Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 【ファミマ】このクレープの具、見たことない… でも衝撃の相性だった

LIFESTYLE

2022.06.25

【ファミマ】このクレープの具、見たことない… でも衝撃の相性だった

累計6,200万食突破の「ファミマ・ザ・シリーズ」から、初のスイーツ「ファミマ・ザ・クレープ」が登場!

大人気「ファミマ・ザ・シリーズ」に新作!

「ファミマ・ザ・シリーズ」から初のスイーツとして誕生した「ファミマ・ザ・クレープ」。クレープといえば、生クリーム、イチゴ、バナナあたりが定番の具材。

でも「ファミマ・ザ・クレープ」のフレーバーは…… 生チョコとティラミスの2種類♡

ちょっと小腹が空いて甘いものが無性に食べたい! そんなときにもちょうどいいサイズ感。

さらに容器にもうれしい配慮が! 直接手を触れずに食べられるようになっています。

◆ファミマ・ザ・クレープ ティラミス

▲ファミマ・ザ・クレープ ティラミス/¥213

みなさん、ティラミスのクレープって食べたことありますか? 私は食べたことどころか、恐らく店頭に並んでいることさえ見たことがないような。

そんなわりと珍しいティラミス味ですが、考えてみたら合わないわけがなく。口に入れた瞬間にふわっととろけるそのなめらかな食感こそ、クレープ生地で包み込むのにおあつらえ向き!

クレープといったらこの柄、という適度に焼き色が付いた理想的な〝キリン柄〟からもおいしい予感が♡

実際に食べてみると…… 生地の存在感にビックリ! とにかくモッチモチで、口に入れずとも手で触っているだけで幸せ(笑)。

そんなもちっとした生地の中には、北海道産生クリームと北海道産マスカルポーネを使用したクリーム。ふわっと軽いエアリーな食感で、甘さも絶妙!

さらにコーヒーの風味がしっかりきいたシロップにより、ティラミスの風味が際立っています。

ほんのり洋酒が入っているためコクもあって、クレープはクレープでもちょっぴり大人なフレーバー。

ティラミスの由来といわれている「私を元気づけて」にもふさわしい、気持ちが高まるような味でした♡

◆ファミマ・ザ・クレープ 生チョコ

▲ファミマ・ザ・クレープ 生チョコ/¥213

もう一つのフレーバーは、国内製造のチョコレートと北海道産生クリームをブレンドした生チョコ。

こちらも生地は驚くほどモチモチ♡

実はこのモチモチ感の裏には、開発者たちの並々ならぬ努力が。

通常、ファミマのフード商品の開発期間は3ヶ月程度のところ、こちらの商品は8ヶ月もの長い時間をかけて開発されたのだとか。最近のコンビニフードって本気度がひしひしと伝わってきますよね。

生チョコはなめらかな舌触り。程よいほろ苦さもあり甘ったるくなく、それでいて風味豊か。老若男女問わず好きな味ではないでしょうか。

* * *

ファミマに行ったら、ぜひチェックしてみてくださいね!

※価格は税込み表示です。
※記事中の感想は筆者個人の感想です。

文/川原莉奈

コンビニ スイーツ記事をもっと!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.16

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature