果汁入りクリソやクラフトコーラも! 日本上陸20年の名店で今だけのメロンパフェ♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. スイーツ
  5. 果汁入りクリソやクラフトコーラも! 日本上陸20年の名店で今だけのメロンパフェ♡

LIFESTYLE

2021.06.17

果汁入りクリソやクラフトコーラも! 日本上陸20年の名店で今だけのメロンパフェ♡

ピエール マルコリーニから夏限定の爽やかで豪華なメニューが登場したのでレポートします! 20年来、週3回以上はデパ地下に通い続けるマニア・手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子さんによるおすすめ手土産ブログ。

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

【ピエール マルコリーニ】爽やかなで大人な夏のシーズンメニューが登場!

こんにちは、手土産姉ちゃんこと大雄寺幹子です。

今年で日本上陸20周年を迎えたベルギー王室御用達、人気ショコラティエのピエール マルコリーニから夏限定スイーツを今回はレポートしちゃいます!

クラフト カカオ コーラ

▲クラフト カカオ コーラ 770円(税込)

まず初めにご紹介するのは、「クラフトカカオコーラ」。商品開発に3ヶ月以上もかけた、こだわりが詰まった逸品です!

自家製のコーラシロップをカカオティーとソーダで割り、クローブ、カルダモン、シナモンなど厳選された色々なスパイスが入った、ひと味違ったコーラ。

鼻に抜ける香りと深みのある味わいがなんとも贅沢です! これぞ大人のコーラといった感じ♪ 苦味も程よく効いているので、甘いのが苦手な人にもオススメです。

クリームソーダ フロート ~ショコラブラン~

▲クリームソーダ フロート ~ショコラブラン~ 990円(税込)

続いては、「クリームソーダ フロート ~ショコラブラン~」。本物のメロン果汁をシロップにたっぷり使用した、本格派のクリームソーダです。

メロンの風味もたまらないのですが、上に乗っているホワイトチョコレートのアイスクリームが絶品なんです。

見た目のかわいさだけじゃなく、味も抜群! ソーダもアイスクリームもそれぞれでも楽しめるし、混ぜるともっとリッチな味わいになるクリームソーダです♡

マルコリーニパフェ シーズン「メロン」

▲マルコリーニパフェ シーズン「メロン」1,650円(税込)

そして最後は、見た目も爽やかで美しい“メロン尽くし”の『マルコリーニパフェ シーズン「メロン」』。オーナメントのメロンの皮をモチーフにしたチョコもかわいくて食べる前から気分も上がります♡

食べ始めると驚きの連続! 甘いかな? と思った生クリームが無糖だったり、一見マスカット? のように見える(笑) ゼリーがしっかりメロン味だったり、しっとりなめらかな口当たりの中にパチパチ弾けるポッピングキャンディー! など細部に渡って驚きと楽しさのあるパフェは中々ないかも!

もちろん王道な部分はしっかりとあって、メロンのソルベや新鮮な果肉に、上品な甘さのホワイトチョコレートアイスクリームといった部分はもちろん美味♡

一番下に入ったミントゼリーまでの味がきちんと計算されて作られているのが流石!

これからどんどん暑くなってくる季節の大人の休憩にはピッタリなのでぜひ味わってみてくださいね♪

【詳細】
ピエール マルコリーニ
〈販売期間〉
2021年6月1日(火)~2021年8月31日(火)
〈展開店舗〉
ピエール マルコリーニ 銀座店
ピエール マルコリーニ 名古屋店

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.07.28

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature