頬や小鼻の赤みが気になるなら…「赤ぐすみ肌」かも!? 改善のためのメソッド5 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 美肌
  5. 頬や小鼻の赤みが気になるなら…「赤ぐすみ肌」かも!? 改善のためのメソッド5

BEAUTY

2021.05.29

頬や小鼻の赤みが気になるなら…「赤ぐすみ肌」かも!? 改善のためのメソッド5

頬や小鼻、あごが赤く色ムラになって治らない人は… 「赤ぐすみ肌」の可能性が。解消法をウォブクリニック 中目黒総院長 髙瀬聡子先生が伝授します!

こんな人は【赤ぐすみ肌】かも!

✔︎ クレンジングや洗顔は面倒くさいので、適当にしてしまう
✔︎ 肌が揺らぎやすく、ちょっとしたことでも刺激を感じる
✔︎ 化粧水はコットンでつける派
✔︎ ファンデーションをブラシでつけている

「マスク生活で顕著に増えたのが、肌の赤みトラブルです」と、ウォブクリニック 中目黒総院長 髙瀬聡子先生。原因は、蒸れで角層の状態が悪くなりバリア機能が低下したことと、増えた皮脂による炎症。これ以上炎症の原因をつくらず、潤いで守るお手入れを取り入れて!

メソッド1|肌をこする動作を全部やめる

「原因がバリア機能の低下でも皮脂でも、赤みが出ている肌は炎症を起こしています。コットンで化粧水をつけたり強くマッサージするなど、摩擦の原因になるお手入れは避けて」(ウォブクリニック 中目黒総院長 髙瀬聡子先生)

正しいスキンケアコスメの使い方。Oggi読者専属モデル・オッジェンヌ 雷 国悦さんが実践!

Step1|スキンケアコスメは両手に広げてつける

指先の強い力やコットンの繊維は肌をこする刺激になるのでNG。化粧水や美容液、クリームは、両手に広げてなじませる。

Step2|頬や額、あごは両手で包み込むように

両手に広げたものを、両頬を包み込むようにして優しくなじませる。その後、額とあごを包み込むように。

Step3|細かい部分には指の腹でそっと

目元や口元、小鼻の脇など、凹凸がある細かい部分には指の腹でそっとプッシュするようになじませて。

メソッド2|炎症をケアできる美白コスメをプラス

この時期美白ケアをするなら、赤みケアができる抗炎症成分が入ったものを使うのがおすすめです」(ウォブクリニック 中目黒総院長 髙瀬聡子先生)

マスク肌荒れを考慮してか、この春の新作美白美容液には抗炎症成分配合のものが多く出ています。

おすすめの美白コスメはこれ!

抗炎症成分配合の美白美容液。

▲アンプルール ラグジュアリーホワイト メラルミナス 30ml ¥12,100

▲ロクシタン レーヌブランシュ ブライトコンセントレートセラム[医薬部外品] 30ml ¥11,550

▲ITRIM ルリホワイト セラム[医薬部外品] 18ml ¥19,800

▲エスティ ローダー パーフェクショニスト プロ ブライトニング エッセンス アンピュール[医薬部外品] 4本(計40ml) ¥15,950

メソッド3|クレンジングでもダメージを防ぐ

「拭き取りクレンジングは手軽ですが、角層のバリア機能にダメージを与えて赤ぐすみ肌の原因になります。肌に負担をかけにくいクリームやジェルタイプがおすすめ。ポイントメイクはリムーバーで優しくオフして」(ウォブクリニック 中目黒総院長 髙瀬聡子先生)

目元に優しく落ちのいい2層タイプのポイントメイクリムーバー

▲アユーラ ポイントメイクオフ 100ml ¥2,200

▲クレア サンタマルシェ ポイントメイクリムーバー 180ml ¥1,100

厚みがあって摩擦の負担がかかりにくいクレンジング料

▲クリームタイプ。
資生堂 ベネフィーク メイククリア クリーム 150g ¥3,960(編集部調べ)

▲ジェルがメイクとなじむとオイル状に。
THREE バランシング クレンジング オイルジェル 100g ¥4,620

メソッド4|シートマスクで冷やすのも効果的

「小鼻やあごなど皮脂による赤みには、シートマスクも効果的。水分たっぷりのマスクをのせると気化熱で肌が冷え、皮脂分泌や炎症が抑えられます。さらに毛穴も引き締まります」(ウォブクリニック 中目黒総院長 髙瀬聡子先生)

おすすめのシートマスクはこれ!

抗炎症成分配合の美白シートマスク。

▲イグニス ホワイトニング ローション マスク[医薬部外品] 17ml×6枚 ¥3,300

▲コスメデコルテ ホワイトロジスト ブライトニング マスク[医薬部外品] 17.5ml×6枚 ¥11,000

メソッド5|炎症を抑えるコスメを取り入れる

「今、マスクや間違ったお手入れなどで、赤ぐすみは確実に増えつつあるトラブル。炎症を抑えるためのコスメも増えているので、毎日のスキンケアに取り入れるのもおすすめです」(ウォブクリニック 中目黒総院長 髙瀬聡子先生)

炎症の状態に合わせて選んで。

おすすめの炎症を抑えるコスメはこちら!

▲バリア機能低下による炎症に。
ドクターケイ C コンセントレートオイルセラム 20ml ¥5,940

▲皮脂による赤みに。
ウォブクリニック中目黒 ウォブスタイル P.C.エッセンスH 30ml ¥8,800

▲顔全体の赤い色ムラに。
ボビイ ブラウン インテンシブ スキン セラム ラディアンス ローション 150ml ¥7,700

▲こちらも顔全体の赤い色ムラに。
ボビイ ブラウン インテンシブ スキン セラム ラディアンス エマルジョン 150ml ¥9,240

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2021年Oggi6月号「マスク時代の『くすまない肌』はこうやって作ろう」より
撮影/長谷川 梓(人物) ヘア&メイク/松原美穂(Nestation) イラスト/浅生ハルミン 構成/大塚真里
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.08.04

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.30・31に掲載しているアイテムのクレジットに誤りがありました。正しくは、P.30/イヤーカフ(上)¥22,000・リング¥19,800、P.31左上/タンザナイト→IOL・ピアス¥24,200、P.31右上/ピアス¥30,800・ネックレス¥35,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature