祝再販! 神ウマで入手困難な「赤城乳業 かじるバターアイス」はどこで売ってる? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 祝再販! 神ウマで入手困難な「赤城乳業 かじるバターアイス」はどこで売ってる?

LIFESTYLE

2021.09.23

祝再販! 神ウマで入手困難な「赤城乳業 かじるバターアイス」はどこで売ってる?

SNSで話題になり、完売するお店も続出した、赤城乳業の「かじるバターアイス」。今回再販したと聞きつけ、ついにゲット。実食レポとアレンジも紹介します。20年来、週3回以上はデパ地下に通い続けるマニア・手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子さんによるおすすめ手土産ブログ。

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

幻のアイスが再販! ついにゲットできました!

こんにちは、手土産姉ちゃんこと大雄寺幹子です。今年の2月に発売してSNSを中心に一気に人気になり、コンビニを15件以上回っても手に入れることのできなかった幻のアイス「かじるバターアイス」!

今回は情報通の友人から発売日に「ここに売ってるよ〜!」と販売しているお店の情報を入手。再販されたタイミングで無事に手に入れることができました!

私は都内のセブンイレブンでゲットできました!

赤城乳業「かじるバターアイス」が美味しすぎる!

そんな8ヶ月も待ち焦がれていた「かじるバターアイス」はガリガリ君でおなじみ、赤城乳業の商品。

バターの箱を彷彿とさせるパッケージからテンションが上がります! 北海道産の生乳から作られた発酵バター入り。袋を開けると少し黄色味がかった四角いバーアイスが。

バーがささっていなければ、見た目はまさにバター(ちょっと大げさ?w)。

ひと口かじってみると、濃厚なミルクアイスの味わいが感じられ、味は少し甘め。食べ進めると口の中に濃厚かつクリーミーなバターの香りが広がってきます(バター感を感じるには少し時差があるようです)。

どんどん食べていくと、ほのかにしょっぱいと感じる塩気も! そこもバターっぽい! うん、これはおいしい♪

そして食感の方は? と言うと口当たりはとってもなめらか。何かに例えるとするなら濃いミルクアイスもしくは、逆に軽めのバターといった感じです。

この「かじるバターアイス」。シンプルにアイスで食べるだけでも十分美味しいのですが、アレンジレシピがSNSで盛り上がっていたのでちょっとチャレンジしてみました!

◆あんバタートースト

トーストした、あんバターブレッドに「かじるバターアイス」をナイフでカットしてたっぷり載せるだけ!

味は、バターよりも軽くてさっぱりとした味。これならたくさん載せてもしつこくなくて食べやすい。溶け方も本物のバターみたい!

他にも干し芋や焼き芋に付けたり、サブレに挟んで食べても美味しかったですよ◎。

アイスとしてだけじゃなく楽しめちゃう万能スイーツはリピート買い確定です。初日に3本買ったのですが、1日で食べきってしまいました(笑)。

それでも気分が重くならないのには理由が、、、。

なんと! 気になるカロリーは1本あたり140kcal。と濃厚さに反してビックリの低さ。これならバターの代わりにたっぷりトッピングしても罪悪感少なくて済んじゃう気がしています♡

今回も数量限定発売なので、売り切れる前に見かけたらゲットすることを全力でオススメします!

赤城乳業|かじるバターアイス(棒)
140円(税別)

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature