“お忍び感”の漂うシックな空間で… 本格和食 or 鉄板焼き♡【SHARI(シャリ)赤坂】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. “お忍び感”の漂うシックな空間で… 本格和食 or 鉄板焼き♡【SHARI(シャリ)赤坂】

LIFESTYLE

2022.06.03

“お忍び感”の漂うシックな空間で… 本格和食 or 鉄板焼き♡【SHARI(シャリ)赤坂】

「SHARI(シャリ)赤坂」を紹介します! 20年来、週3回以上はデパ地下に通い続けるマニア・手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子さんによるおすすめブログ。

【SHARI(シャリ)赤坂】大人な雰囲気で料理を堪能できる♡

こんにちは、手土産姉ちゃんこと大雄寺幹子です。

今回は5月1日(日)に赤坂にオープンしたまさに“大人の隠れ家”と言うのにぴったり! な本格的な懐石料理と鉄板焼きが楽しめる「SHARI(シャリ)赤坂」を紹介します。赤坂駅から徒歩2分、赤坂見附駅からも徒歩4分ほどとアクセスも抜群!

場所は先日オープンしたばかりのホテル「COCOSHUKU赤坂Premium(ココシュク赤坂プレミアム)」地下1階にあり、“お忍び感”の漂うシックで大人な雰囲気。店内は、懐石料理を頂くことが出来るカウンターと個室(3室)と、ステーキや新鮮な海鮮などを戴くことが出来る鉄板焼き専用スペースが。一つのお店で「和食」と「鉄板焼き」の二つの顔が共存しているのが特徴です。どの席もゆったりしているので大切な人との会話を楽しみながら、ゆっくり過ごせます。

メニューは“陰陽五行(いんようごぎょう)思想”をコンセプトとし、季節の食材を、五つの味(五味)、五つの色(五色)、五つの調理法(五法)、五つの適度(五適)、五つの感覚(五感)に基づいて調理されたお料理は、見た目の美しさはもちろんのこと、栄養面でもバランスの整ったお料理となっています。

その“陰陽五行(いんようごぎょう)思想”をコンセプトにしたメニューは和食利用では旬の魚を軸とした懐石コース(税込9,900円(10品)〜)と、鉄板焼き利用では牛ヒレのステーキが楽しめるコース(税込9,900円(9品)〜)などが。

今回は懐石・鉄板焼きコースの中からオススメのメニューを試食させていただきました!

◆北海道産ホワイトアスパラと海鮮・フルーツトマト
~色彩野菜そえて~

ホワイトアスパラ、たらの芽、フルーツトマトなど旬の鮮やかな野菜と、あわび、ホタテ、ウニなどの海鮮が上にかかった甘酸っぱいジュレと相性抜群で贅沢な一品です。

◆牡丹鱧
~吉野本葛を纏って~

丁寧に取られた出汁と肉厚で脂の乗った鱧とじゅんさいが上品な味。

◆本日の厳選鮮魚盛り合わせ
〜山山葵とレフォールの醤油で〜

山山葵と西洋わさびのレフォールの出汁醤油でいただく。甘鯛、本まぐろ、車海老、アオリイカの盛り合わせは、辛さがまろやかで新鮮な味わいです。

◆ぐじ唐揚げ
〜大根いりこ煮と春菊餡で〜

ぐじとは「アカアマダイ」のことで、プリプリの唐揚げは優しい味の春菊の餡で大根と一緒にいただきます。

◆茨城県産日立牛カツ
〜トリュフ風味の泡醤油で〜

お皿も熱々の茨城県産の常陸牛のカツは薄めの衣で肉の旨味が存分に楽しめる一品です。トリュフの香りのする泡醤油と一緒にいただきます。シャキシャキ食感の山芋とウニ、キャビアも贅沢です。

◆お米
〜岐阜県飛騨地方指定〝龍の瞳〟〜

締めのツヤツヤ輝くご飯は、“幻の米”。岐阜県飛騨地方で作られた〝龍の瞳〟は一粒一粒が食べ応えがあります。

通常のお米よりも粒の大きさが2倍近くある生産量も少なくなかなか市場に出てくることがない貴重なお米だそう。赤だし、牛しぐれやまぐろの卵黄からし、しそわかめ、ぬか漬けなど絶品のご飯のお供と一緒にいただくと益々ご飯が進みます!

◆水菓子
〜ほうじ茶ティラミス コーヒーゼリー〜

デザートはほうじ茶の香ばしさがたまらないティラミスと、優しい甘さのクリームがほろ苦コーヒーゼリーと相性抜群です。

どのお料理も丁寧に作られ、洗練された上品な味付けで大人な気分も味わえるので、女友達とのちょっと大人な女子会から家族での記念日食事会、接待まで幅広く利用出来る万能なお店なのでぜひ行ってみてください。

【詳細】
SHARI赤坂(シャリ アカサカ)
東京都港区赤坂3丁目6-20 赤坂ポールスタービル地下1階

大雄寺幹子

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.05.22

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。