年末ジャンボ宝くじに当選したい?実践すべきポイント4つとおすすめの買い方 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 年末ジャンボ宝くじに当選したい? 実践すべきポイント4つとおすすめの買い方

LIFESTYLE

2021.11.08

年末ジャンボ宝くじに当選したい? 実践すべきポイント4つとおすすめの買い方

年末ジャンボ宝くじには2つの種類があり、毎年11月下旬から12月下旬の間に販売されます。宝くじ売り場やインターネットで簡単に購入できますが、特に初心者は「連番」「バラ」などの意味を覚えることが先決です。今回は年末ジャンボ宝くじについて詳しく解説します。

【目次】
年末ジャンボ宝くじの種類や当選確率
おすすめの年末ジャンボ宝くじの買い方3つ
年末ジャンボ宝くじに当選するためのポイント4つ
今年の年末は宝くじを買ってみよう

年末ジャンボ宝くじの種類や当選確率

(c)Shutterstock.com

年末ジャンボ宝くじとは、毎年11月下旬から12月下旬に販売される宝くじのことです。大型くじのことをマスコミが「ジャンボ」と呼び始め、1979年のサマージャンボ宝くじから「ジャンボ宝くじ」という名前が定着しました。

年末の大型くじは、年末ジャンボ宝くじと年末ジャンボミニの2種類があります。どちらの宝くじを購入するかの検討に役立つ、2種類の宝くじの特徴などを押さえておきましょう。

年末ジャンボ宝くじの種類は2つ

年末に販売される大型くじは、年末ジャンボ宝くじと年末ジャンボミニの2つです。どちらも1枚あたりの購入金額は同じですが、当選金の額が大きく異なります。2021年の当選金は以下の通りです。

【年末ジャンボ宝くじ(第905回全国)の当選金(一部抜粋)】
・1等|7億円(22本)
・1等の前後賞|1億5,000万円(44本)
・1等の組み違い賞|10万円(4,378本)
・2等|1,000万円(88本)
・3等|100万円(880本)

【年末ジャンボ宝ミニ(第905回全国)の当選金(一部抜粋)】
・1等|3,000万円(60本)
・1等の前後賞|1,000万円(120本)
・2等|5万円(3万本)
・3等|1万円(90万本)

年末ジャンボミニのほうが当選金は少額ではあるものの、当選する本数が多い分、年末ジャンボ宝くじよりも当たりやすいとされています。

どちらも2021年11月24日に販売がスタートし、12月24日まで購入できます。抽選日は12月31日で、当選金が1万円以下であれば宝くじ売り場での受け取りが可能です。当選金が1万円以上の場合、通常はみずほ銀行で受け取ります。

年末ジャンボ宝くじの購入方法は2つ

年末ジャンボ宝くじの購入方法は2つあり、宝くじ売り場かインターネットで購入できます。宝くじ売り場が設置されているのは、みずほ銀行の店頭やショッピングモールなどです。基本的にクレジットカードなどのキャッシュレス決済は利用できません。

インターネットでの購入は宝くじの公式サイトから行います。宝くじ売り場に行くのが難しい場合や、今すぐに宝くじを購入したい場合はインターネットでの購入がおすすめです。

年末ジャンボ宝くじの1等の当選確率

年末ジャンボ宝くじの1等の当選確率は2,000万分の1です。当選確率を求めるためには、ユニットについて理解しておかなければいけません。

ユニットとは、主にジャンボ宝くじに用いられている仕組みのことです。10万枚を1組と考え、組の数によって1ユニットの枚数が決定します。

年末ジャンボ宝くじの組数は200組となっており、1ユニットあたりの枚数は2,000万枚、販売されるのは合計22ユニットです。1等の本数は22本であるため、当選する確率は2,000万分の1と求められます。

年末ジャンボミニの組数は100組で、1ユニットあたりの枚数は1,000万枚、販売されるのは合計15ユニットです。1等の本数は60本のため、1ユニットにつき4本当選すると考えると、当選確率は250万分の1です。

おすすめの年末ジャンボ宝くじの買い方3つ

(c)Shutterstock.com

年末ジャンボを購入する際は、おすすめの買い方が3つあります。

1. 連番3枚×10セットで買う(縦バラ)
2. 連続する番号を通しで買う(縦連)
3. 連番10枚とバラ10枚をこまめに買う

連番とは、宝くじを購入する際に連続する番号を選ぶことを指します。バラはその名の通り、バラバラの番号を選ぶことです。宝くじの買い方は、連番かバラの2つから選ぶことになります。

上記3つは連番・バラを組み合わせたもので、宝くじの当選確率をアップできる購入方法です。せっかく宝くじを購入するなら、賢い買い方で当選確率アップを狙いましょう。ここでは、おすすめの買い方についてわかりやすく解説します。

1.連番3枚×10セットで買う(縦バラ)

年末ジャンボを購入する際は、連番3枚を10セットで買う方法がおすすめです。これは「縦バラ」と呼ばれ、1等と前後賞の両方を狙える買い方です。

縦バラは、以下のように連続する3つの番号を10セットで買う方法です。

1セット目|50組 15001 …… 03組 20012
2セット目|50組 15002 …… 03組 20013
3セット目|50組 15003 …… 03組 20014

2.連続する番号を通しで買う(縦連)

年末ジャンボの買い方として、連続する番号を通しで買う「縦連」もおすすめです。別名「通し」とも呼ばれ、つながった番号を組み番号は変えずに購入する方法です。

通常の連番の買い方では、1セット目と2セット目の番号は連続しないため、数番違いで当選を逃す可能性があります。その点、縦連は何十枚でも連続する番号を買えるのがメリットです。

2セット(1セットあたり10枚)を縦連で買うと、連続する番号の宝くじを20枚分購入できます。セット数を増やせば、30枚連続や40枚連続で買うことも可能です。

1セット目|50組 15000 …… 50組 15009
2セット目|50組 15010 …… 50組 15019
3セット目|50組 15020 …… 50組 15029

3.連番10枚とバラ10枚をこまめに買う

連番10枚とバラ10枚をこまめに買う方法も、年末ジャンボの賢い買い方として知られています。これは、一度に大量の枚数を買うよりも、こまめに買うほうが当たりやすいという考え方です。

特に前後賞を狙う場合は、連番をこまめに買うのが当選確率アップに有効とされています。なお、高額当選を狙うなら連番10枚・バラ20枚もおすすめです。1セットを購入するとき、連番よりもバラのほうが当選確率が高いといわれているからです。

注意点として、宝くじは1枚あたり300円のため、合計30枚を購入すると9,000円がかかります。お財布と相談しながら、可能であれば高額当選が狙える買い方を試してみましょう。

年末ジャンボ宝くじに当選するためのポイント4つ

(c)Shutterstock.com

年末ジャンボ宝くじを購入する際は、買い方以外にも気をつけたいポイントが4つあります。

1. 縁起のいい日に購入する
2. いつも同じ宝くじ売り場で購入する
3. 午前中に宝くじを購入する
4. 縁起のいいお金を使って購入する

「今年こそ年末ジャンボ宝くじを買いたい」と考えているなら、当選するためのポイントを押さえておきましょう。

1. 縁起のいい日に購入する

宝くじを購入する日にちは縁起のよさで決めるのがおすすめです。縁起のいい日とは、一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)や天赦日(てんしゃび/てんしゃにち)などを指します。

これらの縁起のいい日は、何かを始めるのに適していたり、金運アップにつながったりするとされています。2021年の年末ジャンボ宝くじの販売期間中の縁起のいい日をまとめました。

12月3日(金):友引、一粒万倍日
12月4日(土):大安、一粒万倍日
12月17日(金):赤口、一粒万倍日
12月18日(土):先勝、一粒万倍日

2. いつも同じ宝くじ売り場で購入する

年末ジャンボ宝くじの当選を目指すなら、いつも同じ売り場で購入することも大切なポイントです。高額当選を経験した人の多くは、同じ売り場で買うことにこだわる傾向があります。

また、宝くじは同じ売り場で繰り返し高額当選することが多いため、高額当選がよく出る売り場で買うのもおすすめです。以下のような当たりやすいといわれる売り場を選びましょう。

・西銀座チャンスセンター
・上野御徒町駅前センター
・新宿チャンスセンター
・新橋駅島森口宝くじラッキーセンター
・有楽町 大黒天宝くじ売り場
・池袋東口 西武線駅構内売り場
・東京都 八重洲地下街チャンスセンター

3. 午前中に宝くじを購入する

高額当選する人の傾向として、午前中に宝くじを購入することが挙げられます。これは午前中は直感が冴え渡るとされ、宝くじに当たりやすくなるような行動ができると考えられているからです。

宝くじを買うと決めたら、仕事や用事を済ませたあとの疲れた状態ではなく、午前中に時間を作って宝くじ売り場へおもむいてみましょう。

4. 縁起のいいお金を使って購入する

宝くじを縁起のいい日に買うのはもちろん、購入する資金の縁起のよさにも注目しましょう。縁起のいいお金を使って購入することで、より宝くじに当たりやすくなるとされています。

縁起のいいお金とは、目上の人からもらったお金や、何かの賞金として入ってきたお金などです。または、過去に宝くじに当選した経験があるなら、前回の当選金を使って再度購入してみてはどうでしょうか。

今年の年末は宝くじを買ってみよう

(c)Shutterstock.com

年末ジャンボ宝くじは2つの種類があり、当選する金額や当選確率が異なります。1枚あたりの購入金額は同じのため、金額や当たりやすさから選ぶといいでしょう。

銀行やショッピングモールに設置された売り場のほか、インターネットからでも宝くじを購入できます。高額当選が狙える買い方や購入時のポイントを押さえて、今年の年末は宝くじに挑戦してみてはいかがでしょうか。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.11.29

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature