Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 海外旅行・予算6万円から【ひとり旅】初心者向け! LCCで行くマレーシア|田島知華さんおすすめ

LIFESTYLE

2018.06.09

海外旅行・予算6万円から【ひとり旅】初心者向け! LCCで行くマレーシア|田島知華さんおすすめ

海外旅行・予算6万円~【ひとり旅】初心者向け! LCCで行くマレーシア。田島知華さんおすすめは、思い立ったらすぐ行ける! 海外ソロ旅初心者向けのお手軽LCC旅。【ひとり時間】を満喫するための極意。

海外ソロ旅プランのモデルコース

アラサーなら、一度は挑戦してみたい海外ソロ旅。そこで、ひとり旅のプロに、初心者でも訪れやすい最新のモデルコースを教えていただきました。教えてくれたのはトラベルフォトライターの「たじはる」こと田島知華さん。思い立ったらすぐ行ける! 海外ソロ旅初心者向けのお手軽LCC旅をご紹介。

2泊3日 予算6万円~|マレーシア

思い立ったらすぐ行ける! 海外ソロ旅初心者向けのおすすめは、お手軽LCC旅。マレーシア2泊3日のモデルコースなら、首都のクアラルンプールへは、羽田空港の深夜発LCC便で到着。週末にサクッと行ける気軽さは、ソロ旅に最適。都会と自然を同時に楽しめるので、買い物に自然散策にと、ひとりでも退屈しません。

[DAY1] 羽田空港→クアラルンプール国際空港へ

エアアジア23:45羽田発の便で、翌朝5:55にクアラルンプール市に到着。

クアラルンプール ツインタワー

市中心部に移動し観光スポット「ムルデカ スクエア」へ。イギリス統治時代に建てられた美しい建築物は、クアラルンプールの象徴的存在。

ムルデカ スクエア

「I LOVE KL」のモニュメント。人気の撮影スポットはソロ旅でも押さえておきたい。

「I LOVE KL」のモニュメント

午後からはチャイナ・タウンの「ペタリン通り」へ。「露店が立ち並ぶ賑やかな雰囲気で、ひとり歩きが楽しい!」

ペタリン通り

市内のホテルで一泊。プール付きのバーでカクテルを飲みながら夜景を満喫。

プール付きのバー

[DAY2] 郊外のキャメロンハイランドで自然を満喫

クアラルンプールからバスで4時間ほどの「キャメロンハイランド」へ移動。ここはイギリス統治時代に創業した高級紅茶ブランド「BOH TEA(ボー ティー)」の産地としても有名な高原リゾート。ホテルでもイギリス様式のアフタヌーンティーが楽しめる。「都心とは違い、ゆったりとした時間が流れます」実は紅茶の聖地! 優雅なティータイム。

キャメロンハイランド

高級ホテルも手が届く! 「マレーシアは5つ星ホテルでも2万円以内(目安)など、ホテルの料金がリーズナブル。ゴージャスな部屋をひとりじめできるのも旅の醍醐味」。ちなみに写真は「キャメロン ハイランズ リゾート」。

キャメロン ハイランズ リゾート

周辺には「BOH TEA」の紅茶農園をはじめ、ラベンダー畑や摘み取り体験ができるイチゴ農園なども。「観光タクシーを借り切って回るのもおすすめです」

BOH TEA

ラベンダー

いちご

[DAY3] クアラルンプールに戻り、午後の便で帰国

こちらもチェック:たじはるさん流【ひとり旅】を楽しむ5つの心得|田島知華さん監修

※掲載している情報は3月9日現在のものです。時差は-1時間。

Oggi5月号「ポジティブソロ充ライフのすすめ」より
構成/酒井亜紀子・佐々木 恵(スタッフ・オン)、大椙麻未、菊谷まゆ(本誌)
再構成/Oggi.jp

田島知華さん

トラベルライター。1991年生まれ。19歳で海外ひとり旅へ出かけて以来、現在までに50か国を訪問。「世界をカラフルに切り取る」をテーマにした旅を提案している。著書に『旅ガール、地球3周分のときめき』(廣済堂出版)。


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.06.22

編集部のおすすめ Recommended

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Oggiの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。 ※2 Oggi7月号でブランド名の表記に間違いがありました。70ページに掲載のブラウスのブランド名は正しくは"ビューティ&ユース"です。なお問い合わせ先は、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り 03-5428-1894 になります。お詫びして訂正致します。

Feature