働く女性1,299人の結論!【Oggi BESTコスメ2020】アイメイク部門<アイシャドウ、アイライナー、アイブロウ、他> | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. メイクアップ
  4. アイメイク
  5. 働く女性1,299人の結論!【Oggi BESTコスメ2020】アイメイク部門<アイシャドウ、アイライナー、アイブロウ、他>

BEAUTY

2021.02.15

働く女性1,299人の結論!【Oggi BESTコスメ2020】アイメイク部門<アイシャドウ、アイライナー、アイブロウ、他>

Oggi読者がコロナ禍の急激な変化に対し、助けになった、愛用したというコスメをオールジャンルから選んでもらいランキング! ベスト5の結果を発表します。

Oggi読者が愛用! 2020年【愛用コスメ】BEST10

マスクとの相性はもちろん、オンライン会議などで画面越しに映るメイクは何が正解? と試行錯誤した一年。また自宅時間が増えたことで、スキンケアへの意識も向上。新時代を生き抜くために欠かせないコスメがここに!

【アイシャドウ部門】盛りすぎないナチュラルな陰影感がカギ!

1位|コスメデコルテのアイシャドウ
立体感と華やかさが出せるオレンジベージュ

▲コスメデコルテ|アイグロウ ジェム BE387 ¥2,700

繊細なパール感がポイント! スフレのようなテクスチャーが特徴。
「指でささっと塗ってもキレイなグラデがつくれる」(医療・35歳)
「ほんのり濡れたような質感が◎。重ね具合を変えれば仕事の日も休日も使えます」(メーカー・28歳)

2位|SUQQUのアイシャドウ
上品発色のオレンジブラウンパレットは働く女子の味方

▲SUQQU|デザイニングカラーアイズ 02 ¥6,800

あか抜けた目元を演出。
「どれも発色が繊細で美しく、しっとりとなじむので粉っぽさとも無縁」(事務・25歳)
「同僚や友人から〝アイシャドウどこの?〟と聞かれることが増えました」(専門職・29歳)

3位|常盤薬品工業 サナのアイシャドウ
発色も質感も洗練されたプチプラ界の傑作

▲常盤薬品工業|サナ エクセル スキニーリッチシャドウ SR06 ¥1,500

プロが仕上げたようなグラデが簡単につくれる4色をセット。
「捨て色ゼロで本当にお買い得だと思う」(メーカー・32歳)
「締め色のブラウンもソフトな発色なので、目元が優しく仕上がります」(IT・29歳)

【アイライナー部門】もちのよさが絶対条件。プチプラが健闘!

1位|msh ラブ・ライナーのアイライナー
描きやすい、落ちない、美発色と三拍子そろった噂のリキッド

▲msh|ラブ・ライナー リキッドアイライナーR3ブラウン ¥1,600

毎回適量の液が出るので、いつでも美ラインが可能。
「ブレずに描けて、夜までにじまないし、ヨレません」(金融・34歳)
「濃すぎず明るすぎないブラウンの発色が日常使いにぴったり」(メーカー・30歳)

2位|UZU BY FLOWFUSHIのアイライナー
濃密なブラックで目ヂカラアップを約束

▲UZU BY FLOWFUSHI|UZU アイオープニングライナー ブラック ¥1,500

職人の手から生まれた大和匠筆を採用。
「ブラシにコシがあってとにかく描きやすい。皮脂もしっかりと弾いてくれてにじみません」(専門職・33歳)
「涙やこすれにも強いところが優秀」(公務員・28歳)

3位|井田ラボラトリーズのアイライナー
スルスル軽いタッチで描けるキャラメルブラウンカラー

▲井田ラボラトリーズ|キャンメイク クリーミータッチライナー 05 ¥650

極細芯だからキワ埋めも簡単。一度定着すると涙や汗、皮脂をパワフルにブロック。
「とろけるような描き心地は惚れ惚れするほど」(メーカー・31歳)
「ペンシルなのに本当に落ちにくくてびっくり!」(看護師・28歳)

【アイブロウ部門】同じものをリピ買いする人が多数!

1位|カネボウ化粧品 ケイトのアイブロウ
時代を超えて愛され続けるベストセラー

▲カネボウ化粧品|ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-5 ¥1,100(編集部調べ)

眉の完成度が上がるパウダーといえばコレ。明るい色は眉頭やノーズシャドウに。
「密着度が高いから、眉消えの心配がありません」(飲食・26歳)
「好みの色がつくれるこの3色が絶妙!」(メーカー・33歳)

2位|コーセー ヴェセ リシェのアイブロウ
やや明るめの抜け感眉が好きな人向き

▲コーセー|ヴィセ リシェ アイブロウパウダー BR-1 ¥1,100(編集部調べ)

やや明るめの抜け感眉が好きな人向き。ライトブラウン系の配色。
「コスパ最強。眉の印象を強くしたくない私の溺愛パウダー」(アパレル・33歳)
「パウダーが均一にフィット。2種のブラシもプチプラとは思えないほど使いやすい」(メーカー・30歳)

3位|KISSME(伊勢半)のアイブロウ
地肌につきにくい眉マスカラ

▲KISSME(伊勢半)|ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ 04 ¥800

皮脂や汗に強いので朝の仕上がりが持続し、毛流れもキープ。
「ふんわりついて眉毛の立体感がアップ」(メーカー・35歳)
「しっかり生えている眉もワンストロークでやわらかい印象に」(事務・31歳)

【マスカラ部門】1位はメイベリン ラッシュニスタ N 01

▲メイベリン|ラッシュニスタ N 01 ¥1,200

軽量ファイバーが繊細な長さをプラス。まるで地まつげのような仕上がり。
「ぐんぐんのびて、上向きカールはちゃんとキープ」(自営業・29歳)
「パンダ目にならず、ぬるま湯でするりと簡単に落とせるところも好きです」(メーカー・31歳)

●写真は最も票が多かった色や商品を掲載。
●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2021年Oggi2月号「働く女性の愛用コスメも大変動が! 2020 Oggiベストコスメ」より
撮影/金野圭介 構成/大塚真里、安井千恵
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature