Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 【コンビニで発見】雪見だいふくが夢のコラボ! お相手はなんと…♡

LIFESTYLE

2022.06.03

【コンビニで発見】雪見だいふくが夢のコラボ! お相手はなんと…♡

雪見だいふくが、お取り寄せで人気のあのスイーツとコラボ!

雪見だいふくが「喜久福」と初コラボ!

誰もが一度は食べたことがあるであろう〝雪見だいふく〟。なんと昨年で発売40周年を迎えたそう!

そんな雪見だいふくが、今回新たにコラボしたのが「喜久福」。

▲喜久水庵監修 雪見だいふく×喜久福 ¥194(税込)

喜久福とは、大正9年仙台市創業の老舗「お茶の井ヶ田」が製造、販売する生クリーム大福。最近では人気アニメにも登場し、話題になったとか。

実は筆者は喜久福の大ファン。以前、お土産でいただいてからというものすっかり虜になり、自分でも何度かお取り寄せしたことがあるくらい!

そんな喜久福の中で一番人気だという看板商品「抹茶生クリーム」。その味わいを再現したという雪見だいふくと聞けば…… 買わない理由なんてないっ!

さて、半分にすると……

喜久福の「抹茶生クリーム」を彷彿させる、きれいな色。

北海道産小豆を使用したこしあんが、京都府産宇治抹茶を使ったアイスと、柔らかなおもちで包まれています。

食べてみると、抹茶アイスが上品で驚くほどクリーミー。抹茶の苦味はあまり感じず、食べやすい印象。そこに小豆の甘さがほんのり。お餅は安定のモチモチ感で絶品!

雪見だいふくは、少し溶けるとおもちが柔らかくなっておいしさが増しますよね。

公式では8分待つ(室温25℃の場合)のがオススメなのだとか。ちなみに筆者の好みは5分待つくらいの溶ろけ具合♡ 皆さんの好みはどうですか?

※記事中の感想は筆者個人の感想です


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature