Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 春ファッション
  5. 2020春夏コーデ24選【レディース】お出かけしたくなる旬コーデで女らしさを底上げ♪

FASHION

2020.05.13

2020春夏コーデ24選【レディース】お出かけしたくなる旬コーデで女らしさを底上げ♪

今気になる、春夏におすすめのコーディネートをピックアップ。薄着になるこの季節は、スタイルがよく見えるコーデや、春夏らしいフレッシュなレディース服や小物を合わせて、着こなしをブラッシュアップ! お出かけ気分を盛り上げる春夏コーデを見つけて。

春夏のお出かけが楽しくなるおすすめコーデ

【1】ブラウンシャツ×黒ショートパンツ

ブラウンシャツ×黒ショートパンツ

エレガントな微光沢シャツは、気張りすぎないアイテム合わせでカジュアルダウンするのが今っぽい。注目のショートパンツでヘルシーに装うのが新鮮!

旬の微光沢シャツはカジュアルに着こなして

【2】淡イエローカットソー×ピンクの小花柄スカート

淡イエローカットソー×ピンクの小花柄スカート

大人の花柄スカートは甘ったるく着ないのが基本。鮮やかなビビッドピンク×ライトイエローという配色でほっこり感を回避して。個性の強いスカートには、ボリューミィなレザー小物で好バランスに。

今年の【ビビッドピンク】はボトムに取り入れて! 金子 綾さんが4つの着こなし方を提案

【3】ブラウンタイトスカート×水色ニット×ブルージャケット

ブラウンタイトスカート×水色ニット×ブルージャケット

光沢のある落ち着いたブルーのダブルジャケットにブラウンのタイトスカートを合わせたコーデ。ブルー×ブラウンの都会的な配色が「小粋ないい女」に導いて。

【ジャケット×タイトスカート】でこなれ感たっぷりの春コーデに! 着こなしまとめ

【4】ブラウンタンクトップ×ベージュプリーツスカート×ネイビーカーディガン

ブラウンタンクトップ×ベージュプリーツスカート×ネイビーカーディガン

シフォンとツヤが両立したプリーツスカートは、ブラウン×ネイビーを重ねて奥行きのあるシルエットに。大人の品格漂うほどよい透け感で女らしさを底上げして。

【長丈プリーツスカート】はシャイニー素材が気分♪ おすすめコーデ5選

【5】ベージュジャケット×デニム×トング

ベージュジャケット×デニム×トング

今まではブーツだった足元をサンダルにチェンジするだけで簡単に春夏モードに。ヌーディカラーのトングで、ジャケット×デニムカジュアルに大人のハズしを加えて。

定番コーデに春らしいサンダルを投入!

【6】黒デニム×ボーダーカットソー×ベージュジャケット

黒×ベージュのジャケパンスタイルは、インにボーダーを投入しパリジェンヌ風に。OFF感のあるキャスケットで着こなしにリラックス感を足して、初夏らしいお出かけスタイルの完成。

カフェで一息! パリジェンヌなキャスケット×ボーダーでOFFの日コーデ

【7】デニム×白タンクトップ×ピンクカーディガン

デニム、タンクトップ、カーディガンのシンプルアイテムの組み合わせは、ピンク~白のきれい色配色でリラックスしたスタイルに。デニムに華やかアクセを組み合わせて辛口な雰囲気をプラスして。

きれい色カーデ×デニムに辛口アクセサリーを足して

【8】ネイビーシャツワンピース×柄スカーフ×白スニーカー

ノーブルなネイビーのシャツワンピースに柄スカーフやカゴバッグなど、ジェニックな小物を合わせたコーデ。難なくなじむのは、ネイビーワンピースの上品さゆえ。カジュアルな白コンバースでお出かけ感もUP。

着まわし力抜群♡ この春は【シャツワンピ】でハンサムにキメる!

【9】アイスブルーのレーススカート×グレーTシャツ×Gジャン

レーススカート×ウォッシュドグレーTでつくる、グレー~アイスブルーの初夏らしいグラデーションコーデ。小さな面積でもアニマル柄のバーサンダルひとつで、モードなアクセントに。

やっぱり大好き! 夏のTシャツコーデまとめ|おすすめTで今っぽスタイル

【10】カーキタイトスカート×ネイビーニット×黒ロングカーディガン

カーキタイトスカート×ネイビーニットでつくる、Iラインシルエットコーデ。透け感のある黒ロングカーデをは羽織ってIラインを強調して。ベーシックなスカートは、ライン入りのベルトでさりげなくスポーツMIXを。

打ち合わせの日はIラインシルエットでシャープにまとめて

【11】白フレアスカート×ストライプシャツ

お嬢さんっぽいフレアシルエットの白スカートに、モノトーンの細ストライプのきれいめシャツを合わせた好印象な上品スタイル。爽やかすぎない大人の印象に。

三尋木奈保流【きれいめ抜きシャツ】を3段活用ステップで着回し!

【12】白ロングカーディガン×グリーンパンツ

軽やかな素材感のクリアホワイト&やさしげベージュで、やんわりと女性らしく着こなす。淡いニュアンスカラー使いをするなら、ピーコックグリーンパンツを白×ベージュでまとめて。

ピーコックグリーン【パンツ】着回し4スタイル|春の究極アイテム

【13】白ブラウス×グレースカート

白ブラウス×グレースカート

上はふんわりブラウス、下はすっきりタイトスカート。今旬のシルエットバランスで、ちょっと大人の印象を叶えるコーディネート。

彼とケンカしちゃった。そんな日こそ女っぷりコーデで出勤

【14】白ひざ下丈スカート×ブラウス

白ひざ下丈スカート×ブラウス

ブラウスは便利な2WAY。肩のボタンを外せば女子会仕様の華やかな印象に。足元はジュート素材のサンダルでこれからの夏を意識して!

ホテルのラウンジで昼から大学の友達とシャンパンのフリーフロー。たまにはぜいたくしなきゃ♪

【15】白パンツ×Tシャツ

白パンツ×Tシャツのシンプルなコーディネートは、バッグや足元で遊び心をプラス。バッグにスカーフをひと巻きするだけで、ぐっとキレイめな印象に。

梅雨の晴れ間の土曜日は小さなギャラリーを散策。そろそろ素敵な絵とか買ってみたいな~

【16】白パンツ×イエロートップス

日差しの気持ちいい真夏日にぴったりな、ウォッシャブルなイエロートップスとUVカット機能のある白ボトムのコンビ。クーラーのきいた室内用にカーディガンは忘れずに。

真夏日はウォッシャブルとUVカット機能の上下で

【17】白パンツ×カーキシャツ

白のセンタープレスパンツに、からりとしたサファリテイストを感じさせるカーキシャツを合わせた、梅雨対策もバッチリな高機能&進化形素材のコーディネートアイテム。

親友とゆっくりお茶。女友達と会う日はトレンドを盛り込みたい気分

【18】赤ニット×デニム×透け感バレエシューズ

今季デニムを大人に着回すなら、ヒール靴よりもフラットの透け感バレエシューズがイチ推し! ドットやスカラップの甘ディテールがデニムと絶妙マッチ。デニムカジュアルに大人の甘さをプラスして。

春夏【GU】のバレエシューズ×デニムカジュアルスタイル|人気のGUフラット靴

【19】ネイビーシャツ×黒スカート×ハイテクスニーカー

ボディコンシャスなタイトスカートの日は、足元のキレ味が肝。ハイテクスニーカーはスポーティすぎず、きれいめ派にもしっくり。シックなタイトスカートコーデを軽快に。

春夏【GU】のハイテクスニーカー×辛口女前スタイル|人気のGUフラット靴

【20】ストライプシャツワンピ×厚底ストラップサンダル

大人ワンピを健康的に着るなら足元は厚底にシフト。コンサバ風味なワンピにパンプスを合わせると、妙に女っぽすぎてひと昔前の雰囲気になりがち。ヘルシーな厚底ストラップサンダルが今年の正解。

春夏【GU】の厚底ストラップサンダル×大人ワンピーススタイル|人気のGUフラット靴

【21】白カットソー×ベージュスカート×太フレームサングラス

ファッションアイテムとして、コーディネートのポイントになりやすい太フレームのサングラス。ボーダー×レースの柄同士の組み合わせに、うまくつなぎ役として活躍。ブラウンレンズならサングラス初心者も簡単。

春夏【H&M】の太フレームサングラスで着こなしにアクセントを|人気のH&Mアクセサリー

【22】柄ターバン×ピンクTシャツ×デニム

デコルテが大きく開いた肌見せトップスは、柄ターバンでカジュアルに。デコルテの心もとなさを救うヘアスカーフは、春夏のマストハブアイテム。

春夏【H&M】の柄ターバン×デコルテ開きトップススタイル|人気のH&Mアクセサリー

【23】白シャツ×黒パンツ×タッセルピアス

Tシャツの上にビッグシルエットのシャツを重ねるレイヤードコーデが話題。ビーズのタッセルピアスはシャランと揺れて、耳元を涼しげに演出してくれる。首周りに厚みがあるときは、揺れピアスで好バランスに。

春夏【H&M】のタッセルピアス×レイヤードトップスコーデに注目!|人気アクセサリー

【24】白Tシャツ×ベージュスカート×ボルドーカーディガン

外と室内の温度差対策には、肩がけでもキマるカーディガンがあるとうれしい。様々なシーンに合わせられるよう、知的な雰囲気と親しみやすさが同居する落ち着いた配色で。

外と室内の温度差対策には肩がけでもキマるカーデを|気温27℃


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.13

編集部のおすすめ Recommended

Oggi 8月号P.63に掲載のサングラスの値段とブランド表記に誤りがありました。正しくは、物撮りの一番上のサングラスが「サングラス¥1,900(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店<センスオブプレイス>)」で、一番下のサングラスは「サングラス¥3,500(SNIDEL)」になります。お詫びして訂正いたします。

Feature