開運線で人生の転機がわかる? 占い師が見方と意味を教えます【手相占い】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 占い・心理テスト
  3. feature(fortune)
  4. 手相占い
  5. 開運線で人生の転機がわかる? 占い師が見方と意味を教えます【手相占い】

FORTUNE

2021.09.29

開運線で人生の転機がわかる? 占い師が見方と意味を教えます【手相占い】

「開運線」とは、結婚・独立・昇進など、人生上で起こる新しい出来事の時期などがわかる手相です。1万人近くの人相・手相を鑑定してきた占い師・いけのりさんに、開運線の意味や位置、見方について教えてもらいました。この記事を読みながら開運線をマスターしていきましょう!

【目次】
開運線とは?
開運線の位置
枝分かれした開運線
流年法で見る開運線
開運線と結婚の関係
開運線と向上線の違い
開運線と運命線の見分け方
生命線と運命線の橋渡しをする開運線

開運線とは?

運が開ける出来事や努力が報われる時期、また、独立・結婚・入社・昇進・その他諸々、嬉しいこと、新しいことが起こる年を鑑定する時に参考にする線です。

開運線の位置

それでは開運線の位置を確認していきましょう。開運線は生命線を起点として、中指に向かって上昇している線です。起点の位置によって、新天地が開ける時期がわかるとされています。後で解説しますが、時期の鑑定には「流年法」という方法を用います。

枝分かれした開運線

手相において、枝分かれは線の意味を強めたり、多面性を持たせたりする印ですので、開運線が枝分かれしているということは、その出来事が想像以上にいい形で実現することを意味します。

手相の縦線というのは、眺めれば眺めるほど成長中の植物のように見えてきて、枝分かれというのは下の方にあると地面に根っこを張っているように見えますし、上の方にあると空に向けて枝や葉っぱを広げているように見えます。枝分かれからは、その線の着実さや広がりがふんわりと伝わってくるんですね。

流年法で見る開運線

開運線に現れている出来事が起こる時期は「流年法」というものを用いて割り出します。開運線は生命線が起点となって伸びていくため、生命線を0歳~100歳まで分割し、始まりの点がどの辺にあるかで時期を判断します。

上記のイラストは、とある流派が用いている流年法の例です。流年法は高度なテクニックが必要とされ、また流派によって微妙に目盛り(生命線に刻む年齢ですね)の割り当て方も違ったりしますので、よく当たると評判の占い師を探して鑑定してもらうことをおすすめします。大雑把な占い師に当たってしまうと、すべてがズレていきます。

開運線と結婚の関係

開運線は結婚の時期もわかると言われています。が、実際占いの時には、線に“結婚”と書かれているわけではないので、正確にそれを予測するのはちょっと大変です。占いされる側が本当は何を主眼において生きておられるかで、占い結果も変わってくるのです。つまり、結婚が人生のターニングポイントだと公言して生きていても、実のところは仕事が第一優先であるという方には、開運線は仕事に関する出来事を示唆していたりするのです。

開運線と向上線の違い

開運線と間違いやすい線で「向上線」というものがあります。開運線は、生命線上から中指に向かって伸びる線でしたが、向上線は人差し指に向かって伸びる線です。向かう指が違うのですね。

向上線は、目標達成のために大変な努力ができる向上心にあふれた人に出ている線で、別名を「努力線」とも言います。この線が出ている人は、飽くなき向上心を持ち、「常に改善、常に前進」というタイプが多く、本当に日々の努力を惜しまない、「趣味は努力です」という方に見られます。

詳しくは、「向上線がある手相ならあなたは努力型? その意味と見方を占い師が教えます」をチェックしてみてください。

向上線と開運線の両方が出ている人、よかったですね。努力がちゃんと報われるという証です。いつか報われる日を信じて、努力を惜しまないようにしましょう。また、開運線を花開かせるためには、目標設定が大事です。自分はいったい、どこに向かってどう生きたいのか… それをぜひ明確にして、一度きりの人生を無駄にしないようにしたいものです。あ、はい、私はまったく決めていませんが。

開運線と運命線の見分け方

開運線は、生命線から伸びている薄い運命線と混同されることがあり、私自身も「これはどちらなのだろうか…」と鑑定時に迷ったケースがありました。

運命線は、責任感や満足度、その人の社会的な成長度などを読み取ることができる線で主要線の一つです。手首の上のあたりから中指の付け根に向かって伸び、手のひらの中央あたりを突っ切っているのが標準なのですが、いろいろな出方があり、中には生命線を起点としている人がいるのです。

この開運線or運命線の判定は、各人の手相をちゃんと鑑定しないと何とも言えないのですが、薄い方を開運線、より濃い方を運命線とする等、自身の中である程度ルールを決めてから臨むといいと思います。後で、やっぱりこっちでした… となったこともありましたが。手相って、全員違っているので難しいですね(最近はもうばっちり鑑定できますのでご安心ください)。

生命線と運命線の橋渡しをする開運線

生命線と運命線の橋渡しをするように出ている開運線は、人生が何かとスムーズに進行する人に多く出ていました。

生涯、「渡りに船」状態とでもいいましょうか。ああ、ちょっと困ったなぁという場面でも、ちょうどよく助けが入ったり、ドミノのように次の新しいイベントが舞い込んで来たりするんですね。こういう人は、日頃のおこないがいいのだろうなと思っていたのですが、日頃のおこないがそうでもない人で、橋渡し開運線を持っていた人を見た時には、この人は前世の貯金で今世をうまく乗り切っているのだろう… という境地に至りました。いずれにしても橋渡し開運線はうらやましい手相ですね。

【関連記事】

監修:いけのり

人相学・手相などを使った相手の性格・深層心理の状態を明らかにする心理学寄りの占いをメインとし、明るく楽しい未来を呼び込むお手伝いをしている占い師。ITベンチャー企業に勤めていた際に電車の窓ガラスに映り込んだ自分の顔が、疲弊し過ぎて死神のようになっていて怖かったことから人相学の勉強を開始。これまでに1万人近くを鑑定している。開運のために「薄ら笑い」を熱く提唱中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.11.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature