バレンタインにクッキーを贈る意味とは。おすすめや避けるべき贈り物をご紹介
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. feature(lifestyle)
  4. プレゼント・ギフト
  5. バレンタインにクッキーを贈る意味とは。おすすめや避けるべき贈り物を紹介

LIFESTYLE

2022.01.14

バレンタインにクッキーを贈る意味とは。おすすめや避けるべき贈り物を紹介

バレンタインに贈るクッキーには、「友達でいよう」との意味が込められています。贈り物によってさまざまな思いが込められているため、事前に確認しましょう。この記事では、バレンタインにクッキーを贈る意味を解説します。おすすめや避けるべき贈り物もチェックしましょう。

【目次】
バレンタインの由来
バレンタインにクッキーを贈る意味
クッキーの作り方
クッキー以外でバレンタインにおすすめの贈り物7選
バレンタインに避けるべき贈り物
バレンタインにクッキーを贈る意味を理解しよう

バレンタインの由来

(c)Shutterstock.com

バレンタインは、キリスト教の聖職者であるバレンタイン司祭が処刑された日だといわれています。当時のローマ帝国では兵士の結婚を禁じていたものの、バレンタインは隠れて結婚式を挙げていました。

それが皇帝クラウディウス2世に見つかってしまい、処刑されてしまったのです。このことからバレンタインの名前を取って、処刑された2月14日を恋人の日に定めたといわれています。

ちなみにホワイトデーは、バレンタインの死を悲しみ、1ヶ月後の3月14日に永遠の愛を誓い合っていたことが由来です。

バレンタインにクッキーを贈る意味

(c)Shutterstock.com

バレンタインにクッキーを贈ると「ずっと友達でいよう」との意味が込められます。そのため、本命の男性に贈るのは避けたほうがいいかもしれません。

しかしバレンタインの贈り物に大切なのは、あなたの思いです。クッキーに手紙やメッセージカードを添えるだけでも、相手の男性に気持ちは伝わるでしょう。チョコが苦手な男性には、クッキーのほうが喜ばれる可能性も。

クッキーの作り方

(c)Shutterstock.com

クッキーはバターや小麦粉、砂糖など、家庭にある材料で簡単に作れます。基本の作り方をマスターすれば、アレンジもしやすいでしょう。またお菓子作りが苦手な人は、必要なものが揃ったキットを活用するのもおすすめです。

ここでは、クッキーの材料や手順を紹介します。クッキーをおいしく焼くコツもあわせてチェックしましょう。

◆材料や手順

クッキーを作る際に必要な材料や手順は、以下のとおりです。

【材料】
・バター:100g
・砂糖:60g
・溶き卵:1/2個
・小麦粉:160g
・塩:少々
・打ち粉(強力粉または薄力粉):適量

【手順】
1.バターと卵を室温に戻す
2. バターを泡立て器で混ぜ、砂糖、卵の順に入れて、そのつどよく混ぜる
3.[2]にふるった小麦粉と塩を加えて、ゴムベラでざっくりと混ぜる
4.[3]をひとまとめにしたら、ラップの上に移して、折り畳むように混ぜ込む
5.[4]をラップで包んだら、冷蔵庫で2時間以上寝かせる
6. 打ち粉をしたのち、[5]を綿棒で均一に伸ばす
7. 好みの型でくりぬいたら、170℃で熱したオーブンで17~20分焼く
8. 薄くきつね色に焼きあがったら取り出して冷ます

クッキーが簡単に作れるキットも販売されているため、忙しい方やお菓子作りが苦手な方は活用するのもいいでしょう。

◆おいしく焼くコツ

クッキーをおいしく焼くコツは、混ぜ方に注意することです。生地に小麦粉を入れた後に練りすぎてしまうと、クッキーが硬い仕上がりになります。そのため小麦粉を入れたらゴムベラに持ち替えて、切るようにざっくりと混ぜましょう。

またクッキーを長めに焼くことで、サクサクとした食感になります。オーブンの種類やクッキーの厚さによって焼き時間は異なるため、クッキーの様子を見ながら焼き上げましょう。

クッキー以外でバレンタインにおすすめの贈り物7選

(c)Shutterstock.com

クッキー以外でバレンタインにおすすめの贈り物は、以下の7つです。

・チョコレート
・ティラミス
・マカロン
・バームクーヘン
・マドレーヌ
・ハンカチ
・コーヒー

バレンタインに贈るプレゼントは、クッキー以外にもさまざまな種類があります。贈り物によって込められる意味が異なるため、男性に伝えたい気持ちに合わせて選ぶのもいいでしょう。ここでは、クッキー以外でバレンタインにおすすめの贈り物を紹介します。

1. チョコレート

日本でも頻繁に贈られるチョコレートには、「あなたと同じ気持ち」との意味が込められています。そのため、彼氏だけではなく友人に渡す場合も贈りやすいでしょう。

またチョコにはブラックやミルク、ホワイトなど種類が豊富であるため、贈る楽しさも感じられます。ラッピングやデザインにこだわったチョコレートも多数販売されており、贈る相手に合わせて選びやすいでしょう。

なお、ホワイトデーに贈るチョコレートには、「これまでと同じ関係でいよう」という意味があります。

2. ティラミス

イタリアの代表的なお菓子であるティラミスは、「私を元気付けて」という意味が込められています。ティラミスをイタリア語で表記した場合の文節から、私を引っ張りあげてという意味になったそうです。

そこから転じて、元気付けるという意味になりました。つまり、相手に自分のことを気遣ってほしい場合に贈るといいでしょう。

3. マカロン

色合いが可愛いマカロンは、「あなたは私にとって特別な存在」という意味が込められています。そのため友人ではなく、本命の男性に渡すのがおすすめのお菓子です。

マカロンは高級感のあるお菓子で、なおかつ作るのに手間もかかることから、思いの深さを表現していると考えられています。見た目や味にバリエーションがあるため、男性の好みに合わせて選べるでしょう。

4. バームクーヘン

結婚式の引き出物としても利用されるバームクーヘンには、「今の幸せが続きますように」との意味があります。バームクーヘンは生地が何層も重なって作られているところから、「幸せが重なるように」との思いが込められています。

そのため片思いの相手よりも、お付き合いをしている彼氏への贈り物としておすすめのお菓子です。

5. マドレーヌ

恋愛の縁起物と考えられているマドレーヌは、「もっと仲良くなりたい」との意味が込められています。マドレーヌは貝殻が2枚重なった形をしており、縁結びや夫婦円満の象徴と考えられているのです。

そこから意味合いが転じて、より良い環境が築けるようにとの願いが込められるようになりました。そのため、これから関係を深めていきたい男性に贈るのがおすすめです。

6. ハンカチ

バレンタインにハンカチを贈るのもおすすめです。ハンカチは老若男女問わず使用し、消耗品でもあることから男性にも喜ばれやすいでしょう。

デザインだけではなく、吸水性の良さや手触りなどの機能性にこだわるのもポイントです。残り続けるものではないため、お付き合いしていない相手に対しても贈りやすいプレゼントです。

7. コーヒー

バレンタインに甘いものではなく、コーヒーを贈ると喜ばれます。自宅で過ごす時間が増えた人も多く、カフェで飲むようなコーヒーを自宅で手軽に味わえるのが特徴です。

またコーヒーは味の種類が豊富であるため、毎日違った味わいを楽しめるのも魅力でしょう。特に普段からコーヒーを飲む人であれば、プレゼントしやすい贈り物です。

バレンタインに避けるべき贈り物

(c)Shutterstock.com

バレンタインにマシュマロを贈るのは避けましょう。マシュマロには「あなたのことが嫌い」という意味が込められています。

マシュマロは口に入れるとすぐに溶けてしまうことから、「あなたのことを忘れたい」「消えてほしい」といった意味として受け取られてしまいます。相手の男性に誤解されないためにも、贈り物に選ばないほうが賢明です。

バレンタインにクッキーを贈る意味を理解しよう

(c)Shutterstock.com

バレンタインに贈るクッキーには、「ずっと友達でいよう」という意味が込められています。ただし意味で判断するのではなく、気持ちを込めてプレゼントするのがいいでしょう。

またクッキー以外の贈り物にも、さまざまな意味が込められているため、プレゼントを選ぶ際の参考にするのがおすすめです。素敵なプレゼントを選んで、思い出に残るバレンタインにしましょう。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature