Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. feature(fortune)
  4. 手相占い
  5. 手のひらに気になる三本線があるという人必見! それは最強の手相「覇王線」かも?

FORTUNE

2022.08.13

手のひらに気になる三本線があるという人必見! それは最強の手相「覇王線」かも?

手のひらに気になる三本線があるというあなたへ。それは「覇王線」かもしれません。覇王線とは、運命線・太陽線・財運線の三本線が1点に交わって、熊手のように見える線の出方です。1万人近くの人相・手相を鑑定してきた占い師・いけのりさんに、覇王線の意味や位置、見方について教えてもらいました。この記事を読みながら手相に詳しくなって覇王線を活用していきましょう!

三本の線がつくる覇王線とは

覇王線は、運命線と太陽線と財運線という三本が途中で交わり、一本の線になる出方を呼びます。運命線は仕事をはじめとしたその人の生き方・社会的な満足度、太陽線は人間関係・名声・金運について、財運線は蓄財のセンスなどのお金に関することを見る線で、どの線も大変重要な線です。

覇王線

覇王線はとても珍しい手相ではありますが、私もこれまで鑑定中に何人か遭遇したことがあります。

覇王線をつくる三本の線(財運線・人気線・運命線)

覇王線を構成する三本の線についてそれぞれ解説していきます。

【1】財運線:蓄財、金運、投資の才能

財運線

財運線とはお金をやりくりする能力&コミュニケーションのある商売上手な人か、投資の才覚があるかどうかなど、お金との縁がわかる線です。財運線は、小指付け根に向かって伸びる縦線です。小指の下の手のひらのふくらみ部分は「水星丘」と呼ばれ、お金やコミュニケーションに関係する場所として知られています。そのようなエリアに現れる線なので、金運を占う時に見ます。

手相でお金との縁がまるわかり? 財運線の見方をプロの占い師が教えます

【2】人気線:人気、名声、金運

人気線

人気線は、薬指の付け根下のふくらみ部分に、縦に走っている線です。元々は、芸術的なセンス(感受性や表現力の豊かさ)、直観力の鋭さなどを見る線だったのですが、そこから転じて、その人の人気や成功、お金、名声の度合いなどが現れている線とされるようになりました。

人から好かれる手相?「人気線」の見方と意味を占い師がわかりやすく教えます

【3】運命線:仕事、社会性、人生全般

運命線は、手首の方から中指の付け根に向かって伸びている、手のひらの中央あたりに出ている縦線です。運命線には、その人の社会的な成長度など、人生そのものが出ると言われています。運命線からは一生に影響を及ぼすもの、例えば、仕事運や結婚運(家庭運)などを読み取ることができます。

すぐわかる運命線の見方… 長さや形で運勢を読み解こう!

三本線が離れていて微妙に一点になってない

「覇王線のように見えるものの、微妙に線が離れていて、一点で交わりきれてないのですが、これは覇王線とみていいですか?」という質問をされたことがあります。

厳密に言うと覇王線ではないのですが、そう言ってしまうと、がっかりされてしまいそうだったので、「ちょっと未熟な覇王線ですね。伸びしろがあって、今後が楽しみです」とお答えしました。えッ? インチキ? そんなことはありません。後日、線がつながって、一点で交わっていたんです、その方。世の中って不思議な事が起こるものですね。全部気力ですね。

最強の手相ランキングで堂々の1位の三本線

覇王線は名前からして、半端ない感じが漂っているのですが、以前お送りした「最強の手相ランキング」でも覇王の名にふさわしく、堂々の第一位でした。覇王線以外にも、ますかけ線、あったらやばい手相(いい意味で)情報が満載ですのでどうぞ。

最強の手相ランキング

最強の手相ランキング! いい意味であったらヤバい強運の人が持つ手相とは?

【関連記事】

監修:いけのり

人相学・手相などを使った相手の性格・深層心理の状態を明らかにする心理学寄りの占いをメインとし、明るく楽しい未来を呼び込むお手伝いをしている占い師。ITベンチャー企業に勤めていた際に電車の窓ガラスに映り込んだ自分の顔が、疲弊し過ぎて死神のようになっていて怖かったことから人相学の勉強を開始。これまでに1万人近くを鑑定している。開運のために「薄ら笑い」を熱く提唱中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.09.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature