Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 【アイリスオーヤマ】ただのカラーマスクじゃない! アイリス初の秘密が…

LIFESTYLE

2022.02.09

【アイリスオーヤマ】ただのカラーマスクじゃない! アイリス初の秘密が…

アイリスオーヤマ初となる、国産カラーマスク「不織布プリーツマスク」全5色が登場!

アイリスオーヤマ初! 国産カラーマスク「不織布プリーツマスク」

マスクの着用が習慣化して早2年、最近では、ファッションの一部のようにマスクを楽しんでいる人も多いはず!

でもやはりマスクをつける一番の目的は感染を防ぐこと。そのためデザイン性だけでなく機能性においても納得のいくものを選びたいところ。

そこでオススメなのが、アイリスオーヤマのカラーマスク「不織布プリーツマスク」

実は同社では以前からカラーマスク自体は発売されており、ここOggi.jpでも紹介しました。コーデとの合わせ方なども載せているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

記事はこちらから>>人気すぎて品薄!【アイリスオーヤマ】カラーマスクなしでは秋冬越せない…

そして今回満を持して登場したのは、アイリスオーヤマ初の国産カラーマスク

カラーはピンクベージュ、シルクベージュ、モカブラウン、アッシュグレー、ブラックの5色。どのカラーも落ち着いたニュアンスカラーで、シーンを問わず活躍すること必至なのです!

▲不織布プリーツマスク(30枚)/参考価格 ¥1,188(税込み)※カラー:モカブラウン

ケースは窓付きだから、色を確認したうえで購入できるところもポイント!

マスクのサイズは、ふつうサイズ(165×90mm)。

普段小さめサイズを着用している場合、若干ゆったりめの印象をもつかもです。私は横幅はちょうどいいですが、縦幅というか顎周りは少し大きい気が。でもノーズフィッター付きで鼻はしっかりフィットするし、気になる隙間もできません!

また口周りの空間をキープするΩプリーツ加工とやわらか耳ひもによって、長時間つけていても快適!

◆ピンクベージュ

ピンクのマスクはさまざまなメーカーから発売されているけれど、アイリスオーヤマの「ピンクベージュ」は、ベージュがかったくすんだ色合いが特徴。そのため「ちょっとピンクはかわいすぎるかな……」という人にもオススメ! 実際に私もピンク自体は好きなほうではないのですが、このマスクは好んで着用しています。

◆シルクベージュ

クリーム色ともアイボリー色ともいえない、なんともエレガントな雰囲気が漂う「シルクベージュ」。肌なじみがとても良く、つけるだけで顔周りをパッと明るい印象にしてくれます。優しい甘さをもつカラーに目がいくこれからの時期、このマスクで春の気分を先取り!

◆モカブラウン

ほんのり紫を帯びた、洗練された色合いの「モカブラウン」。「濃い色を試してみたいけれど、黒には抵抗が……」という人でも、このカラーなら選びやすいのではないでしょうか。耳ひもの色が同系色の薄い色になっているところもワンポイントに! つけるだけで垢抜けた印象を与えてくれます。

◆アッシュグレー

グレーはグレーでも、どちらかというと暗めの「アッシュグレー」。霜降りのように濃淡があり、立体感を感じさせるところもおしゃれ! 男女問わず、またシーンを選ばず使いやすいと思います。商品単体で見るより実際に着用してみたほうが、色合いの良さがわかる気が。肌なじみの良さに驚き!

◆ブラック

スタイリッシュな印象が強い、ブラックのマスク。春に向けてやさしい色を身に着けることが増えてきますが、そんないつものコーデにスパイスをきかせたいときに取り入れるのも手! 顔のシルエットをすっきりきれいに見せてくれるところも魅力です。

* * *

アイリスオーヤマ

※記事中の感想は筆者個人の感想です

※掲載商品の色合いはできる限り実物に近づけていますが、ご覧になる環境(パソコンやスマホの画面)などによって、色合いが異なって見える場合がございます。

文/川原莉奈


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.29

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature