代なかばで起業した本田哲也さんからは、キャリア形成と恋愛の意外な共通な共通点を教えていただきました。

30歳にもなれば、だれでも「自分の得意分野」は本当はあるはず

29歳で異業種からPR業界に転職してから35歳で起業するまでの数年間は、自分の専門性が少しずつ形になるのがおもしろい時期でした。最初は「自分の得意な分野じゃないか?」という直感で飛び込んだんですが、徐々に確信がもてるようになり、起業するまでには自分オリジナルの「戦略PR」という方法論に行きつくことができました。

30歳にもなれば、だれしもそのような「自分の強み」や「本当にやりたい何か」はあるはずなんです。それに自分では気づいていなかったり見ないふりをしてるだけ。人間って深層心理的に、いちばん大事に思っていることは「本当のことを言ったら大笑いされるかもしれない」「難しいと言われるのが怖い」と、無意識のうちにフタをしてしまう傾向があるので。

でも、キャリアのことを考えたら、それは「早く気づけた者勝ち」。自分でモヤモヤ考えるより客観的なアドバイスをもらったほうが手っ取り早いので、親友ではない適度な距離感のある友達や、10年くらい離れて暮らしている家族などに、ダミーの選択肢でもよいので「AとB、どっちが私に向いてると思う?」と聞いてみたらよいのでは? その会話から、「自分はこんなふうに見られているんだ」という気づきがあると思います。

(写真は35歳の創業当時)

出会いがないのは、自己PRを間違っているから

アラサー世代の女性からは、恋愛で「出会いがない!」という相談も受けるんですが、これもよくよく聞いてみると、自分のことをよくわかっていない人が多いんですよね。「男性を紹介してください」と言うから、「どんな女性だって紹介すればいい?」と聞くと黙ってしまうことが多いんです。紹介する男性に「どんな子ですか?」って聞かれるのはあたりまえでしょう? そこを掘り下げず、やみくもにたくさんの男性に会って「あり、なし」を決めるのは、遠回りな気がします。

近い将来、自分がだれとどんなふうに働き、暮らしていたいのか。寝る前にベッドに寝ころびながら「妄想」することから、今自分がすべきことは見えてくるはず。思わずニヤッとしてしまうような、楽しい未来に向けて行動してみてください。

前回はトータルビューティアドバイザー・コミュニケーションアドバイザー・鈴木ハル子さん(61歳)の30代は「子供時代」

次回はスナップマート代表取締役社長・江藤美帆さん(44歳)の30代は起業と恋人との別れと…

Profile
セガを経て’99年に世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラード日本法人に入社、‘06年にブルーカレント・ジャパンを設立、代表に就任。著書に『戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

写真/為広麻里 取材・文/酒井亜希子(スタッフ・オン)


【 おすすめの関連記事 】Read more

Feature