ついにクレンジング迷子卒業♡ 最愛のクレンジングを見つけた! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 洗顔方法
  5. ついにクレンジング迷子卒業♡ 最愛のクレンジングを見つけた!

BEAUTY

2021.09.06

ついにクレンジング迷子卒業♡ 最愛のクレンジングを見つけた!

実際に使ってよかったクレンジングをピックアップしてお届け!

敏感肌にも! タイプ別で選ぶオススメのクレンジング3選

ミルクやオイル、ジェルなど、さまざまなタイプがあるクレンジング。さらに敏感肌なことも相まって、結局どのクレンジングが自分の肌に合っているのかわからず、あれこれ試してきました。その中で、ようやくたどり着いたのがこの3つ。

■肌へのやさしさを重視するなら…
カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク

▲カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク/100g ¥1,760[公式通販限定]・200g ¥3,300・400g ¥5,500

カバーファンデーションを落とすクレンジング力と、美容液成分を89%配合した保湿力を両立したクレンジングミルク。洗い上がりの肌はしっとりもちもちでスキンケアしたかのような肌に! 濡れた手でも使用可能。

\エディターが使ってみた/

数々の美容家などからも高い支持を得ている、カバーマークのクレンジングミルク。ミルクタイプなので肌にやさしく、洗顔後もつっぱったりピリピリしたりしません。美容液成分を配合しているとあって、洗い上がりは驚くほどしっとり♡

さらに通常のミルククレンジングよりも落ちがいい気が! 普段のメイクであればしっかり落ちます。すごく濃いめのメイクはさすがに落としきるのは難しいですが、その場合はポイントメイクリムーバーを併用すれば問題なしっ!

ほのかに香る柑橘系の香りもいいし、パッケージがスリムでシンプルなデザインなので、洗面台に置いても邪魔にならないところも個人的にお気に入り。

詳細はこちら>>カバーマーク

■しっかりメイクを落としたいなら…
ファンケル マイルドクレンジング オイル

▲ファンケル マイルドクレンジング オイル 120ml/¥1,870

落ちにくいメイクも、ザラつきも、毛穴につまったあらゆる角栓も。「するんとオフオイルα」と「毛穴つるすべオイル」の働きで素早く浮かせてまとめてオフする、クレンジングオイル。濡れた手でもOK!

\エディターが使ってみた/

クレンジングオイルの代名詞的存在になっているので、愛用している人も多いのではないでしょうか。私も濃いめのメイクの日は、欠かせない存在です。

人気の秘密は、圧倒的なクレンジング力と肌へのやさしさを両立しているところですよね。アイシャドウもマスカラもアイラインも、気持ちいいくらいするん! と落ちて、本当に頼もしい!

ゴシゴシこすらなくてもメイクオフできるから結果的に肌にも優しいし、洗いあがりもつっぱらずにそれでいてさっぱり♡ 絶対に廃盤にならないでほしいコスメのひとつです!

詳細はこちら>>ファンケル

■洗顔や角質ケアも一緒にしたいなら…
DUO ザ クレンジングバーム

▲DUO ザ クレンジングバーム 90g/¥3,960

肌の上でトロリとなじんで汚れもメイクもしっかりオフ! クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージ・トリートメントの5つの機能を兼ね備えた画期的なクレンジング。W洗顔不要!

\エディターが使ってみた/

付属のスパチュラで削って使うバーム状のクレンジング。バームタイプを使うのは初でしたが、初めて使用したときは、その使い心地に思わず唸ってしまいました。そしてなんでいままで買わなかったんだろう、と後悔!

使う前こそ、固形状のテクスチャーだから摩擦があるかな? と気になりましたが、実際に肌にのせると、とろっと溶けてやわらかくなり、肌にやさしくなじんでくれるのです!

メイクもきれいに落ちるし、毛穴汚れにもアプローチしてくれます。価格がお高めなところだけが玉に瑕ですがそれでも定期的に使っていきたい♡

詳細はこちら>>DUO

* * *

※価格はすべて税込み表示です

※記事中の感想は筆者個人の感想です

文/川原莉奈


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature