ダメンズ好き女子の特徴。恋愛依存やスペック重視… いくつ当てはまる?〈OLライターのタケ子の恋愛考〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. ダメンズ好き女子の特徴。恋愛依存やスペック重視… いくつ当てはまる?〈OLライターのタケ子の恋愛考〉

LOVE

2021.06.28

ダメンズ好き女子の特徴。恋愛依存やスペック重視… いくつ当てはまる?〈OLライターのタケ子の恋愛考〉

浮気者… 怠け癖…。つきあう前は好印象! でもつきあったらダメンズだった…。そんな男たちを引き寄せやすい女性の特徴とは!?〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

ダメンズを引き寄せちゃう女性の特徴って?

つきあうまでは誠実そうな男性に見えても付き合ったらダメンズだった。

そんな経験はありませんか? 恋をするとついつい相手が良く見える恋のフィルターのせいかも。そのフィルターが分厚い女性こそダメンズに引っかかりやすい?

今回はダメンズを引き寄せやすい女性の特徴を考えてみました。

◆自分に自信がない

(c)Shutterstock.com

年齢や容姿、または学歴職歴のキャリアに限らず「わたしなんて」と思いやすい女性はダメンズにとって好都合。弱みにつけこんで近づいてくる男性もちらほらいます。

か弱さは時に女性の武器になるかもしれませんが、マイナス思考であったり自分を卑下することにためらいがない場合は注意が必要かもしれませんね。

かといって自信過剰だとダメンズはおろか素敵な男性にもそっぽを向かれてしまう可能性も否めません。程よい自信は魅力となり男性にとって惹かれるポイントにもなると心得て。恋活または婚活中であれば、意識して自信がないような振る舞いは控えるようにしたいですね。

◆母性本能が強すぎる

(c)Shutterstock.com

どんな男性でも時には女性に甘えたいものです。けれどその彼からの行為を喜びすぎるのは早いかもしれません。彼の甘えを受け入れやすい女性もまたダメンズに引っかかりやすいでしょう。

彼の役に立ちたい、お世話をしてあげたい。彼の身の回りのことを全て引き受けてしまうと「俺はなにもしなくていいんだ」という思考になり、あなたのことも女性・彼女・妻として見られなくなってきてしまう。

その結果、本当に頼りにしたいときに彼が役に立たなくなってしまう可能性大! 男性としての役割をしっかり気づかせてあげるためにも過度な母性本能は抑えたほうがよさそうですね。

◆恋愛に依存しがち

(c)Shutterstock.com

依存の程度は人によって大きく異なるため、自分では気づかないことが多いかもしれません。わかりやすい例だと、「あらゆることを差し置いても彼を優先する」などが挙げられます。

仕事はもちろん友人や家族との約束、さらには自分さえも犠牲にして彼との関係の構築に没頭してしまいやすいと恋愛依存傾向と言えるかもしれません。そうなれば理想が強くなりすぎ、彼への不満から「ダメンズだ」と自ら判断していく最悪なパターンに陥ることも考えられます。

また、彼以外の男性からの視線や印象を気にするがゆえに周りに迷惑がかかってくることもあります。恋愛に依存しているかどうかを知るためにはやはり友人の忠告も受け入れることをお忘れなく。

◆スペックだけで相手を決める

(c)Shutterstock.com

マッチングアプリなどの普及により出会いの幅がぐっと広くなりましたよね。

それにご丁寧にプロフィールが表示され、サイトを通じて結婚したという人も多くなってきました。けれどそのプロフィール、つまりスペックで全てを判断していませんか?

もちろん大切な情報なので恋人選びには必要なことかもしれません。しかしルックス・学歴・年収などの重大要素ばかりを気にしていると良い結果を出すのは難しいのではないかなと思います。

イケメンゆえに浮気者。高収入だけど金遣いが荒い。お堅い仕事なのに家のことは怠ける。スペックだけを重視しているとこんなダメンズに出会ってしまう場合もあります。私が実際に経験してるので(泣)。

* * *

いかがでしたか? あなたの行動でダメンズを引き寄せる、またダメンズを製造してしまう可能性が秘めていることがわかりました。いずれも本来の自分を見失いかねない行動に感じます。一度ダメンズに引っ掛かるとその次もダメンズだった! という負の連鎖を生まないためにも自分のスタイルを確認してみて!

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.06

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature